喘息(ぜんそく)

喘息(ぜんそく)の原因

1.どうして症状が起こるの?

喘息(ぜんそく)は、呼吸をするときの空気の通り道(気道)が、アレルギーなど炎症によって敏感になり、けいれんを起こして狭くなることで起こります。

  • 喘息(ぜんそく)は気管支が敏感になり狭くなる発作

    • 「ゼーゼー、ヒューヒュー」といった喘鳴(ぜんめい)や、激しい咳が出る、呼吸が苦しくなるといった症状が、喘息(ぜんそく)の発作です。喘息(ぜんそく)の人の気管支をはじめとする気道の粘膜には、好酸球(白血球の一種)やリンパ球を中心とした細胞が集まり、発作がおさまっているときでも炎症が起こっています。そのため、ちょっとした刺激で気管支を取り囲む筋肉が収縮し、空気の通り道が狭くなる「気道閉塞」が起こりやすい状態が続いています。

      喘息(ぜんそく)の人の気管支

      喘息(ぜんそく)の症状
      • のどが「ゼーゼー、ヒューヒュー」いう喘鳴
      • 呼吸困難
      • 発作性の激しい咳、痰
      • 急に動けなくなる
      • 胸の痛み
      • 動悸、息切れ
      • 背中の張り
      • 空咳
  • 喘息(ぜんそく)の原因

    • 日本では、子どもの5~7%、大人の3~5%が喘息(ぜんそく)にかかっているといわれています。
      子どもの喘息(ぜんそく)は男子に比較的多く、アレルギーが原因であることがほとんどとされています。小学校高学年ぐらいから発作がなくなる時期がありますが、20~30歳代に再発することもあります。
      大人の喘息(ぜんそく)の6~8割が大人になって初めて発症した人たちで、男女比も変わりません。子どもの喘息(ぜんそく)に比べ、原因が明確に特定できない場合が多いとされています。

      おもな喘息(ぜんそく)の原因
      アレルゲンとなるもの アレルゲン以外の誘因
      • ダニ
      • ハウスダスト
      • ペット
      • 花粉
      • 食物
      • 運動
      • たばこ
      • 過労・ストレス
      • 風邪などの感染症
      • 大気汚染
      • 天候・気温の変化
      • 香水などの匂い
  • 喘息(ぜんそく)に移行しやすい咳喘息

    • 咳が続く期間と考えられる病気

      風邪などの感染症が治っても、咳が長期間(発症後8週間以上)続く場合は咳喘息のおそれがあります。
      咳喘息は、発作的な激しい咳が夜中から明け方に出る、気道が刺激に過敏になっていて、アレルゲンが咳の誘因になる、季節によって悪化する、などの点は喘息(ぜんそく)とよく似ていますが、

      • 「ゼーゼー、ヒューヒュー」といった喘鳴や呼吸困難を伴わない
      • 痰はあまりからまない

      といった違いがあります。
      1~2ヶ月の薬物治療で治ることが多いとされていますが、大人の約3~4割(子どもではさらに高率)が喘鳴を伴う典型的な喘息(ぜんそく)に移行するという報告があります。

  • 喘息(ぜんそく)に症状が似た病気・移行しやすい病気

    • 風邪、インフルエンザ、百日咳、マイコプラズマなど、感染症によっても発作性の咳が出ます。感染症による炎症がきっかけとなり、喘息(ぜんそく)を発症することもあります。
      また、長く続く症状が結核やがんであることもあります。
      風邪などはセルフケアによって短期間で治ることも多いのですが、感染力が強い、重症化しやすいなど、抗菌薬による治療が必要となる感染症もあり、症状が激しい場合や長引く場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

      咳や痰が続くおもな病気 百日咳 最近成人に増えている。2週間以上の発作性の激しい咳
      マイコプラズマ 高熱が出る。もともと喘息(ぜんそく)があると悪化させる
      結核 微熱がある。胸部X線で鑑別
      急性気管支炎 風邪やインフルエンザをこじらせて発症
      副鼻腔気管支症候群(SBS) 慢性副鼻腔炎、慢性気管支炎、気管支拡張症が合併
      アトピー性咳嗽 のどのかゆみ、空咳など。アレルゲンがある
      胃食道逆流症(GERD) 痰はない。胸やけがある。胃の治療で改善
      後鼻漏 鼻水が気管に落ちる。慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎が原因とされる
      心因性咳嗽 小児に多い
      肺がん 血痰、胸や背中の痛み
      呼吸困難を伴うおもな病気 肺水腫 心機能が低下して起こる、喘息(ぜんそく)によく似た症状
      COPD 喫煙がおもな原因。咳、痰、息切れがある
      過喚気症候群 ストレスなどによって起こる過呼吸
      喘息(ぜんそく)と合併しやすい病気 花粉症などアレルギー性鼻炎 花粉などアレルゲンの増加する時期は喘息(ぜんそく)も悪化する

喘息(ぜんそく)の原因ページ上部へ

第一三共ヘルスケアの喘息(ぜんそく)の原因ページです。喘息(ぜんそく)の症状が出る原因とメカニズム、おすすめ商品に関する情報を掲載しています。