シミ

シミの原因

1.どうして症状が起こるの?

シミとは、皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着したもの。紫外線を浴び続けることでできる「日光黒子(老人性色素斑)」がもっとも一般的ですが、子供の頃からみられるソバカスや、ホルモンバランスの崩れが関係する「肝斑」というシミもあります。

  • シミの種類

    • 「シミ」とは、薄茶色や濃褐色の色素が肌にあらわれるもので、大きく次の4つに分類されます。

      シミの種類 特徴 主な
      原因
      見分けるポイント
      日光黒子(にっこうこくし) 多くのシミがこのタイプ。日光性黒子、老人性色素斑とも。淡褐色~濃褐色の色素斑で、顔以外にも手、背、前腕、上背などの露出部に多い。特に中年以降に増え、主に紫外線が原因とされる。 紫外線
      • よく紫外線を浴びている?
      雀卵斑(じゃくらんはん) いわゆる"ソバカス"。直径数ミリ以下の丸い斑点のような顔に生じる茶褐色の小さな斑点で、頬や鼻の周りなどに多く出る。遺伝性が強く、3歳ごろから見られ、思春期に特に目立つようになる。 遺伝
      • 小さいころからある?
      • 家族にもある?
      炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく) やけど、ニキビ、化粧品かぶれなどによる肌の炎症が治った後に生じる褐色のシミ。年齢・性別・部位に関係なくできるが、時間とともに徐々に薄くなることが多い。 やけど、ニキビ、かぶれなどの炎症
      • 炎症を起こした覚えがある?
      肝斑(かんぱん) 女性の顔に多く生じるシミで、妊娠・経口避妊薬などにより誘発あるいは悪化するので、女性ホルモンが関連して発症するといわれる。紫外線で少し悪化する。薄い褐色でやや大きく、頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴的。高齢者ではほとんど見られない。また、レーザー治療で悪化するといわれている。 ホルモンバランス
      • 30~40歳代?
      • 左右対称で目のまわりは避けてある?

      写真で見るシミのタイプいろいろ

      このほか、肝斑や雀卵斑によく似ている後天性真皮メラノサイトーシスというあざなどもあります。

  • シミの原因とメカニズム

    • 紫外線から皮膚を守るメラニン色素

      皮膚は、一番外側の表皮と、その内側にある真皮からできていますが、シミに深く関わっているのが、表皮。表皮は「ケラチノサイト(表皮細胞)」と表皮の一番下の基底層にある「メラノサイト(色素細胞)」などから成っています。紫外線を浴びるとチロシナーゼという酵素が活発になってメラノサイト内でメラニンという色素が生成されます。それがケラチノサイトに受け渡されることで紫外線から細胞核を守ります。
      皮膚の細胞は、通常約28日周期で新しい細胞に生まれ変わる「ターンオーバー(新陳代謝)」を繰り返しています。基底層にある細胞が分裂して皮膚表面に押し上げられ、最後は表面からはがれていくというもの。いわばアカがはがれ落ちるようなものです。よって、紫外線を浴びて作られたメラニンも、ほぼ28日サイクルで役割を終え、古い細胞とともにはがれ落ちます。

      ターンオーバーのサイクルが乱れるとメラニン色素が沈着してシミに

      ところがさまざまな原因で、メラニンが過剰に作られ、ターンオーバーのサイクルが乱れて新陳代謝が滞ると、本来はがれ落ちるはずのメラニンも、そのまま滞って色素沈着=「シミ」となってしまうのです。
      シミができる主な原因は紫外線です。長年紫外線を浴び続けることで肌がダメージを受け(光老化)、皮膚細胞の再生能力が低下、メラニンを外に排泄する力が弱くなってしまいます。またたばこやストレスは老化を促す原因の一つである活性酵素を増やします。この活性酵素がメラノサイトを刺激してメラニンの過剰産生を起こしやすくします。不規則な生活や過労などで血行が悪くなっても、メラニンの排出が遅れてしまいます。

      皮膚のターンオーバーとシミのメカニズム

  • シミを放置しておくと起こること

    • シミを長年放置したままにしておくと、イボ状に隆起し、「脂漏性角化症」という老人性のイボに進展することもあります。また、長年紫外線を浴び続けて光老化がすすむと、皮膚がかさかさしたうろこ状やかさぶたのようになることがあります。これは「日光角化症」といい、まれに皮膚癌の元になることもある病変です。

  • 隠れた病気があることも

    • たかがシミ、痛くもかゆくもない…と軽く考えていると思わぬ病気が潜んでいることも。シミに似た症状が出る病気として、「表在型基底細胞癌」「悪性黒色腫(悪性黒子)」などの皮膚癌、体内に摂取された薬剤によってできる「固定薬疹」、「ボーエン病」などがあります。
      胸・腹・背など、日光に当たらない部位に発生する、シミの中にただれができる、徐々に盛り上がってきた、発熱を伴うなどの症状が出てきたら、すぐに専門医を受診しましょう。

シミの原因ページ上部へ

第一三共ヘルスケアのシミの原因ページです。シミの症状が出る原因とメカニズム、おすすめ商品に関する情報を掲載しています。