シミ

シミの予防

2.予防するには?

誰もが憧れる、ゆで卵のように「シミ」ひとつない肌。でも、何もせずに放っておくと新たなシミを生み出すのはもちろん、今あるシミを濃くしてしまうことにもなりかねません。シミの主な原因である紫外線対策をはじめとして、正しい知識に基づいた予防対策を心がけましょう。

  • 一年中、紫外線対策を!

    • 何はともあれ、必要不可欠なのが、紫外線(Ultraviolet:UV)対策。代表的なシミである日光黒子の主な原因は紫外線ですが、肝斑や雀卵斑、炎症後色素沈着もすべて紫外線によって悪化します。
      紫外線は、特に春先から夏にかけて強くなりますが、基本的に一年中降り注いでいるものなので、シミができやすいという人は、常に対策を講じておきたいもの。春先から日傘、広いつばが全周にある帽子、長袖・長ズボン、サングラスなどを用いて、皮膚に達する紫外線をできるだけ減らすことが肝心。紫外線をカットしてくれるクリームは、年間を通して使用しましょう。

      サンスクリーン剤の使い方

      紫外線は雨や曇りの日でも降り注いでいます。できれば一年中、日焼け止め(サンスクリーン剤)で肌を守るようにしましょう。紫外線は波長が長い順にUVA、UVB、UVCの3つに分類されますが、もっとも有害なUVCはほとんど地表に届かず、対策が必要なのは主にUVAとUVBです。具体的な日焼け止め効果を示す指標としてSPFとPAがあり、それぞれ次のような意味があります。

      SPF

      表皮に作用して肌に赤く炎症を起こすUVBから肌を守る目安。数値が高くなるほどUVB防止効果が高くなる。通常20分で肌は赤くなり始めるが、SPF30の場合は20分×30倍=10時間程度、紫外線から肌を守ることができるという目安。

      PA

      日差しを浴びた後に肌をすぐ黒くし、シワやたるみなどを促す原因となるUVAから肌を守る目安。+から+++の3段階で表され、+表示が多いほどカット力が強い。

      使用の目安 ※日本皮膚科学会
      条件 防御対象波長 防御効果 備考
      SPF PA
      日常生活 UVB
      UVA
      5 + 光老化予防
      軽い屋外活動、ドライブなど 10 ++ サンバーン(赤くなる日焼け)、光老化予防
      晴天下のスポーツ、海水浴など 20 +++ サンバーン、光老化予防、耐水性のあるもの
      熱帯地方での屋外活動 30以上 +++

      SPF値は高いものほど効果がありそうですが、SPF値が30を超えると防御率はそれほど変わるわけではありません。むしろ数値が高いほど肌への負担も大きいため、状況に応じて適切な強さのものを数時間おきに塗る方がよいでしょう。顔以外にも、首や耳たぶ、手の甲なども日焼けしやすいので、お忘れなく。

      正しいスキンケアをする

      正しいスキンケアをする

      紫外線をカットするには、サンスクリーン剤を塗るのはもちろん、常日ごろから保湿を心がけておくことも大事。肌が乾燥しているとバリア機能が衰え、紫外線の影響を受けやすくなります。よって肌の乾燥を防ぐため、洗顔の後はすぐに保湿を心がけましょう。保湿成分「セラミド」が配合されているローションや美容液などもおすすめです。
      また、洗顔やからだを洗うときにも、肌をゴシゴシと擦らないように注意しましょう。刺激の少ないせっけんや洗顔剤をよく泡立て、やさしくマッサージし、ぬるま湯で洗い流すようにします。タオルで肌をやさしく押さえるようにして水分を取り、すぐにローションなどを塗りましょう。

      ビタミンC、Eを含んだ食品を取りましょう

      シミを作らないためには、スキンケアや紫外線対策だけでなく、肌によい栄養分を含んだ食事をバランスよく取ることも大切です。血行を促進したり、抗酸化作用のあるビタミンE、シミのもとになるメラニン色素の生成を抑えるビタミンCは、積極的に取りたいものです。

      シミ予防に効果的な栄養素
      • ビタミンC……ブロッコリー、キウイフルーツ、イチゴ、アセロラ、パセリ、柑橘類
      • ビタミンE……ナッツ類、うなぎ、アボガド、胚芽米、サケ

      シミ予防に効果的な栄養素

      ストレスをなくし十分な睡眠を

      たばこやストレスは、活性酵素を増やし、メラニンの過剰産生を招くと考えられています。ストレスにより、ホルモンバランスが崩れやすくなり、肝斑の原因の一つとなることもあるので、ストレスのない生活を心がけ、たばこは控えめに。また、「寝不足は顔にあらわれる」というくらい、睡眠不足は肌の大敵。睡眠中に成長ホルモンが分泌され、肌の新陳代謝も行われるので、くれぐれも夜更かしなどはしないように心がけましょう。

シミの予防ページ上部へ

第一三共ヘルスケアのシミの予防ページです。日焼け止め(サンスクリーン剤)の選び方や正しいスキンケア法など、シミに対する「予防法」をご紹介します。