歯周病

歯周病の予防

2.予防するには?

歯周病は感染症であるとともに、生活習慣が発症のきっかけになることから生活習慣病ともいわれています。感染の原因となる歯垢を取り除く歯みがきや、食生活などの生活習慣を見直して、全身の病気にもつながるおそれのある歯周病を予防しましょう。

  • 正しく歯みがきをする~プラークコントロール~

    • 毎日何気なく行っている歯みがきですが、自己流の磨き方ではきちんと磨けていないことも多いものです。磨き残しがあると歯垢が残ったままになり、歯周病菌の温床に。正しい歯みがき方法を覚えましょう。

      磨き方のコツ

      歯ブラシが歯と歯ぐきの間に届くように気をつけながら、細かく動かして歯垢を落とします。強く当てる必要はありません。自分の歯に合わせてブラシの先やわきなども使いながら、すみずみまで毛先を当ててブラッシングしましょう。

      正しく歯みがきする

      歯ブラシの選び方

      すみずみまで毛先が当たるようヘッドが小さめのもの、毛先は歯垢を落としやすいようある程度の固さがあるもの(歯ぐきを傷付けない程度)のものを選ぶとよいでしょう。
      毛先が開いてきた歯ブラシは歯垢を落とす能力が劣るので交換しましょう。見た目に変化がなくてもブラシの弾力が劣ってきますので、1ヶ月に1度は交換することをおすすめします。

      補助ツールの併用

      歯ブラシの届きにくい部分の歯垢をしっかり落とすためにデンタルフロスや歯間ブラシなどを併用するとよいでしょう。

      歯科医によるチェック

      定期的に歯科医院でのチェックを受けましょう。歯石ができていたら除去してもらったり、ブラッシング指導をお願いすることもできます。

  • 生活習慣を見直す

    • 免疫力をアップさせる

      疲れやストレスがたまっていたり、喫煙などの習慣があると、免疫機能が落ちて細菌に感染しやすくなります。

      栄養バランスのとれた食事
      歯周病菌に負けないからだ作りのため、バランスのとれた食事をすることが大切です。抗酸化作用のあるビタミンCや血行をよくするビタミンEを含む食品を積極的にとりましょう。
      アルコールやたばこは、ほどほどに。
      特にビタミンCを破壊するといわれているたばこは禁煙するのが望ましいでしょう。
      免疫力をアップさせる
      規則正しい生活や十分な睡眠、疲れやストレスをためない生活を心がけましょう。

歯周病の予防ページ上部へ

第一三共ヘルスケアの歯周病の予防ページです。正しい歯みがき法や生活習慣の見直しなど、歯周病に対する「予防法」をご紹介します。