月経痛(生理痛)

月経痛(生理痛)の原因

1.どうして症状が起こるの?

月経は子供を産むために必要なからだのしくみ。妊娠が成立しないと子宮内膜がはがれ落ち、血液とともに体外に排出されます。その際にプロスタグランジンという痛みのもとが子宮を収縮させ下腹部痛や腹痛などの月経痛を生じさせます。

  • 女性のからだと月経周期

    • 女性は妊娠・出産・授乳といった役割があるために、子宮・卵管・卵巣など女性特有の生殖器官が多数あります。
      また、女性の体は女性ホルモンの分泌に大きな影響を受けています。(10代の中ごろまでに初潮が起こり、50代前半に閉経するまでのおよそ40年の間、生殖器の発育を促し、周期的に月経を起こさせているのも女性ホルモンのはたらきによるものです。)月経は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)のはたらきによって、およそ25~38日(28日)ごとに起こります。

      女性のからだと月経周期

  • 月経(生理)が起こるしくみ=プロスタグランジンが子宮を収縮させる

    • まず、卵巣内で卵胞(卵子を包む袋)を育てる卵胞ホルモン(エストロゲン)が働き、排卵の準備を整えます。
      排卵して、卵巣から押し出された卵子が卵管を通り子宮に運ばれると、今度は黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され、子宮内膜全体を厚くして妊娠の準備を整えます。
      この厚くなった子宮内膜へ受精卵が着床するとそのまま妊娠しますが、着床しなかった場合には子宮内膜が役目を終えてはがれ落ち、血液とともに体外に排出されます。このとき、プロスタグランジン(痛みのもと)という物質が分泌され、子宮の収縮を促します。
      プロスタグランジンの分泌が増えすぎると収縮が強くなり、子宮の周囲の充血やうっ血に伴って痛みを感じます。

      月経が起こるしくみ

  • 日常生活がつらいほどの痛みは月経困難症

    • 学校や会社に行けないほど痛みが強く、下腹部痛のほかに腰痛や頭痛、吐き気、下痢やめまいなどの全身症状を伴う場合は「月経困難症」と呼ばれます。

      機能性月経困難症

      特に背景に病的な異常がない場合は「機能性月経困難症」といいます。出産前で子宮頸管が非常に細かったり、体質的にプロスタグランジンの分泌が多い人などが痛みを強く感じやすいようです。若い人の強い月経痛はほとんどこれにあてはまります。一般的に出産すると月経痛は軽くなります。

      器質性月経困難症

      何らかの疾患が原因となっている場合は「器質性月経困難症」といいます。出産後の女性で、以前より月経痛や血量が増したり、塊が出たり、月経前から痛みがある場合などは、子宮筋腫や子宮内膜症などが原因と考えられます。

月経痛(生理痛)の原因ページ上部へ

第一三共ヘルスケアの月経痛(生理痛)の原因ページです。月経痛(生理痛)の症状が出る原因とメカニズム、おすすめ商品に関する情報を掲載しています。