よくあるご質問 ユンゲオール3|第一三共ヘルスケア

よくあるご質問

ユンゲオール3

  • Q1 大豆アレルギ−ですが、服用しても大丈夫ですか?
    A1. ユンゲオ−ル3には大豆由来の成分である大豆油不けん化物(ソイステロ−ル)が配合されていますので、大豆アレルギ−の方にはおすすめできません。
    閉じる
  • Q2 成分に大豆油不けん化物と表示していますが、「不けん化物」とは何ですか?
    A2. アルカリで加水分解されないような物質の総称です。特に脂肪の中に存在し、アルカリによりけん化されない物(ステロイド、高級アルコール、炭化水素など)をいいます。
    閉じる
  • Q3 ユンゲオ−ル3はどれ位(期間)服用したらよいのですか?
    A3. 食後に2カプセルずつ1日3回服用して下さい。まず用法・用量を守って1ヶ月ほど服用して下さい。その後、2ヶ月、3ヶ月と継続いただくとさらに効果的であるという臨床結果が得られています。
    ただし、漫然と服用し続けるのではなく、1ヵ月位服用したら効果を確認するため、医療機関で血液検査を行いコレステロ−ル値の測定をすることをおすすめしています。その際、コレステロ−ル値の改善がみられない場合には医師にご相談ください。
    閉じる
  • Q4 ユンゲオ−ル3を、食後に服用するのはなぜですか?
    A4. ソイステロ−ルの効果を最大限に発揮させるためです。なぜなら、食事として摂った脂分が小腸から吸収されるのをソイステロ−ルが抑えるからです。その作用機序については、全容が解明されてはいませんが、コレステロ−ルの小腸からの吸収に必要なミセル複合体の形成を阻止するという説とコレステロ−ルと結合し便として体外に排泄してしまうという説が考えられています。
    また、ビタミンEは脂溶性のビタミンであるため、効率よく吸収されるには胆汁酸という消化液が必要です。胆汁酸の分泌は食後に高まりますので、空腹時よりも食後の服用が効果がよいといわれています。
    閉じる
  • Q5 添付文書に「生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがある」とありますが何故ですか?
    A5. 生理が予定より早く来たり、経血量が多くなったりすることがあるのは、配合されているビタミンEに、ホルモン分泌器官の働きを助けて、ホルモンバランスを調整する作用があるためです。また、更年期の女性で一度閉経した後でも、閉経後の期間がまだ短い方では、ビタミンEの服用により再び生理が始まったというケースもあります。
    これらは病的なものではなく、ホルモンバランスの調整による一時的なものなので、服用を続けてもさしつかえありません。ただし、出血が長く続く場合には、他の原因による出血も考えられますので、医師に相談されることをおすすめします。
    閉じる
  • Q6 ユンゲオール3の名前の由来は?
    A6. ユンゲオールとは、ドイツ語で「若い」という意味の「Junge」と配合成分ソイステロール(soysterol)のolを合わせた造語です。そして、配合成分がパンテチン、ソイステロール、ビタミンEの3種類であることから、「ユンゲオール3」と名付けました。
    閉じる
  • Q7 中性脂肪を下げる効果がありますか?
    A7. ユンゲオール3の効能・効果は、「血清高コレステロールの改善、血清高コレステロールに伴う末梢血行障害(手足の冷え・しびれ)の緩和」です。臨床試験においても対象疾患を絞って実施しておりますので、中性脂肪に対する効果は確認しておりません。
    閉じる