よくあるご質問 ペラックT錠|第一三共ヘルスケア

よくあるご質問

ペラックT錠

  • Q1 授乳中ですが服用しても大丈夫ですか?
    A1. 使用上の注意にも記載がないように、服用いただけます。
    閉じる
  • Q2 いつ服用したらいいのですか?食前と食後のどちらですか?
    A2. 食前・食後に関係なく、のどの痛み、口内炎の症状がある時に服用してください。なお1回服用後は、4〜5時間間隔で1日3回(朝昼晩)服用してください。
    閉じる
  • Q3 ペラックT錠をのむと眠くなりますか?
    A3. ペラックT錠には眠気を催す抗ヒスタミン剤(クロルフェニラミンマレイン酸塩、クレマスチンフマル酸塩、ジフェンヒドラミン塩酸塩など)が配合されておりませんので、眠くなることはありません。のどの痛みや口内炎があって眠くなっては困る方(車などの機械類の運転操作、受験生等)にもご服用いただけます。
    閉じる
  • Q4 ペラックT錠を服用したら、尿が黄色になったのですが、副作用ですか?
    A4. このくすりに含有されているリボフラビンはビタミンB2として生体内で利用されますが、その必要量は成人で1日約1.2-1.6mgといわれており、それ以上摂取しても尿中などに排泄されてしまいます。リボフラビンそのものが黄色い物質なので、尿が黄色に着色することがありますが、副作用ではありませんのでご心配はいりません。
    閉じる
  • Q5 かぜ薬と併用してもいいですか?
    A5. かぜ薬の成分にペラックT錠の成分が重なって入っていなければ、併用してもご心配いりません。ただし、のどの症状が改善したらペラックT錠の服用は中止し、併用期間はなるべく短期間にしてください。
    閉じる
  • Q6 服用していると「のどのはれやのど痛み」に効きます。ずっと服用してもいいですか?
    A6. 添付文書の使用上の注意の「してはいけない」項目に「長期連用しないこと」と記載しております。長期連用する薬ではありませんので、連続服用で約1週間が目安です。配合成分で、長期連用すると副作用(偽アルドステロン症など)の症状があらわれることがありますので、短期間の服用に止めてください。
    閉じる