プレコール

> ズバッとQ&A

ズバッとQ&A

Q1

「プレコール持続性カプセル」とは
何なのか?

「プレコール持続性カプセル」は、カプセル剤の総合感冒薬です。1日2回の服用で、つらいのどの痛みや発熱、鼻水、せきなどのかぜの諸症状に効きます。

Q2

「長く効くから、朝・夜2回」の
根拠とは?

「プレコール持続性カプセル」は、カプセル内の2種類の顆粒にほどこした特殊コーティングにより、胃で溶ける速攻粒(※1)と腸で溶ける持続粒(※2)が時間差で溶け出すように設計されています。
配合成分の血中濃度を長く維持できるため、朝飲めば、忙しくて服用できないお昼どきなどにも、夜飲めば、寝ている間にも、しっかり効果を発揮します。※1 速溶性顆粒 ※2 遅溶性顆粒

Q3

「プレコール持続性カプセル」が
おすすめな理由とは?

「プレコール持続性カプセル」の主成分IPA(イソプロピルアンチピリン)が体温調節中枢に働き、熱を下げ、さらに痛みの刺激の伝わりを抑えることで、のどの痛みや頭痛を緩和します。その他にも6種の成分を配合。各成分がバランスよく働き、つらいかぜに効果を発揮します。

Q4

かぜ薬や鼻炎用内服薬を服用していても、
「プレコール持続性せき止めカプセル」を
服用できますか?

「プレコール持続性せき止めカプセル」は、かぜ薬や鼻炎用内服薬との併用はできません。本製品に配合されている成分と作用が重複するので、副作用が起こりやすくなります。

プレコール持続性カプセルのその他の質問はこちら