男性の敏感肌とスキンケア

#03男性におすすめのスキンケア
とは?!

洗顔はやさしく

汚れを落とし、清潔にするのは大切ですが、洗顔の仕方によっては肌本来のバリア機能を低下させ、
敏感肌をより深刻化させるおそれがあります。
熱いお湯は脱脂力が高く、皮脂を過剰に洗い流して乾燥の原因になってしまいます。
また、ベタつきが気になる時には、ゴシゴシ洗ってさっぱりしたくなる気持ちも分かりますが、
逆に皮脂分泌を高めるおそれもあります。
肌のうるおいを守りながら汚れを落とす低刺激性の洗顔料をしっかり泡立て、
ぬるめのお湯を使ってやさしく洗顔するのがおすすめです。

水分補給 + 油分補給を

洗顔後は化粧水で水分補給を行います。
乾いた寒天と水分のある寒天の見た目が違うように、潤いのある肌には透明感があり、ハリと弾力が生まれます。
まずは化粧水でケアをしましょう。
これだけでも肌は潤いますが、水分はどうしても蒸散しやすいため、
潤いを閉じ込めて逃さない油分での保湿ケアも大切です。
皮脂によるベタつきが気になる男性にとって、油分補給は不要に思われるかもしれません。
ここが意外なポイントかもしれませんが、油分補給によって肌の水分と油分のバランスが整います。

男性がやってしまいがちな日常
まさに負のスパイラル(大切なのは肌の水分と油分のバランス)顔のベタつきが気持ち悪い→洗顔やフェイスシートなどで必要なうるおい成分まで落としてしまう!皮脂を取りすぎるとかえって分泌が増えることも…→ベタつくのを気にしてスキンケアが不十分→肌は乾燥し、バリア機能も崩れる!皮脂による影響も受けやすい状態になり肌トラブルの一因にも! まさに負のスパイラル(大切なのは肌の水分と油分のバランス)顔のベタつきが気持ち悪い→洗顔やフェイスシートなどで必要なうるおい成分まで落としてしまう!皮脂を取りすぎるとかえって分泌が増えることも…→ベタつくのを気にしてスキンケアが不十分→肌は乾燥し、バリア機能も崩れる!皮脂による影響も受けやすい状態になり肌トラブルの一因にも!

「洗顔料」で肌を守りながら洗い、「化粧水」でうるおいを満たし、
「乳液」「美容液」で閉じ込めてそのうるおいを溜めて逃さない。この3ステップが重要です。