MOVIE

「やさしくいたわる」ケアが必要な男性の
敏感肌のことを考えて誕生した
“ミノン メン”。
ブランドキャラクターには新たに
坂口健太郎さんを迎えました。

「じぶんにやさしく」

「じぶんにやさしく。」をキーメッセージに、いつもはがんばっているけど、時には、力を抜いてナチュラルに上手く対応する、そんなあるあるな日常を、坂口健太郎さんに演じていただきました。寝坊をしても、ゆったりと朝を満喫していたり、夜、やるべきことを残して寝てしまったりと、多くの人が共感できる内容になっています。心に余裕を持って、自分らしい毎日を過ごす坂口さんの一日を通じて、肌にやさしい「ミノン メン」のある暮らしを想像してみてください。等身大の坂口健太郎さんの、ナチュラルすぎる演技も注目です。

撮影エピソード

今回、坂口さんの素の表情を引き出す為に、カメラマン兼演出家の小原穣監督に撮影をお願いしました。坂口さんと監督が撮影をしながら一緒に演出を考える場面などもあり、現場で益々作品が磨かれていくような展開となりました。また、撮影中以外でも坂口さんは常に明るく、共演者の方をアドリブで笑わせたり、ワンちゃんと一緒に遊んでいたりと、現場を和ませてくれていました。

メイキング

PROFILE

坂口健太郎

坂口健太郎(さかぐち けんたろう)

  • 1991年7月11日生まれ
  • 東京都出身
  • 俳優

映画『シャンティ・デイズ~365日、幸せな呼吸~』で俳優デビュー。
2016年に映画『64-ロクヨン-前編/後編』で第40回日本アカデミー賞 新人俳優賞受賞。2018年、映画『今夜、ロマンス劇場で』が公開。
初主演ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』に出演。