ミノンの歴史

名前の由来

ミノンのブランド名の由来は
3つのNonです。

1973年、化粧品アレルギーによる肌トラブルをなくしたいという想いから誕生したミノン。
ブランド名の由来は、開発当時から
目指している3つのNon。
赤ちゃんから大人、お年寄りまで
お使いいただける
製品であり続けるために、
今もこの考え方を守っています

3つのNon[ミノン]

ミノンの誕生

肌にやさしさを。
求められていた化粧品を目指して。

時代背景

1960年代、まだ化粧品に配合する成分の安全基準が定まっておらず
化粧品による皮膚トラブルが多発していた時代でした。
なかでも、「女子顔面黒皮症(現在名:色素沈着型化粧品皮膚炎)」は、
1960年代に日本中で多発し、当時は原因不明の病でした。
また、白人や黒人には見られず、外国ではほとんど知られていない病気だったため、
日本で解決しなければならない問題でした。
医師や企業による共同開発が行われ、この病気が化粧品アレルギーの症状であることが解明されました。
安全性の高い化粧品、日用品の開発が求められるようになった時代でした。

ミノンの原点

1973年

ミノンの原点は、この固形石けんです。
まだ「敏感肌」という言葉も一般的では
なかった時代から
ミノンは肌のやさしさに
こだわり続けています。

ミノン 固形石けん

ミノン ボディケアシリーズ

1973年発売の固形せっけんから続く
アミノ酸系洗浄成分配合で、肌のバリア機能を
守って洗う保湿洗浄料。
スキンケアは肌をやさしく洗うことが
大切だと考えています。

ミノン ボディケアシリーズ

ミノン アミノモイスト誕生

2009年

女性向けフェイスケアシリーズ
「ミノン アミノモイスト」誕生。
低刺激性処方を守りながら、敏感肌・乾燥肌を「すこやかに、美しく」
キメ・ハリ・つや感までサポートする、
手ごたえあるスキンケアを追及しています。

ミノン アミノモイスト

ミノン メン誕生

2018年

男性の敏感肌を皮膚科学に基づいて考えた
「ミノン メン」誕生。
自分に合ったスキンケア商品が
なかなか見つからなくて困っているという
敏感肌の男性に、
よりすこやかで前向きな
肌になってもらえるものをお届けしたい、
という願いをこめて開発しました。

ミノン メン
ミノン メン BRAND CONCEPT