第一三共ヘルスケア

ひふ研

患部の清潔を保つことは大切です。入浴も差し支えない場合がほとんどです。
お風呂にて

皮膚トラブルを予防するためにも、皮膚を清潔に保つことはとても大切なことです。日常でみられるような湿疹や皮膚炎があっても、入浴は差し支えない場合がほとんどです。

ただし、熱いお湯に入るのは避け、お湯の温度を少し低めにしたり、気になるときにはシャワーで体を流す程度にとどめるようにしましょう。

体を洗うときは、低刺激性の洗浄料(石鹸やボディソープ)がおすすめです。

トップへ戻る