歯周病とは?

口の中だけでなく、全身の健康に影響を及ぼす歯周病。
35歳を過ぎた8割の方に歯周病の恐れがあります。

歯周病ってどんな病気?

歯周病とは、歯と歯を支える組織(歯周組織)におけるさまざまな病気の総称です。
歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)にたまった歯垢(プラーク)や歯石の中にいる歯周病菌が歯ぐきにダメージを与え、少しずつ歯を支える組織を破壊していきます。

症状としては歯ぐきのはれや出血などから始まり、進行すると歯がぐらぐらして抜けてしまうこともあり、歯を失う大きな原因となっています。

また、歯周病はサイレントディシーズ(静かなる病気)と呼ばれ、痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気づかないうちにひどくなっているケースが多く、35歳を過ぎると8割以上の方が歯周病にかかっているといわれています。(※)

※出典:厚生労働省 平成23年歯科疾患実態調査

歯周病は口の中だけではなく、全身の健康にも関係しています

歯周病の直接の原因は歯周病菌ですが、その歯周病菌のすみかとなる歯垢をためやすい悪い生活習慣にも注意が必要です。

食事(よく噛まない)や歯みがき(きちんとみがかない)、ストレス、喫煙などの生活習慣が歯周病を起こしたり、悪化させる大きな要因となっています。

また、一方では、歯周病が、糖尿病や誤嚥性肺炎、動脈硬化など全身のさまざまな病気と関わっていることも明らかになってきています。歯垢をしっかり取り除き、口の中全体を清潔にしておくことは、歯周病の予防のためだけではなく、全身の健康を保つためにも極めて大切なことなのです。

歯周病を起こす、悪化させる大きな要因

歯周病が影響を及ぼすといわれる主な疾患

  • ・糖尿病(高血糖)
  • ・心臓血管疾患
  • ・誤嚥性肺炎
  • ・骨粗しょう症
  • ・早産・低体重児
  • ・動脈硬化 など

歯周病のステップ

知らない間にゆっくりと進行し、ついには抜歯ということも...

  • 正常な歯と歯ぐきの状態

    歯ぐきは引き締まり、きれいなピンク色をしています。

  • Step 1

    炎症を起こした状態
    (歯肉炎)

    歯の周りに歯垢がたまり、歯ぐきに炎症を起こします。浅い歯周ポケット(溝)ができ歯ぐきが赤く腫れることも。

  • Step 2

    炎症がさらに悪化(歯周炎)

    歯周ポケットが深くなり歯垢や歯石がたまります。歯ぐきから出血したり、膿みがでることも。歯を支える歯槽骨が溶け始めます。

  • Step 3

    歯周病がさらに進行

    歯肉(歯ぐき)には膿がたまり歯を支える歯槽骨もかなり溶け、歯がぐらつきます。これ以上進行すると歯は支えを失って抜け落ちてしまいます。

※イメージ図