サイトトップ
クレンジング フェイスケア
クレンジング上手は、肌あれ知らず?
ただしく落とせば素肌は喜ぶ選び方は、肌質にあわせて

メイクを落とさないでそのままお休み…
なんてことはありませんか?一日の終わりの肌には、皮脂や古い角質、ホコリなどが混じりあってメイクに付着しています。メイクの油分、ほこり、分泌された皮脂が残ったままでは、肌に負担をかけて、思わぬトラブルを起こします。

また、「メイクをしていないときも、クレンジングで洗ったほうが毛穴の汚れが取れる」という考え方がありますが、必要の無いクレンジングは肌に負担をかけるものでもあります。確かに、何も塗っていない肌でも皮脂は時間が立てば酸化し、また夜塗ったクリームが朝には酸化してしまうので、こうした余分な汚れを落とすことは大切ですが、この場合は洗顔料だけで十分です。

敏感肌・乾燥肌の方は、クレンジングの違いも知っておきましょう。オイルタイプは油分が多いので濃い目のメイクには効果的ですが、油膜が残りがちなので化粧水などの水分の浸透を妨げ、肌を乾燥させることがあります。ふきとりタイプも、摩擦によって肌を傷つけることがあるので、敏感肌・乾燥肌には不向きなことがあります。洗い流せるジェルタイプかクリームタイプ、乳液タイプがおすすめです。

ポイント
ページ上部へ戻る