サイトトップ
赤ちゃん肌 ボディケア
赤ちゃんの肌は、理想のお肌?
ふっくらすべすべ理想肌?いいえ、実は赤ちゃんの肌はデリケート

ふっくらしてすべすべの、赤ちゃんの肌。理想肌のように語られますが、実はとてもデリケートです。赤ちゃんの肌はとても薄く、角質層のバリア機能がまだ未完成。

乾燥しやすいだけでなく、アレルゲン物質などの外部刺激を防ぐ力が弱く、トラブルを起こしやすい状態です。また、新陳代謝が活発なのでたくさんの汗をかきます。そのままにしておくと、汗やよごれが刺激の原因にもなるのです。

とくに気をつけてあげたいのが、生後2カ月以降。生まれて2カ月くらいまでは顔や頭の皮脂の分泌が盛んですが、そのあと母親からもらったホルモンの減少とともに、皮脂の分泌が低下し、乾燥しやすくなります。

まずは汗をこまめに拭き取り、毎日お風呂に入れて清潔にすること。洗いすぎやこすり過ぎは乾燥肌の原因になるので、洗浄料は赤ちゃんの肌と同じ弱酸性のものを選び、必要な皮脂膜やうるおいを取りすぎないようにしましょう。

洗い方は、顔から頭、おなかと手足、背中、おしり、股間という順番で、泡を手にとって包み込むように。泡で出てくるタイプが便利ですが、泡立てが必要な場合や、固形石鹸の場合は泡立てネットなどで泡を作っておくと便利です。また、入浴後には必ず保湿剤を使って肌のうるおいを守ってあげましょう。

ポイント
ページ上部へ戻る