ロコベースリペアクリームをリニューアル発売 ニュースリリース(2017年7月)|第一三共ヘルスケア

ニュースリリース

2017年7月19日
水に強く、保湿効果が長時間持続する皮膚保護クリーム
「ロコベース®リペア クリーム」をリニューアル発売
発売日:2017年8月28日(月)

 第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区、社長:西井良樹)は本年8月28日(月)、乾燥肌向け皮膚保護クリーム「ロコベースリペア クリーム」(化粧品)をリニューアル発売します。
 あわせて、「ロコベースリペア ミルク」と「ロコベースリペア リップクリーム」(いずれも化粧品)のパッケージをリニューアルし、シリーズで統一感のあるデザインに一新します。

 「ロコベースリペア」シリーズは、皮膚に本来備わっているバリア機能に着目して開発された皮膚保護保湿剤です。シリーズに共通してバリア機能をサポートする3つの肌脂質成分*1が配合されており、低刺激性とともに、つらい乾燥肌の原因を追究して生まれた処方を特徴としています。

 「ロコベースリペア クリーム」は、クリーム独自の処方として皮膚表面に密着して保護膜を形成する成分*2の配合により、水にも強い皮膚保護力と長時間持続する保湿力を備えています。
 今回のリニューアルでは、優れた皮膚保護力はそのままに、保湿力と安全性・品質を追求して処方を改良しました。皮脂膜の働きを助ける植物由来成分「シアバター*3」を追加配合すると同時に、極めて純度の高い水「超純水」を採用しています。

 2003年の「ロコベースリペア クリーム」発売以来、多くのお客様からご支持をいただき、シリーズ4品目の累計出荷数は1,600万個*4を超えました。
 当社は低下した皮膚のバリア機能をサポートする「ロコベースリペア」シリーズを通じ、つらい乾燥肌に悩むお客様のQOL(生活の質)向上に、引き続き貢献してまいります。

〔 製品特徴 〕
◎3つの肌脂質成分*1をバランスよく配合し、皮膚のバリア機能をサポートします。
◎ナノ粒子化された成分*2が角質層の隙間に密着。水に強く、長時間しっとり感が続きます。
◎香料・着色料・防腐剤無添加、低刺激性処方。お子様の顔などデリケートな肌にもご使用になれます。

*1 セラミド3、コレステロール、遊離脂肪酸(オレイン酸、パルミチン酸):保湿  *2 パラフィン:保湿  *3 シア脂:保湿  *4 2017年7月19日現在



製品概要
 
製品名 ロコベース®リペア クリーム
(販売名:ロコベースリペアクリーム
分類 化粧品
包装・価格       <包装>    <メーカー希望小売価格(税抜き)>
       30g            1,800円
全成分 ワセリン、水、BG、パラフィン、オレイン酸ソルビタン、グリセリン、(パルミチン酸/エチルヘキサン酸)デキストリン、ミネラルオイル、カルナウバロウ、コレステロール、セラミド3、水添レシチン、パルミチン酸セチル、オレイン酸、パルミチン酸、アルギニン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、セタノール、シア脂
使用法 適量を清潔な手にとり、かさつく肌にやさしくなじませてお使い下さい。
手のひらで温めながら、ゆっくり伸ばすとよりなじませやすくなります。
製造販売元 第一三共ヘルスケア株式会社
発売日 2017年8月28日(月)

〔 ご参考 〕
1.「皮膚のバリア機能」について

 皮膚表面の角質層には、体の中から水分が蒸発するのを防ぎ、外からの刺激物質の侵入から体を守る機能が備わっています。これを皮膚のバリア機能といいます。肌の脂質量が減少すると、バリア機能が低下し、肌の乾燥を助長する原因となります。

2.「ロコベースリペア」のご紹介
 「ロコベースリペア」は、皮膚のバリア機能にはセラミド3・コレステロール・遊離脂肪酸という3つの肌脂質成分が必要不可欠であるとする「スキンバリア理論」に基づき誕生しました。2003年に「ロコベースリペア クリーム」が発売され、順次ラインアップを追加。現在、使用部位の特性に合わせて選べる4つのアイテムを揃えています。