OTC-MR
優れた製品も、必要としている人の手に届いてこそ役に立つ。そのために最前線でさまざまな提案を続ける。
法学部 法律学科卒業
2005年4月入社

※インタビュー内容は取材当時のものとなります。

CHAPTER 01

キャンペーンなどの企画提案を通じて売上拡大を図る

ドラッグストアや薬局などの企業を直接担当し、商談や様々な企画提案を通じて当社の売上拡大を図っていくのが私たちOTC-MRの役割です。
現在、私は全国展開されているドラッグストア様を担当させていただいています。週1回ほどのペースで、得意先の本部で部長様やバイヤー様などに対してシーズン毎の企画提案や新製品の商談などを行います。
企画や取組みが決定したら全国各エリアの担当者と連携して企画を推進していきます。
実際の店頭で当社の製品を選んでいただけるような魅力的な売場提案をすることに加え、お客様に正しく販売していただくための製品の情報提供も欠かせない重要な仕事です。
本部商談以外の重要な仕事として店舗訪問もあります。店舗訪問では商談での決定事項がきちんと徹底されているか、店長様、薬剤師様などに当社製品に対する正確な情報提供を行っています。そして店舗様からいただいたお声やお客様のニーズを吸収してマーケティング部門や研究開発部門などにフィードバックすることで製品開発などに反映させていく意味でも店舗訪問も重要な意味を持ちます。

CHAPTER 02

たくさんのブランド・製品による多彩な提案ができる強み

当社はOTC医薬品、スキンケア製品、オーラルケア製品など幅広く多くの製品があります。 そしてTVCMでもお馴染みの『ルル』や『ロキソニンS』など各カテゴリーの中心となるような大型製品があることが当社の強みだと感じています。その豊富な製品群を駆使して、得意先のニーズに応じて幅広い提案をすることが可能です。
感冒薬だけみても、症状特化型の製品や持続性タイプの製品、常備薬など、どのタイプにも当社の主力製品が存在する為、得意先に合った企画提案が可能です。
社内の研修制度も充実していますので、今市場でどういった製品が求められているかなどの情報も逐一知ることができます。そういった情報も企画提案の際には重要なアイテムです。
私自身が入社1年目の商談の際に、それまで採用の無かった「のどの痛み」に訴求をしている製品を、新しく感冒薬のプロモーションに加えてもらってもらう企画提案をしました。この提案がお客様にも喜ばれてお得意先様からも評価をいただくことができ新人の私にとって非常に大きな自信へと繋がりました。
当社のOTC-MRは医薬品やスキンケアなど豊富な製品があるため、幅広いカテゴリーに対して自信を持って企画提案を実施・実現できます。

CHAPTER 03

人の役に立つ仕事、という実感がモチベーションに

お得意先様やお客様からは、「第一三共ヘルスケアのこの商品があって良かった」といったお言葉をいただくことがあります。そういったお声をいただくたびに、「確実に人の役に立つ仕事をしている」と実感することができ、モチベーションの向上に繋がっています。
今後も、お得意先様と一緒になってWIN-WINとなれるような企画提案を実施・実現していき、誰からもより一層信頼されるOTC-MRになりたいと思っています。