働く男の「困った」「どうしよう」に答える おれカラQ&A|おれカラ|第一三共ヘルスケア

働く男の「困った」「どうしよう」に答える おれカラQ&A

  • 目・耳・鼻・口の悩み
  • 皮膚の悩み
  • 関節・筋肉の悩み
  • 胃腸・肛門(消化器)の悩み
  • 風邪・熱・頭痛の悩み
  • 生活習慣の悩み
  • 目・耳・鼻・口の悩み
  • 皮膚の悩み
  • 関節・筋肉の悩み
  • 胃腸・肛門(消化器)の悩み
  • 風邪・熱・頭痛の悩み
  • 生活習慣の悩み

目・耳・鼻・口の悩み

口内炎口内炎ができました。美味しいものを食べることがストレス解消なのに、余計にストレスが溜まりそうです。おすすめの対処法はありますか。

口内炎のはっきりした原因は不明ですが、ストレスや疲れ、免疫力の低下が影響すると考えられています。口内炎を治すには、患部の炎症をおさえることが有効です。

口臭妻と話をするときに、物理的な距離を感じるようになりました。翌朝、机の上にそっと口臭対策タブレットが置かれていました。口臭はどうやって防ぐとよいのでしょうか。

口臭は、自分では気づかないうちに人に不快感を与えていることもあるため、気になりますね。口臭の多くは口の中の細菌によってもたらされます。殺菌成分配合の歯磨き粉を使うなどして、日々のケアを行いましょう。

歯のきばみコーヒーをよく飲むのですが、歯の黄ばみが気になってきました。どうすればよいでしょうか。

人と話すとき、つい相手の口元に目がいき、歯の黄ばみが気になってしまうことがありますよね。歯の黄ばみは加齢や飲食による色素沈着などによっても起こります。ご自身の本来の歯の白さを目指すのであれば、歯の美白を謳った歯磨き粉を毎日のケアに取り入れて、美しい口元を目指してはどうでしょうか。

歯周病歯をみがいたときに歯ぐきからときどき血が出るようになったのですが、忙しくてなかなか歯医者にも行けません。どうすればよいでしょうか。

歯みがき時に歯ぐきから出血する主な原因としては、歯周病があげられます。歯周病とは歯周病菌の感染によって起こる、歯の周囲に炎症が生じる病気のことで、歯を失う最も大きな原因と言われています。また歯周病の影響は全身に及ぶこともあると言われています。早めのケアが大切ですので、歯科医師への相談とあわせて、毎日のケアで歯周病を予防するようにしましょう。

目のかゆみ目がかゆくて仕事に集中できません。2月〜3月は特につらいのですが、その時期だけでなく、他の季節でもかゆみが出ます。おすすめの対策法はありますか。

目のかゆみをひき起こす原因のひとつに、花粉やハウスダストなどによるアレルギーがあります。アレルギーによる目のかゆみは、早めのケアによって症状の緩和が可能です。対策を早めに行い、つらい症状を乗り切りましょう。

  • おすすめ製品
  • エージーアイズ アレルカットC
  • エージーアイズ アレルカットC
  • つらい、そのアレルギー症状をアレルカット!すっきりクールタイプ
    =========
    花粉、ハウスダスト等による次のような目のアレルギー症状の緩和:目のかゆみ、目の充血、なみだ目、異物感
  • 詳細はこちら>>
アレルギー性
鼻炎
ネコが好きで、家でも飼っているのですが、ネコに近づくと鼻水やくしゃみが出てしまいます。アレルギーなのでしょうか。

アレルギー性鼻炎にはペットの毛やハウスダストなどによる「通年性」のものと、花粉などが要因となって起こる「季節性」のものとがあります。症状は主にくしゃみ・鼻水・鼻づまりがあげられます。ペットだけが原因ではないかもしれませんが、薬による対策も可能ですので、上手く活用して自身の症状をコントロールしましょう。

  • おすすめ製品
  • エージーノーズ アレルカットC
  • エージーノーズ アレルカットC
  • つらい、そのアレルギー症状をアレルカット!すっきりクールタイプ
    =========
    花粉、ハウスダスト等による次のような鼻のアレルギー症状の緩和:鼻水、鼻づまり、くしゃみ、頭重
  • 詳細はこちら>>
眼精疲労長時間のパソコン作業で目が疲れてきました。どうすれば疲れがとれるのでしょうか。

目の痛みや充血などの「目の症状」に加え、頭痛や肩こりなどの「全身症状」が現れ、睡眠や休息などで十分な改善がみられない状態のことを眼精疲労といいます。ビタミンB群は眼精疲労の改善に効果があるとされていますので、食事などからも積極的に摂取するとよいでしょう。 (例:ビタミンB群を多く含む食物「豚肉、うなぎ、玄米、大豆、レバー、アボカド、のりなど」)

  • おすすめ製品
  • ノイビタZE
  • ノイビタZE
  • ビタミンB1とチオクト酸(αリポ酸)が結合した誘導体の「オクトチアミン」が効果を発揮
    =========
    肉体疲労時のビタミンB1612の補給、肩こり、眼精疲労
  • 詳細はこちら>>

皮膚の悩み

薄毛最近、頭髪が薄くなってきた気がします。親も薄毛で将来が不安なので、よい対策法を教えてください。

髪を健やかに成長させるためには、「頭皮を清潔に保つこと」「頭皮の血流を増やし、毛髪に栄養や酸素をしっかり届けること」が大切です。薄毛・抜け毛の症状・発現時期は個人差がありますので、しっかりと効果のあるアイテムで早めに対策を行うことが効果的です。

水虫水虫になってしまいました。足の指の間にも土踏まずにもできて、なかなか治りません。家族にもうつしてしまわないかと心配です。

水虫菌は生命力が強く、水虫患者の足からお風呂の足ふきマットやスリッパなどを経由して、家族にもうつしてしまうおそれがあります。水虫は完治しにくい疾病のひとつですので、効果の高い成分でしっかり治療しましょう。症状が出ている場所より広めに薬を塗ることと、症状が治まった後も2週間程度治療を続けるのが効果的です。

傷の手当アウトドアが趣味なので、山登りや海水浴等、季節を問わずよくケガをします。すぐに対処した方がよいのですか?

傷が悪化しないように、その場で患部を殺菌・消毒することは大切です。更に、炎症をおさえてかゆみを和らげる成分や皮膚の修復を助けてくれる成分が入っているものがおすすめです。

湿疹・かぶれ3世代で暮らしているのですが、父(おじいちゃん)は皮膚のかぶれ、子供はあせもといったかゆみの症状を起こします。どのような対処をすればよいのでしょうか。

かゆみを伴う皮膚トラブル改善のためには、それぞれの症状にあったお薬を選択することが大切です。年齢や患部の場所・状態によってもおすすめの薬が変わってきます。お子さまからお年寄りまで幅広くお使いいただける製品をいざというときの一次的な対処薬として、常備されておくのもよいかもしれません。

湿疹・かぶれ皮膚の湿疹のかゆみが我慢できず、かきむしってしまい、化膿してしまいました。おすすめの塗り薬はどのようなものなのでしょう。

湿疹・かぶれは、かゆみから皮膚をかきこわしてしまうことで、そこから細菌感染を起こすこともあります。
患部が化膿してしまっている場合は、抗生物質を配合した塗り薬のご使用がおすすめです。

虫さされ山登りが趣味で、よく虫に刺されるのですが、ついかいてしまい、いつも後で後悔をしてしまいます。

虫に刺されると、かゆみや腫れをはじめ、痛みや赤み、人によってはじんましんや紅斑といった症状があらわれることがあります。虫さされ程度だし…と放っておくと、症状が悪化するケースもあるので油断はできません。また、虫刺され部分のかきこわしから合併症が起こる場合も。虫さされによるかゆみ、かきこわしを防ぐ「貼る」タイプのパッチ剤もありますので、思わずかゆい部分をかきむしってしまう、という方はぜひお試しください。

敏感肌全身の肌がピリピリすることがあります。シャツの肌ずれも気になるのですが、何かケアした方がよいのでしょうか?

敏感肌とは、肌のバリア機能が低下しがちで、刺激を受けやすい肌状態のことをいいます。保湿剤でスキンケアすることも重要ですが、毎日のお風呂で肌を守りながら洗うケアができる製品もありますので、ぜひ一度お試しください。

乾燥肌冬になると手指が乾燥し、手荒れで痛みを覚えることも。これまでケアをしたことがないのですが、そうなる前のおすすめのケア方法を教えてください。

乾燥肌(ドライスキン)とは、肌の水分や皮脂が不足し、バリア機能が低下している状態のことをいいます。肌のカサカサやつっぱり感がそのサイン。放っておくと肌トラブルにつながるケースもあります。女性が利用するイメージの強いハンドクリームですが、男性もぜひ活用いただき、手指のケアをしてみてください。

シミアウトドアスポーツが好きでよくするのですが、加齢のせいか、シミが気になります。でも、男性があんまりケアしているのって聞いたことがなくて。

シミは、皮膚内で作られるメラニン色素が沈着したものです。シミには日光黒子、ソバカス、炎症後色素沈着、肝斑などの種類があり、それぞれ特徴や原因が異なります。
美白ケアやUVケアなどのシミ対策には男性でも抵抗の少ない内服薬でのケアもあります。女性向けのイメージが強い外側からの美白ケアやUVケアも、もちろん男性でも使えますので、ぜひ一度手に取ってみてください。

関節・筋肉の悩み

肩・腰の痛み毎日毎日同じ姿勢での仕事で、腰と肩が痛くなってきました。

肩は両腕を支えているため、筋肉の緊張が続きます。そのため血行が悪くなり、肩に重さを感じる肩こりが起こります。
また、肩こりと並んで腰痛も多くの日本人が悩まされています。肩こり、腰痛ともに予防するには正しい姿勢を心がけ、適度に運動することが大切です。
ただ、適度な運動などで予防をしているつもりでも、思いがけずに痛みがでることもあります。そんなときには痛みを我慢せずにテープ剤などを使った早めのケアがおすすめです。

腰の悩み最近、腰の痛みが気になり始めました。日常業務で一日立ちっぱなしや座りっぱなしということもあり、ちょっとつらくなってきたのですが、何かよい対策法はないでしょうか。

多くの日本人が悩まされる「腰痛」。腰痛の一因は日々の食生活やストレスによっても作られると言われていますが、大切なのはよい姿勢を保つことです。日々同じ姿勢で仕事をすることが多く、一定の姿勢を保つことが難しい方は、サポーターの装着などにより腰への負荷軽減を試してみましょう。

関節の悩み家族でランニングを始めようとしています。でも数年前に痛んだひざが気になってしまい、少し不安です。

いつまでも健康に過ごすためには運動は大切です。それでも年齢がすすむとともに運動の機会は減ってしまうことも多く、急な運動でひざや肘など関節は痛めがちに。関節の痛みの原因はさまざまですが、サポーターをつけることなどでひざの負担を軽減することもできますので、ひざに不安のある方は運動をあきらめる前に、ぜひ一度お試しください。

捻挫子どもの運動会で張り切り過ぎて、捻挫をしてしまいました。ビデオにもばっちり、捻挫の瞬間をおさめられました。

捻挫(ねんざ)は、不自然な形にひねることで起こる、関節を痛めるケガのことです。スポーツや転倒時にひねってしまうことが多く、部位としては足首や指に起こりやすい傾向にあります。
急性期(捻挫後、2〜3日が目安)には患部を冷やす、慢性期(捻挫後、4〜7日が目安)には患部を温めるなど、状態によって対処法もかわります。

胃腸・肛門(消化器)の悩み

下痢、腹痛外回りの仕事なのですが、お腹がゆるくて…

外周りの仕事では、急にお腹が痛くなってもトイレがないこともありますよね。そんなときは無理せず、市販薬を服用するのも一つの手です。ポケットサイズで携帯できるものも多いので、かばんの中に一つ入れておくだけでも安心ですね。ちなみに下痢には、4週間以内に症状が治まる「急性下痢」と、それ以上続く「慢性下痢」があり、それぞれ対処法が異なります。もし継続的にお腹のゆるみや下痢を感じることがあれば、医師に相談してみましょう。

胃痛残業、やけ食いを繰り返したせいなのか、なんだか胃が痛くなってきました。

胃痛は胃酸が出すぎた場合や、胃粘膜の防御機能低下によって起こります。ストレスや食生活の乱れが原因となる場合もありますので、正しい生活習慣を意識することも胃痛予防には重要となってきます。胃酸の出すぎによる胃痛・胸やけをおさえるには、過剰な胃酸の分泌をおさえることも有効です。

胃もたれ忘年会、新年会のシーズン、飲み会が終わる度に胃がとっても重たく感じます。

胃が重たく感じるような、不快な症状のことを胃もたれといいます。胃もたれの原因は体質や加齢によるもの、食べ過ぎやストレスなど日常生活によるものが考えられます。胃もたれを治すには、胃の働きを高めてあげることが有効です。

便秘もう3日も便が出ません。お腹に張りもあり、気になります。

便秘は腹痛や肌あれ、肩こりなど、その影響は全身に及ぶ場合があります。食生活や運動を取り入れることで解消することもありますが、薬やサプリメントも上手く活用し、セルフケアをしていきましょう。

風邪・熱・頭痛の悩み

頭痛明日までにやらないといけない仕事なのに、頭痛が邪魔して作業が進みません…

頭痛は大きく「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つのタイプに分けられ、痛みの出方も違います。それぞれの頭痛に合わせた予防法や対策、治し方がありますので、頭痛でお困りの場合はご自身のタイプを知って、適切な対処を行いましょう。また頭痛は我慢しすぎるとかえって痛みに敏感になる場合もありますので、市販薬などで早めに対処するのもおすすめです。

  • おすすめ製品
  • ロキソニンS
  • ロキソニンS
  • 痛みに速く効く
    =========
    頭痛、発熱時の解熱
    この医薬品は、薬剤師から説明を受け、「使用上の注意」をよく読んでお使い下さい。アレルギー体質の方は、必ずご相談下さい。
  • 詳細はこちら>>
大事なプレゼンを前に風邪をひいてしまいました。会議中だけでも咳を止めたいのですが。

咳とは、気道内に貯留した分泌物や吸い込まれた異物を気道外に排除するための生体防御反応です。むやみにおさえる必要はありませんが、つらいときや必要なときには薬も上手く活用し、セルフケアしましょう。

風邪繁忙期なのに風邪をひいてしまいました、、、早く治したいのですが。

かぜの症状は鼻水、鼻づまり、せき、たん、のどの痛み、頭痛、発熱など様々です。これらの症状が悪化してくると、大変つらく、仕事にも影響してしまいます。ひどくならないように適切にかぜ薬を服用することが重要であり、そのために色々な症状に対処できるかぜ薬を常備しておくことは大変有効です。また、無理して働き続けると逆にこじらせてしまうこともありますので、できるだけ休養をとるよう、心がけましょう。

風邪大事なデート前なのに寒気が。どうにかして早く治したいです。

風邪をひいたときは熱が上がりますが、これは体が免疫力を高めるために必要なことだと言われています。葛根湯は服用することで体温を上げ、免疫力を高めることができますので、風邪のひき始めにおすすめです。

  • おすすめ製品
  • カコナール2
  • カコナール2
  • ひきはじめのかぜに
    =========
    体力中等度以上のものの次の諸症:感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ
  • 詳細はこちら>>

生活習慣の悩み

二日酔い仕事の付き合いでよくお酒を飲むのですが、二日酔いになりやすく、休日に思うように家族サービスもできません。

摂取したアルコールは肝臓で分解されますが、十分に処理されないと二日酔いとして症状があらわれます。二日酔いになりやすい、なる恐れがあるとわかっている場合は、そうならないように事前に乳製品を摂るなどの対策をして、それでも二日酔いになってしまった場合は早めにケアをしましょう。

  • おすすめ製品
  • 新黒丸a
  • 新黒丸a
  • 飲みすぎ、悪酔・二日酔いのむかつきに効果を発揮
    =========
    飲みすぎ、悪酔い・二日酔いのむかつき
  • 詳細はこちら>>
不眠時間が不規則な仕事のせいか、あまりよく眠れません。疲れもなかなか取れません。

不眠は、心理的なストレスや生活リズムの乱れ、環境の変化など複数の要因が重なって起こるとされています。日頃の生活習慣を整えて不眠を予防するとともに、症状が出てしまった際には上手に対処できるようにしておきましょう。
また、薬を活用することで、一時的な症状の緩和も可能です。

  • おすすめ製品
  • グ・スリーP
  • グ・スリーP
  • 一時的な不眠の症状を緩和する睡眠改善薬
    =========
    一時的な不眠の次の症状の緩和:寝つきが悪い、眠りが浅い
  • 詳細はこちら>>
眠気・だるさ毎年春になるとぽかぽかしてきて、仕事中にも眠気が襲ってきます。

暖かな陽気になってくると、つい眠気に襲われて仕事もはかどらなくなりますよね。実はねむけ・だるさは薬の服用でカバーできることはご存知でしたか?もしよければお近くの薬局でぜひ一度、お手に取ってみてください。

肉体疲労・
からだのだるさ
仕事から解放された、ようやくの休日!なのですが、疲れが激しく、たいてい寝て過ごしてしまいます…。

肉体疲労・からだのだるさの原因には働き過ぎ、激しい運動、栄養バランスの乱れ、睡眠不足などがあげられます。まずは栄養補給など、できるところから日々のカラダケアを始めてみましょう。
また、しっかり休養をとっても回復しない場合は、重大な病気が隠れている可能性があるので、注意しなければなりません。

  • おすすめ製品
  • リゲイン
  • リゲイン
  • コクのある深味、50mLタイプのリゲイン 生薬“黄精”を配合
    =========
    肉体疲労・食欲不振などの場合の栄養補給、滋養強壮
  • 詳細はこちら>>
メタボリック
シンドローム
お腹周りが気になってジムに通い始めたのですが、なかなか効果を実感できません。運動以外にもできるお腹周りの対策って、何かありませんか?

メタボリックシンドロームは「内臓脂肪症候群」とも呼ばれる病態です。食べ過ぎや運動不足といった生活習慣の乱れなどから、おなかに内臓脂肪が蓄積される「内臓脂肪型肥満」になっており、加えて中性脂肪が高い、HDLコレステロールが低い、血圧が高い、血糖値が高いという項目のうちいずれか2つ以上が重なっている状態を指します。メタボリックシンドロームの方は運動や食事制限をすることが重要です。また、血清高コレステロールの改善薬もおすすめです。

  • おすすめ製品
  • ユンゲオール3
  • ユンゲオール3
  • 3つの脂質代謝改善成分を配合した、血清高コレステロール改善薬
    =========
    血清高コレステロールの改善、血清高コレステロールに伴う末梢血行障害(手足の冷え、しびれ)の緩和
  • 詳細はこちら>>

症状や対処法、製品について
より詳しい情報を知りたい方はこちらから

  • くすりと健康の情報局