ドランクドラゴン鈴木拓のお悩み道場

Vol.12備えあれば憂いなし?

ユーザーボイス12 54歳 女性のお悩み

鈴木さんはテレビで見る限りマイペースなイメージなのですが、
ストレスが溜まることはありますか?
私は上司からの無茶ぶりで、最近は特にストレスが凄いです。

鈴木拓のアドバイス

ストレスは溜まるものと割り切りましょう。

ストレスというものは、さまざまな病気を引き起こす原因にもなるらしいです。

実は僕、自分でもかなりストレスに弱いと思っています。

胃潰瘍十二指腸潰瘍も経験しましたし、アレルギーも持っています。
明確にストレスが原因でこれらの病気になったと医師に言われたわけではないのですが、感覚的に、僕の病歴はかなりストレスに左右されているのではと思っています。

話は変わりますが、僕は去年からあまりツイておりません。
写真週刊誌に載ってしまったり、ことごとくレギュラー番組が終わったり。

ある日、車で高速道路を走っていると、急にブレーキのようなものがかかり、
焦って路肩に寄せて走ってみると、どんなにアクセルを踏んでも40キロしか出なかったのです。

すぐに車を停止しJAFを呼んで、レッカーしてもらいました。
・・・車のエンジンが壊れたそうです。

修理代が85万円すると言われました。
廃車にしました。

仕方がないので、泣く泣く新しい車を買いました。
すごく悲しかったです。

周りの人が、「鈴木は全然ついてないからお祓いにいけ!」と言うので
神社に行ってお祓いをしてもらいました。

調べてみると、厄年真っ只中でした。やはり昔の人の言うことは馬鹿にできません。

祈祷してもらうのには色々ランクがあるみたいで、その中でも一番高額のお祓いをしてもらいました。
お祓いが終わり、スッキリしました。

そんな中、帰り道で車をぶつけました。
お祓いしたのに、結局すごく悪いことが起こりました。ストレスが酷いことになりました。

それから年が明けて、初めて来た仕事がドラマの仕事でした。
前厄でも結構ひどかったのに、本厄だとどうなるのかと考えていた矢先でしたが、意外にも幸先がいいです。

しかも監督から名指しでした。
どうしてもある役を鈴木さんにやってもらいたい!と言ってくださいました。
僕はどんな役でも、名指しで新年1発目の仕事で、そんなこと言ってもらえるなんて本当に嬉しかったです。

死体役でした。

その役を聞いた瞬間、この仕事に対する僕の気持ちはドン冷めしました。
しばらく落ち込みました。

そんな落ち込んでる僕の姿を見て共演者の六平さんが、
「拓ちゃん!どんな役でも貰えることはいい事だよ!しかも死体役はこのあと仕事が沢山くる前触れと言われてるんだ!」と言ってくださいました。

僕は、六平さんがかけてくださった優しい言葉に勇気づけられ、有難いなぁと思いました。
嬉しくなってマネージャーにそのことを伝えると、マネージャーはただ一言、こう言いました。

「えーーーーー!」

マネージャーというのは、言わば仕事の窓口です。

例えば、僕が水のタンクだとしたらマネージャーは蛇口です。
タンクに水が溜まってきたから水を出そうとしているのに、蛇口が拒絶反応を示してるんです。
もう絶望でしかありません。ストレスです。

また、実は2月にお尻の手術をしました。
おかげで出血しております。なかなかのもんです。
出血大サービスなんてことは、これからは軽々しく言わないようにしようと決心したくらいです。

衣服や布団など汚したくはないのです。
ゆえに今僕は、オムツを履いています。

次男が5歳なのですが、その次男に向かって
「もう5歳なんだから早くおむつ離れして普通のパンツを履いて寝なさい!」
と偉そうに言っておりました。41歳の僕が。

まさかこの年齢でオムツを履くとは思いませんでした。
1つ屋根の下、親子2代でオムツです。
自分が情けなかったです。

ふと、次男を見ました。
次男は僕を見ていました。
薄ら笑みを浮かべて。

「あれだけ言っていた父ちゃんがオムツじゃないか!」
と僕には言いませんが、心の中でバッチリ、41歳を蔑んでいる目に感じました。
この上ないストレスですね。

積もり積もって、ストレスで口内炎ができそうです。

溜まるストレスのことを考えてもしょうがないので、僕はストレスで口内炎になった後のことを考え、対策としてトラフル錠を準備しています。
備えあれば憂いなし、ですね。

アドバイスのまとめ

溜まるストレスについて考えるのもストレスなので、いっそストレスになった後の対処法を考えています。

ドランクドラゴン 鈴木 拓

PROFILE

ドランクドラゴン鈴木 拓
日本のお笑い芸人。神奈川県 綾瀬市育ち。お笑いコンビドランクドラゴンのツッコミ担当。相方は塚地武雅。プロダクション人力舎所属。ツッコミ担当だが天然ボケの部分がある。代表番組は『GOD ENGINE(MX)』、『ドランクドラゴンのバカ売れ研究所!(BS TwellV)』など。著書の『クズころがし』は各方面で話題となっている。
  • カメラマン 瀬谷壮士
  • 更新日 2017.03.01