賢者の仕事、賢者の健康

Vol.16FFの作曲家は"中くらいのおっさん"。5分間仕事術のススメ
植松伸夫氏 インタビュー(後編)

今回の賢者

PROFILE
作曲家植松伸夫

1959年3月21日生まれ。高知県高知市出身。作曲家。株式会社ドッグイヤー・レコーズ代表。有限会社スマイルプリーズ代表。これまで全世界で1億本以上を売り上げた「ファイナルファンタジー」シリーズを始め、数多くのゲーム音楽を手掛けてきた作曲家。ゲーム音楽だけでなく、様々なアーティストへの楽曲提供もしている。また、2001年5月アメリカ「Time」誌の"Time 100: The Next Wave - Music"にて音楽における「革新者」の一人としても紹介され、2007年7月には「Newsweek」誌にて"世界が尊敬する日本人100人"の一人にも選出されている。近年では日本国内をはじめ世界各国でオーケストラコンサートや自身のバンド"EARTHBOUND PAPAS"によるワールドツアーを開催し好評を博すなど、さらに活躍の場を広げている。

「ファイナルファンタジー(FFシリーズ)」のゲーム音楽等を手がける作曲家の植松伸夫さんへのインタビュー後編です。「中くらいのおっさん」を自認する植松さんがオススメする「5分間仕事術」とは。インドで体験した不思議な出来事についても聞いてみました。
(聞き手:河尻亨一)

5分にしたんです、仕事時間を。そしたら意外とはかどって

− 「ファイナルファンタジー」シリーズ作曲のエピソードなどのお話をうかがってきました(前編)。作曲という「こもる仕事」とコンサートなど「外に出る仕事」のバランスを取ることが、植松さんのリフレッシュになっているのでは?と思ったのですが。

植松(伸夫氏 ※以下、植松)きっとそうだと思いますね。最近コンサートが多いんですよ。さっきお話したFFの音楽をブラスバンドで演奏する全国ツアー(「BRA★BRA FINAL FANTASY」)もそうですし、管弦楽オーケストラのワールドツアーもあったりして。

管弦楽のほうは主に海外でやってるんですけどね。あと自分のバンドによるライブがあったり。「EARTHBOUND PAPAS」というバンドなんですけど。そういった活動の傍ら地下室にこもって曲作りをしてね。朝の5時から(笑)。

− 地下室にはどれくらいこもるんですか。

植松そんなに長時間ではないですよ。僕、集中力続かないほうなんで。どれくらいかな?朝の部で2時間くらいですかね。その日の予定は計画表を作って決めていて。

計画表って子供の頃、よく作ったじゃないですか?夏休みなんかに。何時に起きて宿題何時から何時までやってみたいな。僕、いまだにあれをやってるんです。

でもね、なかなか計画通りにはいかないもので。「朝から作曲に2時間」なんて決めていたとしても、僕の場合、2時間も仕事に集中できるわけない(笑)。それをうまくやるために思いついた方法があって。これ、すごいですよ。

− 是非聞きたいです。どうやればいいんでしょう?

植松5分にしたんです。仕事時間を(笑)。とりあえず5分やればその日はいい。それさえやれば「今日は完了!」。そう思うと気持ちも楽になって、例えば「Facebook見たいけど、その前にちょっと作曲やってみようか?」ってノリで仕事に取りかかれますよね。

で、やり始めるとあっという間に1時間とか経ってるんですよ。仕事って、とっかかりが大事で、始める前に「あー、今日もこんなにやらなきゃいけないのか…」なんて思うと、まずはメールチェックしてからネットでニュース見たりして、ズルズル後ろのほうになっちゃうでしょ?そうじゃなくて「とりあえず5分やればいい。それだけやって遊ぼ」っていう軽い気持ちで始めちゃうと、意外とはかどるんですね。

− なるほど。計画表には2時間確保しておいて、とりあえず5分仕事すると。

植松うん、でも2時間だとやらないから、「5分仕事したら映画を観ていい」って書いてます(笑)。