賢者の仕事、賢者の健康

Vol.1我慢しない。負けたくない。それが僕の健康の秘訣かな?
スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサー インタビュー(前編)

今回の賢者

PROFILE
映画プロデューサー鈴木敏夫

1948年、名古屋市生まれ。72年慶応義塾大学文学部卒業後、徳間書店に入社。『週刊アサヒ芸能』を経て、78年アニメーション雑誌『アニメージュ』の創刊に参加。副編集長、編集長を務めるかたわら、『風の谷のナウシカ』(84年)、『火垂るの墓』『となりのトトロ』(88年)などの高畑勲・宮崎駿作品の製作に関わる。85年にはスタジオジブリの設立に参加、89年からスタジオジブリの専従に。以後『風立ちぬ』(13年)までの全劇場作品及び、三鷹の森ジブリ美術館(01年開館)のプロデュースを手がける。現・株式会社スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。スタジオジブリ最新作に「レッドタートル」(9月公開予定)、プロダクションI.G作品の「ガルム・ウォーズ」(5月公開予定)では日本語吹替版プロデューサーを務める。

各界の一線で活躍するキーパーソンが、「仕事と健康」について語るインタビュー連載「賢者の仕事、賢者の健康」。第一回目のゲストには、スタジオジブリの鈴木敏夫さんをお迎えしました。映画プロデュースをはじめとする数々の激務をタフにこなし続ける鈴木さんの健康の秘訣とは?
(聞き手:河尻亨一)

映画の制作に入ると、風邪なんてひいてられないんですよね

− 映画のプロデュースや宣伝といったお仕事は、大変ハードなのではないかと思われます。長きにわたって仕事を続けて来られた中で、ご自身の体調管理などはどのようにされてきましたか。タフなお仕事ぶりというイメージから、鈴木さんは風邪などもひかれないような印象があるのですが。

鈴木(敏夫プロデューサー ※以下、鈴木)いや、僕だって人間ですから(笑)、そりゃ風邪ひいたり色々あるんですけど、映画の制作に入ると風邪なんてひいてられないんですよね。

ひとつエピソードがあって、実は若い頃に一回風邪ひいたことがあるんですよ。それも宮崎駿の作品をやっている最中に。そしたら怒ってきたんですよ、「作品作ってるのに風邪をひくとは何ごとだ!」と。それを言われて口惜しくて、もう二度と風邪なんかひかないようにしてやろうと(笑)。

いま高畑勲さんが80、宮崎駿が75なんですけど、確かに二人が働き盛りのとき、つまり40〜50代の頃って、彼らが風邪ひいてるところなんて見たことがなくて。

− 冒頭から興味深いエピソードですが、そもそも風邪は努力でひかないようにできるものなんでしょうか。鈴木さんの健康術というのは?

鈴木健康術というより体調管理だと思うんですけど、起きる時間、寝る時間、昼ご飯、夜ご飯、必ず決まった時間なんですよね。それを20代くらいの頃からずっとやってます。あと、これは子供の頃からの習慣ですが、僕、朝ご飯を抜いたことないんですよ。

それで、先ほどの話に戻ると、宮崎駿と仕事をする以上、風邪をひいたら何言われるかわからない。それってストレスですよね? そのストレスをなんらかの形で解消するには、規則正しい生活をするしかないとたぶん思ったんでしょうね。それ以降今日にいたるまで、映画作ってるときは風邪ひいたこと一度もないですから。

でも、それで何作かやってるあいだに、本当に風邪ひかなくなっちゃったものだから、逆にあるとき思ったんですよ、「風邪って全然ひかないのも良くないよな」って。