賢者の仕事、賢者の健康

Vol.23地元の静かな環境で仕事心も健やかに
田中達也氏 インタビュー(後編)

小学生に説明できないことって、結局大人にもウケないんです

− 「作ってるものに苦労感出ちゃダメ」というのは、ものづくりのベテランが皆さん言うことなので、メディアを問わずそうなんでしょうね。

田中そうですね。あと、これもよく言われる話ですけど、「これ、オレにもできそうじゃん!」っていうぐらい簡単そうに見えて、でも、いざやろうと思うとできない。その壁をどうすり抜けるか?はポイントですね。

実は「ミニチュアカレンダー」も、考えすぎた時ほど反応が良くなかったりするんですよ。そういう時はちょっと初心に立ち戻って、「これ、簡単すぎるけどどうなのかな?」って思うようなものを投稿すると、意外に「面白い!」って言われて広まったり。

結局、回り回って簡単なところに戻ってくるというか、離れすぎないことも大事なんでしょうね。とんがりすぎると届かなくなっちゃうというか…。となると落としどころが難しいんですけど、親近感とそこに近寄れない感のいいバランスが大切なんだと思います。

− そのへんのツボというのかセンスというのか。それはミニチュア写真を投稿する中で気づいたことですか?

田中昔から人気があるものが好きなんですよ、なんでも。漫画とかでも、僕の場合、面白いからってみんなが読んでるものを読むと、やっぱり面白かったりとか。音楽もそうですね。流行ってる曲って、やっぱり聞きやすいじゃないですか。

でも、たまに無理して、人気のないほうもあえて味わってみるんです。その時に「やりたいこととウケることって、なかなか一緒じゃないんだな」っていうのは、よく思いますよね。どっちが正しいとかじゃないんですけど、僕の場合、人にウケないと絶対続かないので、どうやれば「いいね!」を増やせるかを狙ってます。

そこは正直でいいと思うんです。子供が見て単純に面白いと思えるくらいのもののほうが、僕自身やっていて気持ちいいというか。

以前、小学校の先生を目指していたんですけど、その後デザイナーになってからも痛感したのは、小学5年生とか6年生に説明できないことって、結局大人にもウケないんですよね。なのでどんな会議でも、小学5、6年生がわかる内容にまず落とし込むことが大事だと思っていて、ミニチュアライフも、そのニュアンスが一番基本になってます。

地方のほうが仕事に集中できる

− なるほど。ちなみにこれ、「賢者の仕事・賢者の健康」という連載なんですけど、田中さん、年齢的にもあまり「健康」は意識してないのでは?

田中全然気を遣ってないですね(笑)。

− だと思うんです(笑)。では、ストレス解消とか気晴らしみたいな話でおうかがいすると?

田中本を読むか映画を見るか、そのあたりですかね。こう言うとがっかりかもしれませんけど、漫画はかなり好きで。王道のファンタジー系のものから、シュールな日常系の漫画まで。

− 先ほどコレクションするのが好きとおっしゃっていたので、漫画も結構詳しいんじゃないかと推察しますが。ちなみに睡眠なんかはどうですか。

田中朝寝ることが多いですね(笑)。アイデアを考えるのは夜が一番はかどりますから、夜考えて撮影までひととおり全部終わって朝投稿して、いったん寝て起きて、そこからまた仕事。夕方には子供が帰ってくるので子供の面倒を見て、子供が寝た後また仕事をして――みたいな感じです。

実は1週間くらい、規則正しく生活してみたこともあるんですけど、夜ちゃんと寝てみると、全然仕事がはかどらなくて(笑)。アイデアも鈍るんですね。夜、がーっと考えたほうが、冴えわたってくるというか。

もっと年をとると変わってくるとは思いますが、今はそのサイクルがいいですね。夜はとにかく静かですから。余計な音があると、アイデア出てこないんです。自宅の周辺は車も走らないところなので、本当に静かで。

− そう言えば、地元の鹿児島をベースに活動されてるんですね。地方でやっていることのメリットもあります?

田中ありますね。今日みたいに出張で東京に来ると、「ここだと仕事にならないな」とよく思うんです。

− やっぱりうるさくて?

田中音のうるささというより、イベント的なうるささですね。そういうの食いついちゃうじゃないですか?面白そうな催しに行くだけで終わっちゃいそうで。

作業に集中するなら地方はいいですね。鹿児島はほどよく何もないというか。何もないって言うとまずいですけど(笑)。

ホント思うのは、これ、ネットと同じなんですよ。ネットを見ている時も、同じ感覚になります。1回SNSを見始めると、最初は友達の投稿見ようかな?と思って行くじゃないですか。そしたら友達が面白そうな記事をシェアしていて、それを読むと、そこでまたちょっと面白そうな記事に出会う。そしたら1時間くらいすぐたっちゃいますよね?