賢者の仕事、賢者の健康

Vol.23地元の静かな環境で仕事心も健やかに
田中達也氏 インタビュー(後編)

今回の賢者

PROFILE
ミニチュアライフ代表田中達也

1981年熊本生まれ。ミニチュア写真家・見立て作家。ミニチュアの視点で日常にある物を別の物に見立て、独自の視点で切り取った写真「MINIATURE CALENDAR」がインターネット上で人気を呼び、雑誌やテレビなどのメディアでも広く話題に。広告ビジュアル、映像、装画など手がけた作品は多数。

各界の一線で活躍するキーパーソンが、「仕事と健康」について語るインタビュー連載「賢者の仕事、賢者の健康」。ミニチュアライフ代表の田中達也さん(アートディレクター・写真家)のお話を引き続き。インスタグラムに投稿していたミニチュア写真が仕事になった田中さんに、SNSでウケる秘訣、ネット時代の"ココロの健康法"について聞いてみました。
(聞き手:河尻亨一)

インスタ投稿は「繰り返しているようで、繰り返してない」のが大事

− 「SNS発で仕事をつくる」を実践している方のエピソードとして、ここまでの田中さんのお話はとても参考になると思いますが(前編)、どうなんでしょうね?もし「自分もそうなりたい!」という人がいたとして、アドバイスとかありますか?例えば「やっぱりインスタ投稿は毎日続けないと!」ですとか。もちろん、田中さんがやってらっしゃるミニチュア写真と、他のコンテンツでは違いもあると思いますが。

田中(達也氏 ※以下、田中)さっきお話したことに近いんですけど、やっぱり「自分を客観視して柔軟に変えていけるか?」が一番重要だと思うんです。周囲を見ていても、何も変えてないのにSNSをやめる人が多くて。

例えば、僕の知り合いでも、「毎日ひたすら2カ月くらいやってみたけど、なかなか田中さんみたいにフォロワー増えてかないね」って言う人がいたりしたんですけど、その2カ月を振り返って、何か工夫してみたか?というと、それがないわけです。

つまり、それって毎日やっているようで、やってないんですよね。そう思うと「繰り返しているようで、繰り返していない」のが大事なのかな?と。

− 「繰り返しているようで、繰り返していない」というのはどういうことでしょう?

田中作品そのものの変化というより、むしろ作品を投稿していく中で、いろんな仕掛けやイベントを考えられるか?ということですね。例えばその作品を使って展覧会をやって、そこからの流入を増やそうだったり。僕の場合、1年たった頃に写真集を作ろうと思ったことが大きかったので。

戦略というほどのことではないんですけど。ただ単純に、これだけ作品を作ってるんだから、もうちょっと多くの人に見てほしいな、じゃ、どうすればいいかな?という気持ちが大事で。

そしたらひたすら発信してるだけじゃダメということに気づくと思うんです。いい作品であっても、普通にひたすら投稿するだけでは、見てくれる人は増えないですから、"見えない努力"もいりますね。

− そこが趣味と仕事の分かれ道かもしれませんね。

田中確かに僕の写真を見てくれた人から、「すごい楽しそう」って言われると「よかった」と思うんですけど、ただ、こっちはみんなが思ってるほどには楽しくはない(笑)。

作る過程では結構色々ありますからね。でも、苦労は感じさせないようにしてます。あとネット上の投稿にも作品にも、ネガティブな要素はあまり入れないようにしています。