賢者の仕事、賢者の健康

Vol.11弁護士というのは、“ストレス請負業”ですから
北村晴男氏 インタビュー(前編)

今回の賢者

PROFILE
弁護士北村晴男

1956年3月10日生まれ、長野県出身。早稲田大学法学部卒業。3年間の勤務弁護士を経て1992年に北村法律事務所を開設し(現、弁護士法人北村・加藤・佐野法律事務所)、一般民事(保険法・交通事故・会社法務・相続・医療過誤)などを専門に弁護士業務を行っている。また人気TV番組「行列のできる法律相談所」に出演し活躍している。
>弁護士法人 北村・加藤・佐野 法律事務所 公式サイト
>メルマガ「言いすぎか!!弁護士北村晴男 本音を語る」まぐまぐ!にて配信中

各界の一線で活躍するキーパーソンが、「仕事と健康」について語るインタビュー連載「賢者の仕事、賢者の健康」。今回のゲストは弁護士の北村晴男さん。「行列のできる法律相談所」をはじめテレビ番組にも数多く出演する北村氏ですが、弁護士という仕事はストレスも多いのでは? 前編では主に北村弁護士の健康法についてうかがってみました。
(聞き手:河尻亨一)

事件のストレスを抱えて生きていくのは大変辛いものがある

− 北村先生はゴルフと野球がお好きというお話をよくされていますが、それはやはり仕事の息抜きとしてやってらっしゃるんでしょうか。

北村(晴男氏 ※以下、北村)ゴルフですか? 結果的にすごくいいストレス解消になってますよ。重たい事件を抱えてる時なんかは特に。ゴルフ中に事件のことが一切頭に浮かばないか? というとそうでもなくて、ふと頭をよぎることはあるんですけどね。それでも、ひと時は仕事のストレスから解放されます。

まあ、弁護士というのは“ストレス請負業”ですから(笑)。事件当事者の方々が受けている紛争のストレスを、我々が半分以上背負うわけです。できるだけいい形で事件を解決しなければいけないというプレッシャーもあるし、こういう証拠があるはずなのにちっとも出てこないとか、ストレスの種が色々あるんですよ。

事件によってはクライアントが必ずしも100パーセント正しいわけではなく、「なんでこうなったんだろう?」と考えるところから始まるとかね。常時30〜40件、もう少し多い場合もありますけど、そういう仕事に同時並行的に取り組んでいかなきゃいけないわけで。

− 常時30〜40件抱えてらっしゃるんですね。

北村ええ、少なめに言ってですよ。ちょっとした交渉事件などを入れるともう少し数は多くなるんですけど、その中でも特にストレスの強い事件というのがありまして、そのストレスを抱えたまま生きていくのは大変辛いものがある。そういった日々の中で、時にはゴルフや野球をやってストレスを解消しているのは、おそらく私の健康にとってプラスになってるでしょうね。検証できないのでわかりませんけど(笑)。

− 野球は今も続けてらっしゃる?

北村減りましたけどね。野球のほうは年にせいぜい2〜3回でしょうか。弁護士生活の前半、10〜15年くらいはかなり一生懸命やってました。毎週土曜日に試合がありましたから、準備のためにジムやバッティングセンターに通ったり、家でバットを振ったりと。さすがに野球の場合は試合中に事件のことを思い出すことはほぼなかったですね。野球はからだとアタマを激しく使いますから。

プロに勝った時の爽快感は、寿命を5年くらい伸ばしてくれるんじゃないかと(笑)

− ゴルフと野球以外のスポーツはやってらっしゃらないんですか。

北村一切やってないです。ゴルフと野球のみ。人生短いですからね。あれこれやったらどれも下手なままで終わっちゃうでしょう? 多少はうまくなりたい気持ちがあるので、これ以上手を出そうとは思ってないですね。

− お話を聞いていて、ゴルフのストレス解消力はすごいんじゃないかという気がしてきましたが、私を含めこの連載を読んでいる方の中には、ゴルフをやらない方もいらっしゃると思いますので、先生にその醍醐味を語っていただきたいと。どのあたりが面白さなんですか。

北村ゴルフの最大の魅力は、ある程度年齢がいってから始めても上手くなれることでしょうね。瞬発力や持久力といった身体能力も大事ですが、むしろ細かい技術や考える力が要求されるスポーツです。ゴルフの場合、例えば50歳で始めたとしても、プロに教わりながら一生懸命やるとすると、人によっては5年でシングルになる可能性もあります。

シングルプレイヤーというのは、一応うまいとされてるレベルですね。もちろんプロになるには身体能力が抜群じゃないと無理ですけど、そうでないアマチュアでも充分楽しめるところもゴルフの良さだと思います。アマチュアがプロと一緒に回るのも非常に楽しい。18ホールトータルだと明らかに何十打も差がつきますが、1ホールだけは自分がバーディを取って、プロがパーということもありえますので。

− たとえ1ホールだけでもプロに勝てたら気持ちよさそうですね。

北村ええ、その時の爽快感というのは、寿命を5年くらい伸ばしてくれるんじゃないかと。これも検証できませんけど(笑)。