賢者の仕事、賢者の健康

Vol.14仕事を成功させる日本の"パスワーク"
苅部俊二氏 インタビュー(前編)

今回の賢者

PROFILE
陸上競技部監督苅部俊二

1969年神奈川県生まれ。陸上競技の実業団選手として富士通に勤務し、1996年アトランタ五輪日本代表、2000年シドニー五輪日本代表としても活躍。元400mハードルの日本記録保持者。陸上競技者として現役でありながら、1999年には筑波大学大学院体育研究科修士課程を修了。同年には法政大学経済学部非常勤講師も務める。競技者引退後の現在は母校である法政大学でスポーツ健康学部の准教授として勤務し、法政大学陸上競技部の監督として、指導者としても活躍している。また、陸上競技日本代表の男子短距離部長も務めており、活躍の場を広げている。

各界の一線で活躍するキーパーソンが、「仕事と健康」について語るインタビュー連載「賢者の仕事、賢者の健康」。今回のゲストは、法政大学陸上競技部の監督を務める苅部俊二さん。リオ五輪での「男子400mリレー」の活躍は記憶に新しいところですが、男子短距離部長として日本を銀メダルへと導いた方でもあります。前編では「仕事がうまくいく"パスワーク"」についてお話を。
(聞き手:河尻亨一)

改良に改良を重ねたバトンパス

− 苅部さんは現役陸上選手としてアトランタ五輪とシドニー五輪に出場、その後指導者として、北京、ロンドン、リオと計5つのオリンピックを体験されています。昨年の「男子400メートルリレーの銀!」は盛り上がりましたね。あのメダルはなぜ獲れたんでしょう? のっけから素人じみた質問で恐縮ですが。

苅部(俊二氏 ※以下、苅部)うーん、そうですね。理由はたくさんあると思うんですけど、大きく言うとひとつは、日本の短距離のレベルがある程度上がってきたということ。9秒台の選手はまだいないとはいえ、10秒そこそこの選手が揃ってきています。

もうひとつは、バトンパスで他の国に比べてスピードが落ちないんですね。他の国は個々の選手は早いんですが、バトンパスでのスピード低減が大きい。一方、日本はまるで一人の選手が走り続けるかのように、スピードが落ちないバトンパスをしています。選手個々の走力が他国に及ばなくとも、スピードが落ちないので互角に戦えるわけです。

− そのバトンパスのすごさも話題になってましたね。日本の場合「アンダーハンドパス」という方法を採用していると聞いたのですが、それについて少し解説していただきたいと。

苅部まず現在の世界の主流は「オーバーハンドパス」なんです。多くの方が学校の体育の授業などで教わったのがそれで、上から「はい!」って渡すパスですね。一方、いまの日本チームが取り入れているのは下からすくいあげるように渡す方法で、「アップスイープ」と言ったりもします。

アンダーハンドの場合、バトンを受け取る側はあまり高く手を上げず、少し低いところで渡します。現在は主に日本とフランスが採用しているんですが、実は東京オリンピックまで遡ると、こちらが世界の主流だった時期もあるんです。日本は2001年にもう一度アンダーハンドを見直そうということで採用し、改良に改良を重ねて今日に至っています。