賢者の仕事、賢者の健康

Vol.15ボクシングやってる限り、いつも具志堅用高でいたいからね。
具志堅用高氏 インタビュー(後編)

今回の賢者

PROFILE
元プロボクサー具志堅用高

1955年6月26日、沖縄の石垣島に生まれる。1974年にボクシングでプロデビューし、1976年、プロ入り9戦目となるWBA世界ジュニアフライ級チャンピオンに挑戦し、勝利。世界チャンピオンの座に輝く。以降、日本人最多の世界戦13度防衛を達成した。現役引退後は白井・具志堅スポーツジムを設立し、ジムの会長を務めつつ、タレントとしてもお茶の間の人気者として活躍。2015年6月14日には国際ボクシング殿堂入りも果たした。

各界の一線で活躍するキーパーソンが、「仕事と健康」について語るインタビュー連載「賢者の仕事、賢者の健康」。元プロボクサー・具志堅用高さんへのインタビュー後編です。数々の「具志堅用高伝説」はどうやって生まれたのか? 具志堅さんの今の夢とは? チャンピオンの素顔に迫ります。
(聞き手:河尻亨一)

「よくこれでゴルフ場まで来れたな」って言われたよ

− ここまでは主に、具志堅さんの現役時代のお話をうかがってきました(前編)。ここからは引退後のエピソードや具志堅さんの健康法やストレス解消法についてもご質問してみたいと思うのですが、先ほど趣味のゴルフのお話が出ましたので、まずはそれに絡めて。

来る前に具志堅さんの本を読ませていただいたんですけど(『具志堅良好! 語録』)、10年くらい前、自家用車でゴルフ場に向かっている最中に、トラックが割り込んできたのを避けようとして中央分離帯に突っ込んだってお話、ホントですか? 本当なんでしょうけど。

具志堅(用高氏 ※以下、具志堅)本当、本当。今生きてるのがおかしいくらいよ。突っ込んだ反動で前後左右にぶつかってね。2回転はしたんじゃない? 割れた窓から逃げたんだけど、車はぺっちゃんこだったね。

「もうちょっとスピード出てたら…」と思うとゾッとするよ。ああいうのは一瞬のことだから。ヤバいと思ってハンドルだけぎゅっと握って離さなかった。気づいたら中央分離帯から反対側の路肩に止まってたもんね。

− 怪我もされず、ご無事で何よりだったわけですが、尋常じゃないと思ったのが事故後に事情聴取などを済ませて、その足でゴルフ場に向かったと。

具志堅行ったよ! だってどこも痛くないからさ。救急車に乗れって言われたんだけど、ゴルフに行きたいって言って呆れられた。で、「自己責任で救急車には乗りません」っていう書類にサインしてね。だって長年傷めてた頸椎も痛くなくなってたんだよ?

− 悪かったところが治ったんですか?

具志堅治ってたね。その時、パートナーはもうプレイしてるんだ。だからオレ、電話して「先にスタートしてください」って。で、料金所までJAFの人に乗せてもらって、そこからはタクシーで。着いたらちょうどハーフ終わった頃だった。

− あの…読んでいる方にはそれ、まったく参考にならない治り方だと思うんですが(笑)、なぜ、そこまでしてゴルフへ? ということは気になります。

具志堅いや、好きだからね、ゴルフ。相手も、どんな事故かわからないからさ。あとでみんな騒いでたよ。「よくこれでゴルフ場まで来たな」って。

おっかしいよね。開かなくなったトランク、ボーンと開けてさ。そこからゴルフバッグ出して、着替えのバッグは道に放り出されてたから、それを拾いに行って。一人でそんなことやってるなんて。