賢者の仕事、賢者の健康

Vol.7不器用なんでしょうね。自分がいるのは周りの方々のおかげです
藤本隆宏氏 インタビュー(前編)

今回の賢者

PROFILE
俳優藤本隆宏

1970年生まれ、福岡県出身。元競泳選手、元劇団四季団員。1992年、バルセロナ五輪 競泳 400m個人メドレー8位入賞(日本人史上最高位)の成績を残す。オーストラリアに水泳留学中にミュージカルに感動し、舞台俳優を志す。1995年に劇団四季へ入団。1997年シェイクスピアの『ヴェニスの商人』で初舞台を飾る。その後テレビドラマへ進出。TBS『JIN-仁-完結編』、NHK大河ドラマ『平清盛』、NHK連続テレビ小説『花子とアン』へ出演。2016年にはNHK大河ドラマ『真田丸』の堀田作兵衛役に抜擢。元オリンピック選手で俳優という異色の経歴を持つ。
>公式サイト

各界の一線で活躍するキーパーソンが、「仕事と健康」について語るインタビュー連載「賢者の仕事・賢者の健康」。今回のゲストは俳優の藤本隆宏さんです。人気の大河ドラマ「真田丸」で、堀田作兵衛役を演じるなど、役者として活躍中の藤本さんは水泳選手としてオリンピックに二度出場するという経歴の持ち主。そんな藤本さんの仕事と健康への向き合い方をうかがってみました。
(聞き手:河尻亨一)

僕自身はあくまで“商品”のひとつ。ニュートラルな存在でありたい

− 大河ドラマ「真田丸」では、真田信繁に仕える堀田作兵衛役を演じてらっしゃいます。作兵衛というのは、戦国武将の中ではそれほど目立つ存在ではないと思うのですが、ドラマの中で好演していますね。

藤本(隆宏氏 ※以下、藤本)そもそも三谷幸喜さんの台本に突拍子もないことが書いてありますから(笑)。堀田作兵衛という人については資料もあまり残っていませんし、ドラマに登場することも少ないので、そのぶんイメージにとらわれず自由に演じられる部分はありますね。楽しんでやらせていただいてます。

自分は毎回フルで出演しているわけではないんですけど、撮影もすごくいい雰囲気で。主演の堺雅人さんを始め、まわりも超ベテランの役者さんばかりですから安心して芝居ができます。

自分では気づかなかったのですが、放送を見てくださった方々から「作兵衛が出るシーン、ほっこりするね」というものや「戦ばかりの戦国時代なのに、作兵衛が出ると笑顔になれます」といったご感想をいただくこともあって、とてもうれしいです。

− 例えばどんなことを意識しながら演じているのでしょう?

藤本自分をアピールしたいというより、僕自身はあくまで“商品”のひとつという意識があります。監督や関係者、視聴者のみなさんに喜んでいただくことが仕事だと思っており、そのスタンスを大切にしています。

ニュートラルな存在でありたいんです。自分で「こうしよう」と頑張りすぎてうまくいかなかった経験も多くて。役者になったばかりの頃は、台本を読みすぎて相手のセリフまで覚えたりしていたのですが、あえてわからない状態で臨んだほうがいいケースもあります。今もそのバランスを見極めようとしているところで。