ひとり暮らしと健康に関する意識調査

2022年03月14日

  • トピックス
  • 調査
ひとり暮らし歴2~5年の“先輩”と、春からひとり暮らしを始める“新人”に聞いた
「ひとり暮らしと健康に関する意識調査」

まもなく新生活シーズン。春からひとり暮らしを始める人、3人に1人が「一人でやっていけるか不安」
一方、経験者は「ひとり暮らしを始めてよかった」と回答した人が98.0%!
コロナワクチン接種による副反応で実感?ひとり暮らしで困ったこと1位は「体調不良でも一人」
 第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区)は、新生活が始まるシーズンに向けて、ひとり暮らし経験者と、この春からひとり暮らしを始める新人を対象に「ひとり暮らしと健康に関する意識調査」を実施しました。
 その結果、ひとり暮らし経験者の多くは「体調が悪いときに一人でどうにかしないといけない」ことに困った経験があること、そしてひとり暮らし経験者・新人ともに、「セルフケアの重要性」は意識しているものの、正しい方法についてしっかりと理解できている人は少ないことが明らかになりました。
 これらの調査結果を踏まえ、薬剤師でありセルフケアを推進する鈴木伸悟先生に、ひとり暮らしにおけるセルフケアの重要性についてご解説いただきます。

※本調査でのセルフケアの定義は「自分自身で健康を守り対処すること」としています。
【TOPIC1】春からひとり暮らしを始める新人に聞く|ひとり暮らしで不安なこと1位は「お金のやりくり」
・ひとり暮らしに対する気持ち:約4割が「ワクワクする」と回答した一方、3人に1人は「一人でやっていけるか不安」
・ひとり暮らしで一番楽しみなこと:1位「同居人に干渉されず、家の中で好きなことができる」
・ひとり暮らしで一番不安なこと:1位「お金のやりくり」、2位「家事」、3位「体調が悪いときでも一人」
【TOPIC2】ひとり暮らしの先輩に聞く|ひとり暮らしで困ったこと1位は「体調不良でも一人」
・ひとり暮らしの満足度:ほぼ全員(98.0%)が「ひとり暮らしを始めてよかった」と回答
・ひとり暮らしを始めてよかったこと:1位「自分の生活リズムで生活できる」
・ひとり暮らしを始めたことによる変化:1位「家事(掃除・洗濯 等)のスキルが身に付いた」
・ひとり暮らしをしている中で困ったこと:1位「体調が悪くても一人でどうにかしないといけない」
【TOPIC3】ひとり暮らしのセルフケア|セルフケアの「重要性」は分かっていても、「理解」している人は6割台にとどまる
・ひとり暮らしにおけるセルフケアの重要性:「重要だと思う」と回答した人は9割以上
・ひとり暮らしにおけるセルフケアの理解度:「理解していると思う」と回答した人は6割台
・ひとり暮らしの先輩に聞く、体調不良時に備えて常備しているもの:1位「体温計」
・ひとり暮らしの先輩に聞く、体調不良時に役立ったもの:1位「頭痛薬や風邪薬などの常備薬」
【TOPIC4】鈴木伸悟先生が解説|知っておくべきひとり暮らしにおける「セルフケア」の重要性
・「セルフケア」は、日常生活の生産性のアップ/仕事・勉強のパフォーマンス能力のアップにもつながる
・「効き目の強さで選べば早期回復しやすい」は誤り。多くの人が間違えがちなセルフケアの知識
・ひとり暮らしにおいて心得ておくべき「正しいセルフケアの方法」
・誰かとコミュニケーションを取ることも「セルフケア」。これからひとり暮らしを始める人へのアドバイス