ガールズ本音リサーチ

Vol.24「世の女子たちの行く年来る年」
を徹底リサーチ!

ちょっと気になるこんなデータ

過去のアンケートで聞いた「季節で変わる、ボディの肌悩み」については、以下の結果となりました。

※2017年9月号健康美塾プレゼントアンケートのうち 20-60代女性 3,248人

こうしてボディの肌悩みを比べてみると、皆さん、季節によって異なる悩みをかかえていることが分かりました。春夏シーズンには、汗をかいたり紫外線ダメージを受けやすい季節に起こりがちな”あせも”や”湿疹”がランクイン。一方秋冬には、体全体の乾燥が気になる人がぐっと増えるのに加え、見た目も気になる”粉ふき”に悩んでいる方も多いようです。

季節の変化に合わせて、私たちの肌は敏感に反応しているんですね。そこで今回は、肌だけでなく、この一年の出来事についても振り返ってみました。それでは、ここからはなめ子さんにバトンタッチ!

  • 今月のプレゼントアンケートにも答える!

一年を振り返ると、いろいろな思いがよぎって目頭が熱くなり、涙が肌を潤します。まずは一年なんとかやってこれたことに感謝しつつ、ねぎらい合い、思いを共有していきたいです。最初のご質問は、どんな一年だったかについてです。

2017年はどんな一年でしたか?

(2017年11月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=500)

「良い年だった」、と「とても良い年だった」を合わせて45%。「どちらでもない」を超えて、2017年は幸せだった人がたくさんいました。他人事とはいえ、嬉しいです。「悪い年だった」という方、お疲れさまです。
良い年だったという答えが多い日本は平和なのだと思い、感謝したいです。ちなみに私は「どちらでもない」。今まで振り返ってもずっとそうかもしれません……。どちらでもないところでバランスを取っていたいです。

続いて、2017年を表す漢字について聞いてみました。

2017年を漢字一文字で表すなら?
  • 幸(34才・会社員 その他多数)
  • 進(28才・パート)
  • 酒(32才・会社員)
  • 遊(30才・会社員)
  • 楽(20才・学生 その他多数)
  • 忙(29才・会社員 その他多数)
  • 耐(37才・その他)
  • 疲(26才・会社員 その他多数)
  • 誘(37才・会社員)
(2017年11月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=500)

漢字は一文字で思いが込められて、言霊の情報量が多いです。ちなみに某美人女優の2017年の漢字は「礼」だそうで、さすが美しいです……。
「酒」「遊」「楽」あたりの言葉を答えた人もいて、プライベートが充実していそうです。
「忙」「疲」「耐」と答えた方は、仕事に励んだ一年だったのでしょうか。
私が2017年の漢字を聞かれたら「冥」と答えたいです。去年から続いて、あの世について、臨死体験について取材していました。そして最近仕事で取材した中で三人の方が昇天、友人もひとり、天に召されて……ご冥福を祈りました。しめやかな話で恐縮です。

次は、2017年、懺悔したいことはありますか? というプライベートな質問をさせていただきました。

2017年を振り返って「懺悔したい!」ということはありますか?
  • 無駄使い(35才・会社員)
  • 部屋がちらかったままでごめんなさい(32才・会社員)
  • 憎しみ(37才・その他)
  • だめ男に引っかかってしまった(37才・パート)
  • 夜中にラーメンを食べた(32才・会社員)
  • ありすぎて書ききれない(32才・会社員)
  • 仕事を適当にした(25才・学生)
  • 結婚を考えている彼氏がいるのに、マッチングアプリや婚活パーティーなどで新しい人探した(25才・会社員)
(2017年11月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=500)

一読し、懺悔といっても、そんなに深刻な罪ではないので皆さん大丈夫です。
「部屋がちらかったままでごめんなさい」誰に謝っているのか謎ですが、アンケートに書くことによって、自分のハイアーセルフにはちゃんと伝わっていると思います。「だめ男に引っかかってしまった」というのも後日武勇伝になると良いですね。「夜中にラーメンを食べた」「無駄使い」「仕事を適当にした」そのくらい、誰でもやっていると思います。問題ないです。一言「憎しみ」と書かれた答えも気になりました。でも憎しみに気付いて懺悔できることはすごいことだと思います。私の場合「憎しみ」まではいかないにしろ「苛立ち」は無意識のうちに数えきれないほど感じていたかもしれません。自分の内面に意識を向けて、懺悔することで浄化されたいです。

続いて、厄年や大殺界の方に伺ってみました。

私こそは2017年、厄年だった!大殺界だった!という方、どんな年でしたか?
  • 【悪いことがあった】
  • 車の事故が多かった。仕事もうまくいかなかった。(35才・パート)
  • ペットのモモンガ2匹が怪我して手術。原因不明な指の痛みや身体の不調が続いた。旦那がウイルス性肝炎になった。娘も病気が続いた。(32才・会社員)
  • 【良いことがあった】
  • 2017年は結婚して子供も授かった。厄は感じなかった。(32才・パート)
  • 【番外編】
  • 毎年厄年だと思います。(33才・パート)
  • 大殺界という言葉を初めて聞きました(22才・アルバイト)
(2017年11月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=500)

車の事故、夫の浮気、原因不明な不調など、大変だった方もいらして、心中お察しいたします。でも命に別状はなくて、アンケートに答えられるくらい、少し余裕もあって良かったです。
厄年もしくは大殺界でも、何もなく平穏な年だった、というお答えもありました。厄年や大殺界はむしろ気にしないほうがスルーできるのかもしれません。今年そうだと思うと、何かが起こると身構えてしまい、かえって災難を引き寄せかねません。「大殺界という言葉を初めて聞きました」そのくらいのスタンスが、むしろ厄除けになりそうです。
でも厄払いは厄払いで、お寺や神社の儀式などは結構楽しいので(お坊さんのリズミカルな読経でトランスっぽくなったり、巫女さんの舞が目の保養になったり……)、行かれてみるのもおすすめです。

続いて2018年、チャレンジしたいことについて聞いてみました。

いよいよ2018年。どんなことにチャレンジしたいですか?
  • アプリ開発(35才・会社員)
  • 海外ひとり旅(36才・会社員)
  • 整理整頓(31才・パート)
  • フルマラソン完走(39才・会社員)
  • みんなを幸せに出来るような仕事がしたい(37才・パート)
  • 鼻の整形(23才・アルバイト)
  • 勇気と強さを強化したい(29才・会社員)
  • お遍路さん(28才・会社員)
(2017年11月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=500)

「アプリ開発」「整理整頓」「海外ひとり旅」など、一個だけ、具体的なことを書くと、達成できて脳の報酬系も活性化しそうです。「勇気と強さを強化したい」「みんなを幸せに出来るような仕事がしたい」などと、漠然としていながらも意識が高い目標も素晴らしいです。
以前、よく、新月の日に月に目標やお願い事を書いていたのですが、当時の紙(10年くらい前)を発掘したら「人生に平和と調和が生まれますように」「宇宙のパワーや癒しのエネルギーが体に注がれますように」「威厳ある幸福オーラを発せますように」といった、抽象的な項目が多かったです。叶ったかどうか不明です。昔書いた目標は、あとで発掘すると感慨深かったり笑えたりします。ぜひテキストで打つだけでなく、紙に書くことをおすすめいたします。その方が成就することでしょう。

続いて2018年の抱負について伺いました。

2018年の抱負を教えてください。
  • 両親を安心させたい(36才・会社員)
  • 有名になるために努力する。(28才・パート)
  • 家族みんなが健康で幸せに過ごせること(35才・パート)
  • さらなるキャリアアップ(35才・会社員)
  • 自分を好きになる年!(22才・その他)
  • 穏やかに過ごしたい。(29才・パート)
  • 年明けに籍を入れるので良い家庭を築けるようにがんばる(33才・会社員)
(2017年11月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=500)

個人的には、あまり目標と抱負の区別がついていなかったのですが、答えを見たらなるほどこれが抱負か、と感じ入りました。目標をさらにフォーマルにした感じでしょうか。さらに意識が崇高になり、「成長する年にする」「今より前進」「精神的に充実」など、素晴らしいです。抱負を聞かれてすぐに書ける人は、就職もうまく行っているイメージです。抱負とは「心の中に持っている計画」のことらしいです。せめて抱負だけでも「世界平和」とか答えてスケールが高い人間を装いたいです。

年末年始は世の中に目標や抱負などポジティブな思念が飛び交う時期なのかもしれません。ぜひその空気に便乗して、意義ある一年にしたいです。

今月のなめこの一句 書き初めで抱負を書いて引き寄せる

今回冒頭でご紹介したカテゴリーのアイテム

  • ミノン

    ミノンスキンソープ
    2017年も残すところあとわずか。本年も、健康美塾をご利用いただき誠にありがとうございました。来年も、皆さまにとって素敵な一年になりますように。そして、変化に敏感なお肌も、是非いたわってあげてくださいね。季節の変わり目などにお肌がゆらぎがちな時には、ミノンの原点である「スキンソープ」で、「洗う」を見直してみませんか?
  • ミノン ブランドサイトへ

PROFILE

辛酸なめ子さん
漫画家、コラムニスト。
埼玉県出身、武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。アイドル観察からスピリチュアルまで幅広く取材し、執筆。新刊は「妙齢美容修業」(講談社文庫)
  • 更新日 2017.12.26

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア