ガールズ本音リサーチ

Vol.20「なかなか聞けない!みんなの貯金事情」
を徹底リサーチ!

ちょっと気になるこんなデータ

過去のアンケートで聞いた「一年のうち、美白ケア(美白効果のあるアイテムを使うこと)」を始める時期はいつごろですか?」については、
以下の結果となりました。

※2017年7月号健康美塾プレゼントアンケートのうち 20-60代女性 4,443人

なんと、「美白ケアは年間を通して行っている」という人が半数以上という結果に。美塾の皆さまの意識の高さには驚くばかりです。美白ケアの効果を感じ始める目安は最低でも約1ヶ月目からといわれているように、なかなかすぐに効果が現れるものではありませんが、コツコツと積み重ねることが大切なんですね。

そんな今月のテーマは、同じくコツコツと貯めていきたい「お金」にまつわる世の女子のリアルな事情をリサーチしてみました。
ではここからは、いつもの通りなめ子さんにバトンタッチ!

  • 今月のプレゼントアンケートにも答える!

お金はエネルギーと言われていますが、使い方をまちがえると人間の人生を左右しかねないパワーを持っています。大金にもなると、人間関係にも影響を及ぼします。とくに貯金額は身近な恋人や友人、親戚であっても秘密だという風潮があります。しかし匿名のアンケートなら……ということで、今回は”貯金”という側面からお金にまつわるさまざまなエピソードを伺ってみました。まずは最初の直球な質問から……。

あなたは貯金していますか?
  • 20~24才
  • 25~29才
  • 30~34才
  • 35~39才
(2017年8月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=500)

8割以上の方が貯金しているという結果に。まだ就職していない人もいる20-24歳は若干少ないですがそれでも80%。働きだして余裕ができた25-29歳は85%。30-34歳で少しまた減って80%になったのは、生活環境の変化でお金を使うことが多いからでしょうか。そして親のことや自分の健康や老後が心配な35-39歳は87%と高いです。でも、貯金していない人も大丈夫です(たぶん)。去年のデータですが、アメリカ人7000人対象に金融関係のサイトが調査を行ったところ、貯金ゼロが34%。あっても1000ドル(約10万円)未満という人が69%だったそうです(※)。その理由について、生活レベルを高く保つため収入よりも多く使ってしまうことが考えられているとか。さすがワイルドな国民性です。貯金が減って不安にかられたら、皆で貯金ゼロなら怖くない、アメリカ人の楽観主義を思い出すと良いかもしれません。
※金融関係のニュースや情報を配信するアメリカのWEBメディア「Go Banking Rates」調べ

続いて貯金のきっかけについて伺いました。

貯金を意識し始めたきっかけや、始めたきっかけはなんですか?
  • 小学生のお年玉(25才・会社員)
  • 少額の宝くじが当たったのでそれから貯金を始めた(33才・会社員)
  • 怪我や病気をした時のためや、何か高いものを買う時がくるかも(35才・パート)
  • 将来のため(21才・学生)
  • アラフォーになってきたので(37才・会社員)
  • 基本は貯金はしていくものだと教わった(30才・その他)
  • お金を使わないので貯まる(37才・会社員)
  • 家出したから(20才・学生)
  • 自然と貯まる(35才・会社員)
  • 体調不良で働けない時期があったから(35才・会社員)
  • 結婚を意識しはじめてから(24才・会社員)
  • 国が信用できない、老後のため(31才・会社員)
(2017年8月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=413)

なんとなく、気付いたら貯まっていたという羨ましい人も多いです。結婚や老後のため、など明確な将来の目的を挙げる人も。「アラフォーになってきたので」というのも共感できます。「貯金は女の命綱」という言葉もあります。「家出したから」「体調不良で働けない時期があったから」と、人生の試練を経て貯金に目覚めた方もいます。きっとお金の大切さをわかって貯めているので、お金にも好かれていることでしょう。「国が信用できない」というシビアな答えもありました。知人にNY在住のドクターがいるのですが、その人も、今後銀行が機能しなくなる時代がくるかもしれないので、まず山を買って、お金はそこに埋めた方が良い、と言っていました。山を買う……調べたら意外と数十万の山がありましたが、でも埋めたらその瞬間に場所がわからなくなりそうです。結構リスキーな山預金です。日本円だけで持っておくのが心配という説もあるので、外貨とかゴールド、仮想通貨、投資信託などに分散すると安心かもしれませんね。とくにゴールドは、体重の5%の重さの分を買って部屋に置けば開運にもなると、Dr.コパ氏に教わりました。貯金の概念も銀行預金だけに限らず、自由に捉えたいです。

続いて現実的な、パートナーに求める年収の質問です。

彼氏や夫など、パートナーにどれくらいの年収を求めますか?

(2017年8月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=500)

平均すると443.5万円。やはり年齢が上になると相手に求める年収額も大きいです。でも、皆さんの答えは謙虚で欲が薄いかもしれません。ちなみに、総務省が発表した一世帯あたり(2人以上)の平均貯蓄現在高は、なんと1820万円です(※)。夫婦合わせての額らしいですが、格差社会で持っている富裕層が平均値を引き上げているのかもしれません。それでも見栄を張って多めに書いているのでは?と思いたいくらいですが……。ちなみに私は相手に求めるのは、もはや借金さえなければ良いというくらいです。周りで借金持ちの彼がいる人の話を聞くと、借金が億とか多くなるほど男だ、とまた逆の価値感があるらしく、その方向には行ってほしくないというのがせめてもの願いです。
※平成29年5月16日総務省発表の家計調査報告(貯蓄・負債編)より。

続いて、金運アップの参考になりそうな、お金にまつわるルールについての質問です。

お金にまつわる「これだけはしてる!」などの“自分ルール”はありますか?
  • 毎月積立(25才・会社員)
  • とくになし(22才・学生)
  • お札の向きは揃える(25才・会社員)
  • 支出のレシートは必ず残して記録する(24才・パート)
  • 500円玉貯金をしている(34才・パート))
  • 年金保険で老後に備える(38才・会社員)
  • 人にお金は貸さない(31才・会社員)
  • 時間外手数料がかからない時間にATMを使う(37才・パート)
  • マネーフォワードでお金の管理(24才・会社員)
  • 会社行く前に、玄関を掃除する(31才・会社)
  • 財布のなかに最低限の額しか入れない(30才・パート)
(2017年8月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=500)

「とくになし」という方が多数派でしたが、お金のルールは現実的な内容と、開運テクに二分化されているのが興味深いです。前者は「毎月積立」「マネーフォワードでお金の管理」など、具体的。「マネーフォワード」という家計簿アプリの存在をはじめて知りました。家計簿は支出を計算するのが怖くて付けられませんが、現実に目を向けるのが貯蓄美人の第一歩なのでしょう。開運テクニックでは「お札の向きは揃える」「会社行く前に、玄関を掃除する」など。どれも金運を高めるためにはマストだとされています。最近はお財布を寝かせるための布団一式まで売られているくらいです。そこまで行かないですが、私の普段やっているささやかな金運アップ術をご紹介いたします。まず、長財布でお金に窮屈な思いをさせない、というのは結構メジャーなルールです。お札の向きを揃えて、飛んでいかないように顔を下向きにお財布にin。そしてお札は福沢諭吉、野口英世など男性が多いので、女性、樋口一葉の五千円札を何枚か入れると男性の札が引き寄せられてくる気がします。お金に好かれるため、時間があれば、福沢諭吉のお墓にお参りするくらいした方が良いかもしれません。(以前勘違いして夏目漱石のお墓参りをしてしまいました……) ATMでお金を降ろしたときは、お札に心の中で、ようこそいらっしゃいました、と挨拶すると、お金と良い関係が築けます。使う時は、もっと一緒にいたかった、という思いをこめて……。人間関係は淡泊ですが、お金関係は手厚いかもしれません。

お金に対して汚れているとか、お金儲けは良くないとか、マイナスのイメージを持つ方がいますが、それだとお金を寄せ付けなくなってしまってもったいないです。お金は純粋なエネルギーなので、良い使い方をすれば、良い循環でまた巡ってきてくれると思います。一番運気を上げるのは寄付などの善行かもしれません。多すぎても少なすぎても落ち着かない貯金額。でも日々ポジティブに、将来を悲観せずに生きていけば、必要な時に必要なだけ入ってきて、お金に困ることはないように思います。

今月のなめこの一句 ポジティブに使えばお金に好かれます

今回冒頭でご紹介したカテゴリーのアイテム

  • トランシーノ薬用ホワイトニングリペアクリームEX

    トランシーノ薬用ホワイトニングリペアクリームEX
    お金も自分のお肌も、一生付き合っていくもの。ポジティブな気持ちで向き合いたいですね。“コツコツ美白”の皆さんにこの時期おすすめしたいのが、「トランシーノ薬用ホワイトニングリペアクリームEX」。
    秋~冬にかけては、夏の紫外線で肌にたまった残存メラニンや紫外線ダメージが、ターンオーバーで表面に出やすい時期。
    毎日使える“塗る美白マスク”でしっとり保湿して、肌をやわらかく整えてあげましょう。
  • トランシーノ ブランドサイトへ

PROFILE

辛酸なめ子さん
漫画家、コラムニスト。
埼玉県出身、武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。アイドル観察からスピリチュアルまで幅広く取材し、執筆。新刊は「妙齢美容修業」(講談社文庫)
  • 更新日 2020.02.21

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア