ガールズ本音リサーチ

Vol.17「身の回りにあるムダなあれこれ」
を徹底リサーチ!

ちょっと気になるこんなデータ

過去のアンケートで聞いた「あなたがむだ毛ケアをするのは?」については、以下の結果となりました。

※2016年9月健康美塾プレゼントアンケートのうち 20-60代女性 6,154人

全体では、約4割が1年中、約4割が夏中心のムダ毛対策をかみそりで行ってるそう。
1年中むだ毛ケアをしているという人は若い方ほど多く(露出も多いのかも?)、夏を中心にというのは40-50代の方が若干高くでましたが、かみそり以外の方法でのムダ毛対策も40-50代の方が2割近くと高い傾向だったので、永久脱毛などで季節に関わらずケアしている方が多いのかもしれません。

ところで、ムダ毛ケアとは一般にいうけれど、「ムダ毛とは本来必要だったはず」。こすれる際の摩擦を避けたり、傷つかないように体を守ったり・・・なのに、いまや全くムダ扱いだなんて、思えばかわいそう」という気持ちになってきた今回は、「ムダなモノって何!?」なテーマです。
では、ここからはなめ子さんに斬り込んでいただきましょう!

  • 今月のプレゼントアンケートにも答える!

ムダ毛が実は必要だった説……すでに脱毛サロンで処置してしまった身としては軽くショックです。まだカミソリの方が毛根が生きていて、ムダ毛も復活の余地があります。世の中に実はムダなモノはないのでしょうか。
ムダなモノがテーマのアンケート。まずは、身の回りの人材について聞いてみました。

あなたのまわりに、「ムダにイケメン」や「ムダに美女」と思う人はいますか?

(2017年4月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=500)

意外なところにイケメンや美女を見つけると嬉しくなりますね。今までもったいないと感じたイケメンは、工場見学で発見した、仕事中はマスクやヘルメットでほとんど顔を覆っている作業スタッフです。恋人とか奥さんとかが独り占めできるのでしょうか。個人的には、ムダなイケメンといえば、カナダのトルドー首相です。

話は変わって、現実的なテーマに……。世の中のムダだと思うことについてアンケートしてみました。

あなたが思う、世の中にある「これってムダだな~」と思うことがあれば教えてください。
  • 私の贅肉(33才・会社員)
  • 過剰包装(36才・パート)
  • スキル表(28才・会社員)
  • 接待(22才・学生)
  • アボカドの種とりマシーン(24才・学生)
  • 社内の飲み会の後の御礼メール(30才・会社員)
  • 芸能人の数(32才・会社員)
  • 店毎のポイントカード(34才・その他)
  • お刺身に乗ってるタンポポ(33才・会社員)
  • 女子の結論のない日記調のトーク(31才・会社員)
  • ラムネの中のビー玉(20才・学生)
(2017年4月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=500)

共感できる部分もある辛口コメントの数々。芸能人に関しては「日本タレント名鑑」に載っている人で1万人以上いるそうで、実際はその何倍もいると思われるので飽和状態です。社内の飲み会の後の御礼メールなど仕事にまつわるものをムダとするお答えもあります。カットしたら会社の生産性も上がりそうですが……。ただ、アリの社会に、働きアリだけでなく怠けているアリが一定数必要なように、意義のある仕事の中にも無意味な仕事があった方がバランスが取れるのかもしれません。毎日100%、すごい成果で充実している仕事ぶりの人がいたら、それはそれで怖いというか、何かのきっかけで心が折れてしまう危険も感じます。ムダな時間に適度に気を抜いたり省エネモードで働くのが良さそうです。「スキル表」というのも気になりましたが、調べたら、年齢とスキルのレベル、年収が表になっていて、厳しい現実を見せつけられました。ムダなものとして排除したくなる気持ちはわかります。「ラムネの中のビー玉」は、リサイクルできてエコロジーらしいです。「お刺身に乗ってるタンポポ」は食用菊で、殺菌効果も少しあるみたいです。(大体はプラスチックでできてますが・・・)ムダだと思えるのも、けなげに役に立とうとしているみたいで、かわいく思えてきます。

続いて、ついやってしまうムダな習慣について聞いてみました。

あなたが「これってムダかも・・・」と思いながらもやってしまうことや、やっている習慣などがあれば教えてください。
  • ジャムとかの空き瓶をついとっておいてしまう(21才・その他)
  • プチプチを潰す(29才・パート)
  • 寝る時に足元を少し高くして寝る。でも多分すぐ足をどかしてる。(25才・会社員)
  • 値段だけが高い流行りのオーガニック食品。日が経てば流行終わりになるのについ買っている事(37才・パート)
  • ダイエット(28才・会社員)
  • 毎日体重計に乗る(26才・学生)
  • 誰からも感謝されない評価もされない会社の掃除(35才・会社員)
  • スーパーやコンビニで、客ですがお礼をいっちゃう(34才・会社員)
(2017年4月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=500)

健康関係のお答えが多いですね。「寝る時に足元を少し高くして寝る」と書いている方がいますが、私も足のむくみを取るためさまざまな器具を買っては三日坊主になりました。血流を良くする靴下とか、寝る時に足を乗せる枕とか、足つぼを押す中敷きとか……。結局長続きせず、ダサいものが部屋に増えただけになってしまいました。でも、どこかの会社の売上げには貢献できたと、強引にムダじゃなかったと自分に言い聞かせています。「スーパーやコンビニで、客ですがお礼をいっちゃう」これもよくあります。品物の袋を手渡してもらって「ありがとうございます」と、洋服屋などでも自分からお礼を言ってしまいます。反射的に、相手の機嫌を取ろうとしてしまうのでしょうか。でも、「ありがとう」という言葉自体にはポジティブなヴァイブスが宿っているので悪い癖ではないと思います。それより個人的には「すみません」を連発してしまうムダな癖をなんとかしたいです。

「誰からも感謝されない評価もされない会社の掃除」と、ムダだと謙遜している方もいますが、素晴らしい行いで、人は見ていなくても神様は見ているので、いつか絶対良いことあると思います。

あなたが、ムダだと思っていたけど、そのおかげで得をしたことや、やっててよかったという経験があれば教えてください。
  • 受験勉強(29才・自由業)
  • 家庭菜園、難しいけど取れたときが嬉しい(26才・パート)
  • 人が気持ち良く過ごせるようにと思ってやった小さな事(37才・自営業)
  • 寝る前の数回の腹筋(33才・パート)
  • 人に気づかれない程度のさり気ない気遣い。気づかれてた。お礼言われた。(31才・会社員)
  • 毎日胸のマッサージを行なっていて、効果はないと思っていたがいざ彼氏ができると触り心地が良くて好評だった(21才・学生)
  • 愛想笑い(37才・公務員)
  • メモっといたのをなかなか捨てられなかったんだけど、後で必要になって、捨てなくてよかったなぁと思った(21才・その他)
(2017年4月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=500)

ムダが一転してポジティブな方向へ……。「受験勉強」「家庭菜園」など手堅いです。「愛想笑い」はできる人はやっておいた方が、地味に仕事などに影響していそうです。また、お寺の説法で聞いたのですが、たとえ作り笑いでも、「笑顔施」といって仏教ではお布施や善行の一つとされているので、周りの人を幸せにすることで自分も幸せになれます。「胸のマッサージ」も、自分よりも相手が気持ちよく触れる肌質になったということで、ほぼ善行ではないでしょうか。謙虚にムダだと言いながら、実は世の中に貢献している日本人の美徳を感じさせるアンケート結果になりました。

続いて、やってしまったムダな言動について質問させていただきました。

あなたが、今だから言える「言わなきゃよかったムダな一言」や「やらなきゃよかったムダな行動」などがあれば教えてください。
  • 悪口に同調してしまった時。無駄に敵を作ってしまった。(26才・パート)
  • 「私それ知ってる」系のこと。人の話は黙って聞く方が場の空気を壊さない。(34才・その他)
  • 太っている人の前で、無意識に「(自分が)痩せたいんだよね」っていう一言(25才・会社員)
  • 人間関係良くするためにちょっと褒めたら、間に受けやすい人だったみたいで、その後褒められ待ちをされるようになった(30才・パート)
  • 自分が年齢よりも若く見えるので、「そんなことないですよー実は歳いってるんですw」と、自分よりも確実に年上の人に言ってしまったこと(34才・パート)
  • 痩身のエステ。70万ほど無駄になった(23才・会社員)
  • 目上の人に対して、もう知ってることを教えられた時「それ知ってます」と言ってしまうのはとても無駄な一言だと思った。その一言で印象が良くなることはなくても、悪くなることはあるな、と。(20才・会社員)
(2017年4月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=500)

「悪口に同調してしまう」というのは罪悪感にかられますね。自分からは悪口を言わなくても、つい前のめりで聞いてしまい、そのあとしばらく肩が重くなったりします。怒りとか悪口とかは結局自分にダメージが来るのでムダな行為と言えます。「実は歳いってるんです」と年上の人の前で言ってしまうことも、女性にはよくあるシーンかもしれません。明らかに年上の人に年を聞かれて「もうヤバい歳なんで言えません」と答えたら微妙な空気になったことがありました。また、お答えにもありましたが、「知っています」とやたらアピールするのも相手の心証を悪くしてしまいます。先日、陰謀論に詳しい人とのトークで、ついエキサイトして自分の知っている情報をかぶせて言っていたら、ことごとくスルーされたことがありました。時には相手に花を持たせることも必要です。ただ、逆に「褒められ待ちをされるようになった」というコメントのように、人を持ち上げていたら、以降もホメを要求されることもあるので、見極めが重要です。一見ムダな経験を重ねていくことで、人間関係の微妙な加減も体得できるかもしれません。

ムダに使ってしまったお金、ムダに言ってしまった言葉など、ムダな物事で人は学んで成長できるのです。また、ムダなエピソードは共感できて、このように話のネタになります。ムダが全くない完璧な人生を送っている人とは会話してもつまらなそうな……。ムダこそが人間性に文を与えてくれるのです。

今月のなめこの一句 ムダなことあればあるほどネタになる

今回冒頭でご紹介したカテゴリーのアイテム

  • ミノン全身シャンプー さらっとタイプ

    ミノン全身シャンプー さらっとタイプ
    ムダと思っていたことにも意味があったように、「最初から生えてこなければいいのに・・・」と思ってしまうムダ毛(体毛)にも、外部刺激から肌を守ったり、体温調節をしたりともともと役割があったり・・・。
    とは言え、肌見せの季節はムダ毛を処理してつるすべ肌になりたいですよね。
    そんな時、かみそりまけでせっかくキレイにした肌が台無しにならないよう、ボディもスキンケアを意識して、肌のコンディションを整えておきましょう。
    うるおいを守りながらも、さらっとした洗い上がりが人気の「ミノン全身シャンプー さらっとタイプ」は、かみそり負け予防にも◎。
    夏の肌ケアのポイントは、過去の「季節のビューティアイテムの記事」もチェック!
  • ミノン ブランドサイトへ

PROFILE

辛酸なめ子さん
漫画家、コラムニスト。
埼玉県出身、武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。アイドル観察からスピリチュアルまで幅広く取材し、執筆。新刊は「妙齢美容修業」(講談社文庫)
  • 更新日 2017.06.01

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア