ガールズ本音リサーチ

Vol.9「みんなの気になる境界線」を徹底リサーチ!

ちょっと気になるこんなデータ

過去※のアンケートで聞いたボディタオルの共有度については、
以下の結果となりました。

※2016年6月健康美塾ミノン全身シャンプー(しっとり)プレゼントアンケートのうち 20-60代女性 4,794人

お風呂で使うボディタオルは、家族で共用していますか?
(ひとつ選択)

まずは、ボディタオルを使う方が9割近くという今回の美塾の皆様の日常の様子。
そんなボディタオル、家族で共有して使っているご家庭が約3割、別々なのが約6割(1人暮らし含む)というバランス。年代による差は無く、家族構成も、4人以上になると多少共同利用は増えるものの、そんなに大きく変わらない結果でした。
そんな所から今回の美塾は、家族で共同・別々の境界線って何だろう?という出発点。
気になる結果は、今回もなめ子さんから!

  • 今月のプレゼントアンケートにも答える!

空気を読む日本人だからこそ、見えない境界線にも敏感です。うっかり足を踏み入れてしまうと、心の扉を閉じられてしまうことも……。もしくは、自分が拒否感を覚えることもあるでしょう。今回は、家族や恋人や友人など親しい人との境界線に着目し、「みんなの気になる境界線」を徹底リサーチしてみます。

家族でも、勝手に使われると腹が立つものを教えてください。
  • 妹に・・・
  • 洋服(30才・会社員)
  • 化粧品を使われて置き場が変わること(36才・会社員)
  • 残しておいた高めのクリームを使われる(24才・会社員)

  • 親に・・・
  • 自分のパソコン(33才・会社員)
  • お父さんにシャンプーを使われる(20才・会社員)

  • 家族に・・・
  • 家族にバスタオルを使われる(33才・会社員)
(2016年8月 第一三共ヘルスケア調べ 20-30代未婚女性 n=552「家の中のものでも、家族に勝手に使われて腹が立つものがあれば教えてください。」より)

パソコンは、履歴をチェックされそうだし、メールもあるし、プライバシーに侵入されるという感覚が理解できます。兄弟姉妹に服を使われるのがイヤ、という人も意外に多かったです。私は実家で暮らしていた時も、妹に服を着られたことがなく、多分趣味が合わないと思われていたのですが、もし勝手に着られたら自分のセンスを認めてもらったようで少し嬉しい気もします。
答えに「一人暮らしなので特になし」というものがありましたが、家族に自分のものを使われるのはウザい反面、一人になってみると、実家のカオス感が懐かしくうらやましいです。
ここに書かれたことは、将来、家を出た時にちょっと良い思い出にもなりそうです。

そもそも、家族の中での共有度合いってどうなのでしょう?

家族の中で、どこまでの共有がOK?

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア