ガールズ本音リサーチ

Vol.6「正しいと思っていたのに、
実は勘違いだったエピソード」をリサーチ!

続いて、信じていた迷信についてのご質問です。
  • ツチノコ(29歳/会社員)ほか、多数
  • ネッシー(32歳/パート)ほか、多数
  • 河童(30歳/会社員)ほか、多数
  • ツチノコはもちろんまだいると思っています。鹿児島県池田湖にはイッシーがいるはず!!!(38歳/会社員)
  • ドッペルゲンガー(29歳/会社員)
  • 徳川埋蔵金(37歳/会社員)
  • 沼ばあさん。我が家限定の土着宗教。(35歳/会社員)
  • 宇宙人は存在すると思う。(36歳/会社員)
  • 悪口を言われると足の裏がかゆくなる。(30歳/パート)
  • ケサランパサラン(23歳/学生)

(2016年5月 第一三共ヘルスケア調べ 「ツチノコ・ネッシー等信じていた迷信は?」より)

ツチノコ、ネッシーがいる、と信じているピュアな方が多数です。たしかにツチノコ、ネッシーあたりはUMA(未確認生物)として古株だしそろそろ姿を現してもおかしくありません。でも、今となってはもっと珍しい姿形の生き物が発見されているのに(オオグソクムシとか、ハダカデバネズミとか)、ツチノコやネッシーが出てきても、意外と地味な外見で驚かれなそうです。出現のタイミングを間違ったかもしれません。
「沼ばあさん」「牛久沼のカッパ」などドメスティックな言い伝えも気になります。地元の妖怪とか不思議な存在を大切にしたほうが運気が向上しそうですね。

今回は、「正しいと思っていたことが実は違っていた」をテーマに、アンケートさせていただきました。勘違いも悪いことばかりではなく、間違って恥をかいて、その後覚えなおしたことは、記憶が定着し、だいたいずっと忘れない気がします。間違えることで、人は成長できるのでしょう。ただ年とともに適当になって、(自分を含め)間違えたまま開き直ってしまうパターンもありますが……。間違いを地道に直していくことで脳から若返っていきたいです。

今月のなめこの一句 勘違い 人間だもの 当たり前

今回冒頭でご紹介したカテゴリーのアイテム

  • トランシーノⅡ

    トランシーノⅡ
    思った以上に「思い込んでいること」っていっぱいあるようですね。
    肝斑というシミは、形状だけではなく思い込んでいることが実は多いシミなのです。5月号の「“くすりと健康”の思い込みあるある」でぜひ思い込みをスッキリ!払拭してくださいね。
    トランシーノブランドは今回テーマの「肝斑」に市販薬で唯一改善効果が認められた「トランシーノⅡ」に加え、しみ・そばかす緩和薬の「トランシーノ ホワイトC」、美白シリーズ「トランシーノ薬用ホワイトニングシリーズ」で内から外からケアできるシミ対策のブランドです。
  • トランシーノⅡ ブランドサイトへ

PROFILE

辛酸なめ子さん
漫画家、コラムニスト。
埼玉県出身、武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。アイドル観察からスピリチュアルまで幅広く取材し、執筆。新刊は「妙齢美容修業」(講談社文庫)
  • 更新日 2016.07.01

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア