ツボとアロマで毎日がんばるためのおうちRefresh time

Vol.4足のむくみ(ヒール疲れ)

朝はお気に入りのヒールで出かけても、夜には足がむくんで痛い、そんな経験はありませんか?
原因は様々です。長い間歩き続けることによる足の疲労や、仕事上立ちっぱなしや、座りっぱなしなど、同じ姿勢でいることも、むくみの原因となります。
また女性にとっては辛い「更年期障害」とも関係してくるので、むくみは決して軽視できない症状です。特にひんやりとした冷房の中で一日過ごす時には注意が必要。知らないうちに冷気が足元を冷やし、血行を滞らせ水滞を誘引し、むくみを生じさせます。日頃から簡単にできるツボ押しで、むくんで重くだるい足をすっきりさせましょう。
今回は足のむくみに効くツボ「太衝(タイショウ)」「承筋(ショウキン)」をご紹介します。

足のむくみに効くツボ

「太衝」は血液循環と大変関係の深い経絡「肝経」の原穴です。
原穴とは体にとって効果絶大のツボ。そんな足元のツボ太衝は、足ばかりでなく体全体の血行を活性化させます。
結果としてむくみに即効性があり改善を期待できます。
またふくらはぎにあるツボ「承筋」を押すことにより、筋肉を刺激するので血行を助けます。

太衝

足の甲側で親指(第1指)と第2指の間を、足首に向かって押し上げていくと、骨に当たって止まるくぼみの部分

押し方
足がむくみ辛くなったら、ヒールを脱ぎ、まずは太衝を3秒づつ10回くらい押してみてください。血行を促す代表的なツボで、左右にあります。

承筋

ふくらはぎの最も高い位置

押し方
両手でふくらはぎを包みこむように、親指を重ねて承筋を3秒づつ少しきつめに、やはり10回ほど押してあげましょう。承筋も左右にあります。

アロマのオススメはサイプレス

アロマはサイプレスがお薦めです。ちょっとツンとした個性的な香りです。ほぼ無臭のグレープシードオイル、約5ml(500円玉くらい)に、サイプレスを一滴垂らし、よく混ぜたら、まずは女性疾患に効くツボが集中する踵を、しっかりマッサージします。そして足の甲から膝に向かい脚マッサージしていきましょう。
脂肪を分解する働きのあるサイプレス効能で、むくみが軽減されていきます。

  • 更新日 2018.08.01

深町 公美子Profile

鍼灸師、認定エステティシャン、アロマセラピスト、薬膳コーディネーター
東京医療専門学校卒業。SABFA(サブファ)で美容を学ぶ。下北沢A-ha®治療室を開業。著書に「押せば変わる美人のツボ」(集英社)、「体と心にきく毎日のツボ」(セブン&アイ・集英社)、料理本「冷え冷えガールのぽかぽかレシピ」(主婦の友社)は韓国・台湾などでも発売。
産経学園「アロマオイルトリートメント講座」をはじめ、東洋医学にエステやアロマといった代替医療も取り入れた先駆者のひとり。また、北海道メディカルスポーツ専門学校鍼灸科、招聘講師として若手育成にも力を注いでいる。http://www.ahacu.com

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア