Vol.24冬につらい冷え性は、
血行不良に原因あり!?

本格的な冬の到来とともに、つらくなってくるのがからだの冷え。
とくに「冷え性」の人は、お風呂に入ってもすぐに冷えてしまって
寒くてよく眠れない!なんて方も多いかもしれません。
潜在的にも多くの女性が抱える「冷え性」には「ビタミンE」が鍵らしい!

思い込みcase:1

冷え性ってとにかく
からだを温めればいいんでしょ?

寒さが増してくると手や足の先が冷たくなる。手足が冷えて仕事がはかどらない。手やお尻が冷たくて彼にビックリされた。これらは女性に多く見られる「冷え性」な人にとっての「あるある」です。

冷え性とは、本来働くべき体温調節が正常に機能していない状態で、慢性的に冷えているような感覚があることをいいます。例えば、一般的に寒さを感じない温度であっても、全身や手足、下半身などからだの一部が冷えてつらい症状とされており、年齢が上がるほど冷え性を自覚している人の割合は高くなっていきます。

からだの冷えや冷え性の対策として、熱いお風呂に浸かってからだを充分に温める方法などがまずイメージされますが、ただ温めるだけでは根本からは改善できません。そもそも冷えは、手先や足先に血液が行き渡りにくくなる「末梢血行障害」が大いに関係しています。

末梢血行障害になるとどうなってしまうのでしょうか?血液が手足の先まで行きわたりにくくなってしまうので、末梢の体温調節ができずに冷えを招いてしまうことになります。「どうせ毎年のことだし・・・」と、冷えや冷え性を悠長に見過ごしていたら、肩こりや手足のしびれなど、いろいろなところに不調が出てきたということも。原因や対処法を知って、早めに対処することが大切です。

血行不良の要因としては、自律神経の乱れ(ストレス、不規則な生活)、血液循環の悪化(貧血気味、低血圧)、筋肉の量が少ない(運動不足)、女性ホルモンの乱れ(ストレス、更年期)などが挙げられます。

つまり血行をよくしてあげることで、からだの冷えや冷え性改善につながっていくというわけです。血行を促す具体的な方法としては、からだを温めて血行をよくする。適度な運動をする。生活習慣を改善する。筋肉量をアップさせる。とくに運動をすると血液の流れがよくなり、手足の末端までからだ全体に血液が行きわたって、冷え性が改善していきます。

とはいえ、仕事や家事・育児に日々追われる方々にとっては、運動さえもなかなか至難の技。そんな時間に追われる人にぜひともおすすめしたい、「飲み薬」による冷え性へのアプローチ方法があります。それは、血液の流れを促進させてくれる「ビタミンE」配合のビタミン剤です。

過酸化脂質の増加を防止する作用のあるビタミンEには「抗酸化作用」と呼ばれる働きがあり、血液の循環不良の状態を改善し、末梢血行障害による冷えの緩和につながる効果が期待できるのです。

思い込みcase:2

冷え性に効くビタミン剤って
お肌のトラブルにもダブルで効くの!?

前述しましたが、冷え性には「血行不良」が大いに関係します。血行不良が引き起こす弊害として、からだの冷えだけではなく、女性としてとくに注意したいポイントが「お肌のトラブルや老化」です。血液の循環が不順になると、必要な栄養分をからだの隅々にまできちんと届けられなくなるので、肌の新陳代謝の機能が低下し、ターンオーバーの周期も乱れることに。結果、しみやしわといった肌の老化を引き起こす原因にもなってしまいます。

本格的な寒さが到来して血行不良になってしまう前に、今年こそは運動や生活習慣改善で予防策を講じておきたいものです。でも、時間に追われて、なかなか運動をする時間や生活習慣を改善する余裕がない!って方には、末梢の血液の流れを促進する「ビタミンE」を服用するという方法もあります。

例えば、ビタミン剤の「ビトン-ハイ」シリーズ。「ビトン-ハイ リッチ」「ビトン-ハイECB2」の主成分である「天然型ビタミンE*1」は、血行に障害をあたえるコレステロールなどの過酸化脂質の増加を抑えることにより、手足の冷えや肩・首すじのこりなどを和らげてくれます。

そして「ビトン-ハイ」シリーズでもうひとつ注目したいのは、「ビタミンC*2」が配合されていること。なぜなら「ビタミンC」は肌のはりとうるおいに必要なコラーゲンの生成に欠かせない成分。しかも日やけやしみの原因となるメラニン色素の沈着を防いでくれる作用があり、しみ・そばかすを緩和します。

このほかにも「ビトン-ハイ リッチ」にはビタミンB2*3とビタミンB6*4が、「ビトン-ハイECB2」にはビタミンB2*3と、からだに必要なさまざまなビタミンB類もバランスよく配合。
これらのビタミン同士の適材適所なチームプレイによって、末梢血行障害によるつらい冷えや肩こり、さらにはしみやそばかすへの効能を発揮してくれます。

さらに、毎日リピートして飲み続けられるように、絶妙な飲みやすさを目指した「なめらかな溶け感」と「柑橘系のさわやかな味」で、工夫を凝らした飲みやすい顆粒剤となっており、製剤的にも並々ならぬ設計がされています。

からだの冷えだけではなく、しみやそばかすにもアプローチしてくれる、女性にはダブルでうれしいことづくしの「ビトン-ハイ」シリーズ。この冬はこれらのビタミン剤を取り入れた内側からのセルフケアで、冬のつらい冷えを乗り切っていきましょう。もちろん、日々の運動も含めた生活習慣の積極的な改善もお忘れなく!

*1:酢酸d-α-トコフェロール
*2:アスコルビン酸
*3:リボフラビン酪酸エステル
*4:ピリドキシン塩酸塩

ビトン-ハイシリーズのご紹介

  • ビトン-ハイ リッチ

    ビトン-ハイ リッチ
    主成分の天然型ビタミンE*1が、血液の流れをスムーズに促進することで、からだの冷えや肩こりを緩和。また、しみやそばかすなどの緩和にも効果を発揮します。ビタミンEを300mg、ビタミンC*2を2000mgと市販薬のビタミン主薬製剤として認められている一日最大量配合。さらに、皮膚や粘膜の正常な働きを助けるビタミンB2*3を12mg、ビタミンB6*4を15mg配合。
  • ビトン-ハイECB2

    ビトン-ハイECB2
    天然型ビタミンEが末梢血行障害を改善し、肩こり・手足の冷えを内側から和らげます。また、肌の新陳代謝を整えてターンオーバーの周期を正常に戻すことで、しみ・日やけによる色素沈着を緩和します。ビタミンE*1を300mg、ビタミンC*2を1000mg、ビタミンB2*3を12mg配合。
  • ビトン-ハイ 製品詳細へ
  • イラスト 小迎裕美子
  • 更新日 2017.12.26

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア