HAPPY LETTER From 早坂香須子

Vol.29どんより天気を乗りきる、3つの心得

前略
梅雨期に入り、気の滅入るような今日このごろ、健康美塾を御覧のみなさまは、お元気でお過ごしでしょうか?
梅雨は、植物や農作物にとって必要不可欠な現象だとは分かっていても、私は本当に梅雨が苦手で、この時期はカラッと晴れた海外に逃亡したくなるのであります。梅雨の何が嫌かって、低気圧。やる気が起きなくなる。だるい。

これには、きちんとしたメカニズムがあります。低気圧が近づくと、人の体は自律神経の副交感神経を優位にするように働きます。副交感神経は、カラダを緊張から解きほぐし、休息させるように働き、身体がリラックスした〜いと求めるようになります。今までと変わらず活動しなきゃならないのに、カラダや気分は緩んでいるので、体が疲れやすく、だるさを感じるようになるのです。

梅雨時期だって、キラキラ過ごしたい!

カラダのメカニズムなのでしょうがない、と諦めたら終わり。梅雨時期だってキラキラ過ごしたい!(私も!)そのための心得?を今回は探っていきましょう。

1. お部屋の掃除をする
え?美容と関係ないじゃん!とお思いでしょうが、環境をまず整えることは、心への作用として大事な一歩となります。部屋の散らかり度合いが心の曇り具合のものさしだと思って、いつもより念入りにお掃除をしてみましょう。お部屋が快適だと、ゆっくり本を読んだり、お料理したり、美容に手間を掛けるのも楽しくなります。特に水回りの綺麗さで、心のスッキリ度はかなり違います。お試しあれ。

2. お肌の水分量を整える
ジメジメしてメイクが崩れやすくなるこの時期。いつもよりパウダーをはたき、メイクを直しすぎて厚化粧になっていませんか?
崩れにくいメイクの極意は肌の水分と油分のバランスにあります。毎日のクレンジング、洗顔に加え、週1度の角質ケアを。特にクレイパックはこの時期開きがちな毛穴を引き締めてくれるのでオススメです。
お肌の不要物を取り去った後には、普段お使いの化粧水でコットンパックをし、肌深部まで保湿します。お手入れの最後にはクリームなどで保護して、水分と油分のバランスを整えます。

3. カラーメイクにトライする
曇空で、心もカラダもだるいと、メイクもルーティーンでおざなりになりがちです。この時期こそ、今年のトレンドであるカラーメイクに挑戦してみては?
<早坂オススメのカラーメイク>
① アイラインをグリーンやネイビーなど、すっきりした寒色系にする
② アイシャドーにイエローやオレンジなど、元気になるビタミンカラーを足してみる
③ リップだけを毎日変えてみる。今年はパープル、オレンジ、ピンク、レッド、などなど、カラーや質感が豊富ですので、お店でのコスメハンティングも楽しいですよ。
④ キラキラのグリッターも今年のトレンドの一つ。いつものメイクにプラスして、まぶたや目頭、頬骨の上、リップの中央などに、ハイライトとして使ってみると、曇空でも明るい印象になります。

この3つの心得なら、楽しくトライできそうですよね。書きながら私も梅雨だからこそ楽しもう!という気持ちになってきました。(健康美塾の効能って凄い!)

自分を楽しむ女性は、周りの人や環境まで変えていくパワーがあります。この時期に輝くあなたは、毎日出合う人々の心まで明るく照らす、太陽のような人!

みなさまの心は、いつも晴天でありますように。




かしこ

香須子

  • 更新日 2018.06.01

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア