HAPPY LETTER From 早坂香須子

Vol.28良質な油は美肌の味方!

前略
青葉の輝きがキラキラと、まぶしい5月がスタートしました!
健康美塾をご覧のみなさまは、いかがお過ごしでしょうか?

日差しが暖かくなるのは嬉しいけれど、じんわり汗ばんで、化粧崩れも気になる季節でもありますよね。

一般的な化粧崩れや皮脂対策についてこれまでもお答えしてきましたし、ググればいくつも答えが見つかる時代。ちょっと視点を変えて、食べる油を変えることで、肌が変わることをお伝えしようと思います。

私の2冊目の書籍、「100% Beauty Note」の“OIL”の章でも「油の摂り方が 美の寿命を決める」というタイトルで詳しく書きましたが、良質なオイルは、美肌の味方になってくれるのです。

種類によって、効果はさまざま。

まずオススメしたいのが、「不飽和脂肪酸」と言われるもの。
細胞の炎症を抑えたり、肌の代謝を活性化して「セラミド」の生成を促進します。セラミドは細胞膜の潤いをキープし、保護する成分になります。
また、血中の中性脂肪やコレステロール値のコントロールをしてくれる嬉しい効果も。

私が普段摂っているのは、不飽和脂肪酸の中でも細胞の再生に欠かせない必須脂肪酸のオメガ3と6のバランスが良いヘンプシードオイルや、味は独特だけど、抗炎症作用の高いオメガ3がたっぷりの亜麻仁油など。
スプーン1杯分をそのまま飲んだり、サラダのドレッシングに利用しています。

サプリメントとしては、カプセル入りのフィッシュオイルを。
寝る数時間前に摂ることで、成長ホルモンの分泌を促進してくれます。

注意すべきなのは、この不飽和脂肪酸はとっても熱に弱いので、加熱は厳禁。
多少値が張っても、非加熱の有機栽培のものなど、製法にもこだわったものを選んで。
そして、とても酸化しやすいオイルなので、使うたびに香りを嗅いで変質していないかチェックして下さいね。

私がもう一つ日常で摂るようにしているのが、インド発祥の予防医学、アーユルヴェーダでもおなじみのギー(ghee)。
中鎖脂肪酸を多く含むギーは、脂肪燃焼を促すことや、腸内環境を整えることからダイエットに良いと注目の油ですが、実は美肌に欠かせないビタミンAやビタミンEを多く含む美容オイルなのです。私は毎朝、自分で挽いて淹れるコーヒーに入れて飲んでいます。

毎日摂取する油の質を変えるだけで、細胞の潤いがアップし、肌の不調が出にくくなりました。皮脂のバランスも良くなるので、結果としてメイクが崩れにくくなります。

良質な脂質をきちんと摂ることは、女性ホルモンのバランスにも関わる大切な要素です。

メイクが崩れやすくなったら、それは体からの何かしらのサインかも知れませんので、ぜひキッチンのオイルを見なおしてみて。


梅雨の到来前に、皮脂バランスの取れた、美しい肌を手に入れていきましょう!

ではまた来月までお元気で!




かしこ

香須子

  • 更新日 2018.04.26

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア