HAPPY LETTER From 早坂香須子

Vol.27新しい季節は、ミネラルファンデでお肌も心もフレッシュに!

前略
春らんまん。
桜の花が街をこんもりと薄ピンク色に染める季節になりましたね!
健康美塾をご覧のみなさまも、フレッシュな気持ちで新年度をスタートされていることと思います。

3月のHAPPY LETTERでもお伝えしたとおり、春から紫外線の量がぐっと増えてきています。前回はUVケアのおはなしでしたが、今回のテーマは、ベースメイクそのものを見直してみよう!です。

顔の中で一番広い面積を持つ肌のメイクを変えることで、全体の印象までガラリと変えることも可能です。新生活を迎えている方も多いと思いますし、脱ルーティーンメイクで、新鮮な気持ちで春をスタートしましょう。

みなさんは、ミネラルファンデーションを使ったことはありますか?
1976年にアメリカのサンフランシスコで、ミネラル(鉱物)だけのファンデーションが誕生したことがミネラルコスメの始まりです。皮膚科や形成外科の領域で、手術後や火傷痕にも使える化粧品として使用され、それがハリウッドセレブの間で話題になったことで、一般にも広く知られるようになりました。

天然の鉱物が原料で、使用感が軽くて肌への負担が少なく、肌が呼吸できる感じがする。色バリエーションも豊富。そんな印象で瞬く間に日本でも広まったミネラルファンデーションですが、少し前までは、光に当たると鉱物の特性で鯖の表面のように青光りする感じや、均一に塗るのが難しいのでは?という印象がどうしてもありました。

ですが近年のミネラルコスメブランドの増加で、簡単、綺麗、UVケアもばっちりオーケーなミネラルファンデーションが目白押し、豊作状態です。

時短×崩れにくいパウダータイプがオススメ!

私のオススメは、ミネラルコスメの正統派、パウダータイプのファンデーション。自分にぴったりの色さえ見つかれば、まるで素肌そのものが綺麗!と自分でも感激してしまう肌を手に入れることができます。

自分の色を見つけるには…
①お店で自分の肌色と近い色3色を選択します。
②頬から顎にかけて、縦に線を引くように1色づつ直接肌に乗せてみます。
③3つのうち、色が消えたようにみえたら、それがあなたの色。

大抵のミネラルコスメブランドは、ミネラルファンデーションに適したファンデーションブラシを別売りしています。そのブラシを使ってファンデーションをつけることで、均一に、綺麗にベースメイクが整いますので、ここはケチらずにブラシも1本購入しておきましょうね。

自分の色が決まったら、前回のUV下地の塗り方を参考に、下地クリームを塗ります。
ブラシにパウダーファンデーションを取り、顔の中心からくるくると円を描きながらふんわり顔全体にファンデを乗せます。
目の下のクマや、気になるシミ、吹き出物などはコンシーラーブラシに同じファンデーションを少量取り、トントンとスタンプを押すように肌に乗せます。
はい!これだけで、フレッシュなミネラルベースメイク完成です!

もしツヤを出したい方は、ファンデーションブラシを何度か肌の上で往復させるだけで余分なお粉が落ち、ミネラル特有の発光したような艶を放つようになります。

ミネラルパウダーファンデーションって、時短にもなるし、汗をかいても崩れにくいので、これからの季節にオススメ。いろんなブランドから、自分にぴったりなファンデーションを探すのも楽しくなると思いますよ。

皆さんの毎日が楽しい4月となりますように!




かしこ

香須子

  • 更新日 2018.03.30

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア