HAPPY LETTER From 早坂香須子

Vol.24大人パステルメイクで旬な顔になりましょう

前略

1月の朝、目が覚めると、まだ薄暗かったりする。
寒い。まだ寝ていたい。「神様あともう少しだけ」と、もう一度布団にくるまってみるけれど、我家の場合は神様が2度寝を許しても、飼い猫のなこさんが許してくれません。
お布団から少しはみ出した私の頭を目がけ、ペシペシと猫パンチが飛んでくる。
「はいはい、ご飯ですね」
と、召使いは諦めて起きるしかないのだ。

そんな冬の朝のスタートが日常の私ですが、
健康美塾を御覧のみなさまは、お元気でお過ごしでしょうか?

冬の空の高さ、光の柔らかさ、空気がキーンと澄んだ感じ。その全てが美しく、寒さは苦手なのにとても好きな季節です。

これを書いているのは12月初旬。
メイク業界では来春の新作発表会が目白押しのシーズンです。
さぁ、来る2018年のメイクの傾向はどんな感じでしょうか。

パステルは・・・実は大人の味方!

春のコスメでまず目につくのは、カラフルでポップなパステルカラー。
ピンク、オレンジ、レモンイエロー、ペールブルー、ミントグリーン…。
ミルクを足したような甘くかわいい色たちが、シャドウやリップ、チークとなって登場します。

パステルメイクって、見た目の色はかわいいけれど、使いこなすのは難しいイメージがありますよね。今回は失敗しないパステルアイメイクで旬の顔を手に入れる方法をお伝えします。

①綺麗な色がくすまないように、まぶたにごく薄く、まんべんなくコンシーラーかシャドウベースを塗ります。
②パステルカラーのアイシャドウを指に取り、まぶたの中央にポンとのせる。
③シャドウブラシでぼかす
④パステルカラーはブラウンと相性がいいので、アイラインやシャドウの締め色を使う場合には、黒ではなくブラウンにする。

これだけでも顔全体の印象が変わると思います。
パステルは目をスッキリと明るく見せてくれるので、大人こそ使って欲しい色。

トレンドは取り入れたいけれど、どうしてもパステルは……という方は、ネイルで挑戦してみては。 “メイクや服装はあくまでシックに”という時に、ネイルの色で遊ぶあなたは、もうおしゃれの上級者です。


女性にとって「美容」って何でしょうね。
「綺麗になりたい」という気持ちが新しい自分を発見することになり、コンプレックスだらけの自分をちょっとずつ好きになる。
自分を愛せるようになると、周りの人や環境にふつふつと感謝の気持ちが湧いてきます。すると自然と唇は微笑んで、細胞がうるおい、肌や瞳が輝きはじめる。

私にとっての美容は、宝石や大好きな人からの温かい眼差しのように、この世界を彩るツールなのかもしれません。

この連載が、みなさんの“自分発見”のきっかけになってもらえるように、今年も頑張ります。
2018年もみなさまにとって素晴らしい1年になりますように!




かしこ

香須子

  • 更新日 2017.12.26

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア