HAPPY LETTER From 早坂香須子

Vol.3第一印象が良くなるメイクのポイント

拝啓

花便りが各地から届くこの頃、健康美塾をお読みのみなさまは、
いかがお過ごしでしょうか。もうお花見にはお出かけになりました?

お花見というと、看護学生時代を思い出します。
入学式が終わって、まだ馴染んでいない制服を着て、出会って間もないクラスメイトたちと、放課後に県下で一番大きな、桜の有名な公園に出掛けました。

まだ10代だったから、お酒も飲まず、たしかお菓子の袋を回しながら、
みんなで桜の下を他愛も無い話をしながら、ただ歩きました。

満開の桜の花びらの、うすピンクの先にいるクラスメイトたちの顔をみて、

仲良くなれるかな…
あの子とは話しやすそうだな…

ちいさな胸にいろんな思いを詰めながら、歩いた日はもう四半世紀前…。

うわぁ…、自分の歴史の長さに驚いてしまいましたが、今だって仕事で初めて人とお会いする時には、やはり緊張と期待の入り交じった、18歳の頃のままの気持ちになります。


新年度がスタートし、4月から新しい環境に入った方も多いのではないでしょうか。
そんな皆さんに私がお届けできるちょっとした話題として、
今回は、「第一印象を良くするメイク」を考えていきたいと思います。

第一印象を左右するお肌のUVケアは念入りに。

私が一番大切だと思うのは、顔で一番面積が大きい肌。
やはり肌をばっちり武装している女性は「話しにくいかな?」と感じてしまいます。

じゃあ、ノーメイクで出かけちゃおう!
は絶対にNGです。

初対面からすっぴんです!は、「変ってる人…?」と浮いてしまうだけではありません。
4月から紫外線は一気に増加して、短時間の間でも肌にダメージを与え、メラノサイトを活性化させてシミそばかすを増やしてしまいます。
花粉や黄砂も気になるこの季節は、3年後5年後の肌を決める大事な時期だと肝に命じましょう。

朝のメイク前にしっかり顔をマッサージして頬に自然な血色をオンしたら、UVクリームを首やデコルテまでしっかり塗り、テカリやすいTゾーンや口の周りだけをフェイスブラシでお粉をふんわり抑えます。
最近ではパウダーにもUVケアや美白効果のあるプロダクトがあり、お化粧直しの時も楽にUVケアができますので、取り入れてみてください。

桜色の力を借りて、新しい「わたし」を表現してみよう。

そして、ぜひ春に取り入れたいのが、桜色のチーク。
一見可愛いすぎるかなと思うこのカラーも、リキッドやクリームタイプを選べば、肌感が透けてフレッシュな印象を与えてくれます。

カラーセラピーの世界では、「桜色」は女性らしさや優しさ、可愛らしさの中にしっかりした芯が通っている、という印象を与えると考えられているそう。
実は、赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時、子宮の中はピンク色なんです。わたしたちはきっと、産まれるまでの10月10日を桜色の世界で夢を見てきたのですね。

日本人が愛してやまない桜の木。その花の色は、きっとあなたの第一印象を素敵にするお手伝いをしてくれるはずです。桜色の力を借りて、新しい「わたし」を表現してみてくださいね。

では、また会いできる日を心よりお待ちいたしております。みなさまにとって、毎日が楽しい4月となりますように。

かしこ

香須子

  • 更新日 2016.04.01

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア