HAPPY LETTER From 早坂香須子

Vol.1お肌の大敵、乾燥が気になる日の過ごし方。

拝啓

1年でいちばん寒さの厳しい時期、春の便りが待ち遠しいですね。健康美塾をお読みの皆様はいかがお過ごしですか。

私は2月生まれで雪国育ちですが、実は寒さが苦手です。本当は家の床暖房の上で、猫とぬくぬくごろごろしていたいところだけど、この月は春夏ファッションの立ち上がりで、早朝ロケがいちばん多いのです。

朝4時頃に起きて5時から編集部でモデルさんにメイクをほどこし、6時半には丸の内のオフィス街で撮影をスタート。撮影は大抵午前中に終了しますが、その頃には早起きと乾いたビル風で、顔はカピカピに乾燥してしまう。ランチの後、もう一本撮影をこなすか、または打ち合わせが入るかして、夕方帰宅する頃にはカピカピを通り越してガビガビ肌にもなりかねません。
オフィス勤めの方も、電車やビルのエアコンでこの肌の感じ、きっと想像できるんじゃないかな?

乾燥はお肌に大敵なのはご存知ですよね。しわの原因になるのはもちろん、肌のバリア機能が衰えて、ひどいときには少しの刺激でかゆみや湿疹が生じることも。

私はこの時期になると朝は洗顔の代わりに、2枚のコットンに化粧水をたっぷり浸して拭きとるだけの、拭きとり美容をはじめます。
一枚目は汚れを落とすために顔からデコルテまでしっかり拭き、二枚目は肌に押しこむようにしながら水分をたっぷり入れ込む。
次にオイル美容液でマッサージ。オイルは肌の奥深くまで浸透して、細胞にバリアを張って1日中外的刺激から守ってくれます。最後はクリームで水分と油分を閉じ込めるのも忘れずにね。

日中はメイクルームに加湿タイプの携帯用ディフューザーを持ち込んで、香りの中で仕事をしています。もしオフィスでディフューザーが使えなくても、ガラスや陶器のカップに熱湯を注いで好きな精油を一滴垂らせば、立派なディフューザーに早変わり。レモンとユーカリの組み合わせなら、集中力もアップするし、風邪予防にもなるのでオススメです。

ミスト化粧水はこの時期とっても便利なアイテム。ふわ~っと霧をかけるように遠めからスプレーすると、肌だけでなく、髪や空間も潤すことが出来ます。

夜に大切なのはクレンジング。この時期は保湿力の高いクリームタイプを選びます。もしキッチンに長年放置している非加熱の天然蜂蜜があればラッキー!手持ちのクレンジングに少量混ぜてマッサージすると、洗い流した後はいつもより肌がしっとりするの。

これは私が実行している乾燥対策のごく一部だけど、とっても簡単なことで明日、1ヶ月後、半年後、1年後の肌が変わっていくのを実感できるはず。

これから健康美塾を通じて、毎月あなたにお便りを出しますので、私と一緒に美容を楽しんでいけたら嬉しいです。
季節は春に向かっています。
すてきなあなたにも素晴らしい春が訪れますように。

かしこ

香須子

  • 更新日 2016.02.01

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • Lineで
    シェア