このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

わたしに今必要なビューティケアは?季節のビューティアイテム

水仕事による手の乾燥に、唇やかかとのカサカサに…
独自のカバー力で乾燥肌に寄り添う「ロコベース®リペア」で
冬の乾燥シーズンを乗り越えよう

冬の寒さが本格化して、つらい乾燥にお悩みの方も多いのではないでしょうか?高いカバー力で肌のバリア機能をサポートする「ロコベース®リペア」は、テクスチャーの違いや部位別に選べる4つのラインアップが揃っていて、乾燥が気になる冬でもうるおいを実感する肌に導いてくれます。
「ロコベース®リペア」の長時間続く※1カバー力の秘密や、おすすめの使い方をたっぷりとご紹介します。
※1:リップクリーム以外

  • 更新日 2021.12.27

ロコベースリペアシリーズ

乾燥対策に大切なのは肌のバリア機能のサポート

気温・湿度が低下して、乾燥を感じやすい冬。乾燥によって肌の保湿成分が不足すると、バリア機能が低下しやすいため、これからの時期はとくに「肌のバリア機能をサポート」する意識が重要になってきます。またコロナ下で、手洗いや消毒が習慣化したことで、例年よりも手あれに悩む人も増えているのではないでしょうか。

そんなコロナ下で支持を伸ばしているのが、「ロコベース®リペア」シリーズです。その独自のカバー力と優れた保湿力で、初代アイテム「ロコベース®リペア クリーム」は、水仕事の多い職業の方に支持されてきました。そして、コロナ対策の習慣化でドライスキン(肌が乾燥し敏感肌になりやすい肌状態)になりやすくなったこと、おうち時間で自分の肌のコンディションを意識する機会も増えたことで、これまで以上に一般の方からも注目を集めるようになりました。

シリーズ累計出荷本数が2000万本を突破※2!「ロコベース®リペア」の3つの強み

1)優れた保湿力
「スキンバリア理論※3」に着目し、肌のバリア機能に欠かせない3つの肌脂質成分(セラミド3、コレステロール、遊離脂肪酸(オレイン酸、パルミチン酸):保湿)をバランスよく配合しています。

2)独自のカバー力
保湿効果を持続させるために、使用部位に合わせた肌の特性や使用時の利便性も踏まえ、それぞれにこだわった独自のカバー力で、肌のバリア機能をサポートします。

3)低刺激性処方
肌へのやさしさを考え、低刺激性を追究した処方になっています。基材として使用する水には、超高密度のウルトラフィルターでろ過された純度の高い水(超純水)を採用※4。無香料、無着色、アレルギーテスト済みです(すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません)。

  • ※2:2002年~2021年自社出荷累計本数シリーズ計
  • ※3:皮膚のバリア機能には、セラミド3、コレステロール、遊離脂肪酸という3つの肌脂質成分が必要不可欠であるという考え。
  • ※4:リップクリーム、かかとケアバーム除く(水が配合されていません)

キーアイテムは「ロコベース®リペア クリーム」

「ロコベース®リペア」シリーズの中でも一番最初に登場した人気のアイテムがクリームです。その特長を一言でいうと、「水に強く、保湿効果が長時間持続」すること。ナノ粒子化された硬い油成分が角質層の細かいすきまに密着して、保湿効果が長時間持続します。水に強く、洗っても落ちにくいため、塗り直しも少なく、お料理シーンにも便利です。また、防腐剤無添加を実現するために、極力水分量を減らしているので、硬いテクスチャ−であることも特長です。手の甲で、ゆっくりじんわりと温めてクリームをやわらかくしてから手のひら全体になじませましょう。

クリーム使用イメージ

肌になじむとさらっとしてべたつかず、なじんだ後はすぐに書類を触ったり、パソコン作業やスマホ操作ができるのも◎。無香料である点も、料理をするとき・赤ちゃんのお世話をする際、男性の方がハンドケアをするとき等、シーンや好みを選ばず利用できるポイントになっています。

また、「ロコベース®リペア クリーム」はハンドクリームではなく、“皮膚保護クリーム”。塗ることで形成される保護膜が肌を覆って保湿することで、肌あれの要因となる外部刺激から肌を守るスキンケア用品のため、ハンドケアのほか、目元・口元・ひじなど乾燥が気になるところのパーツ使いにもおすすめです。

クリーム使用イメージ

ロコベースリペア クリーム

ロコベース®リペア クリーム

販売名:ロコベースリペアクリームa


詳しい情報はこちら

パーツ別にケアできるシリーズアイテムも豊富

■ロコベース®リペア ミルク

特殊な乳化手法で、カバー力がありながら伸ばしやすさを実現したのが「ロコベース®リペア ミルク」です。広い範囲の乾燥ケアにお使いいただけるほか、すねや腕など粉をふきやすい部位のケアにも。また、保湿成分(グリセリン、ベタイン)・肌あれ対応成分(グリチルリチン酸2K:保湿)を配合しているので、マスク紐の擦れによる耳裏の肌あれや、花粉時期の小鼻まわりの肌あれが気になる前にもケアすることがおすすめです。

ミルク使用イメージ

空気が入りにくい特殊な2層構造ボトル容器を採用し、乳液でも防腐剤無添加を実現。赤ちゃん※5やお子さんの保湿ケアとして使いながら、大人も一緒にハンドケアできるのもいいですよね。

  • ※5:生後6か月以上推奨。

ロコベースリペア ミルク

ロコベース®リペア ミルク

販売名:ロコベースリペアミルクR


詳しい情報はこちら

■ロコベース®リペア かかとケアバーム

かかとは皮脂腺がなく、水分蒸散量が多いため、とくに乾燥しやすい部位になっています。そこで、かかとの皮膚構造にあわせて、皮脂膜類似成分を配合し、塗ることで人工的に油の膜をつくるのが「ロコベース®リペア かかとケアバーム」です。保湿成分に加え、肌あれ対応成分(グリチルレチン酸ステアリル:保湿)も配合し、つらい乾燥状態を考えた処方です。塗ったあと、さらっとするのでなじんだ後は、すぐにフローリングの上を裸足で歩ける使い勝手もよさも支持されている理由のひとつです。角質ケアのあとの保湿として、継続的に使用するのがおすすめです。

かかとケアバーム使用イメージ

ロコベースリペア かかとケアバーム

ロコベース®リペア かかとケアバーム

販売名:ロコベースリペアバーム


詳しい情報はこちら

■ロコベース®リペア リップクリーム

くちびるの皮膚構造に合わせた処方が特長のリップクリーム。その処方は「皮脂膜がほとんどない」「角質層が薄くバリア機能が低い」「水分が蒸発しやすい」「天然保湿因子(NMF)が産生されにくい」くちびるの皮膚の性質に合わせており、くちびるに“擬似皮脂膜”を形成し、表面をしっかりと覆ってうるおいを閉じ込めます。3つの肌脂質成分に加えて保湿成分「シアバター」を配合し、より高い保湿力となめらかな使用感が特長です。メイク前に塗ると、口紅ののりがよくなるのでおすすめです。

リップクリーム使用イメージ

ロコベースリペア リップクリーム

ロコベース®リペア リップクリーム

販売名:ロコベースリペアリップクリーム


詳しい情報はこちら

ブランド担当者からの 一押しポイント

「ロコベース®リペア」は、独自のカバー力と高い保湿力でつらい乾燥肌にお悩みの方を全力でサポートいたします。ぜひ一度使ってみてください!

独自のカバー力と優れた保湿力で、うるおいを実感する肌に導いてくれる「ロコベース®リペア」。ハンドケアはもちろん、さまざまな部位の乾燥に対応したケアができるのもうれしいですね。本格化する冬の乾燥対策アイテムとして、備えてはいかがでしょうか。

今回ご紹介した製品

  • ロコベースリペア クリーム

    ロコベースリペア ミルク

    ロコベースリペア かかとケアバーム

    ロコベースリペア リップクリーム

    ロコベース®リペアシリーズ
  • ロコベースリペア ブランドサイトへ
  • カメラマン 瀬谷壮士

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア