わたしに今必要なビューティケアは?季節のビューティアイテム

乾燥やごわつきなど肌が夏疲れ気味のときは、
「洗うケア」を見直してみよう

夏に受けたダメージで、肌の乾燥やごわつきが気になっていませんか? 保湿するスキンケアを変えたり、アイテムをプラスしたりしたけれども、なにか足りない気がする…。そんなときは、「洗うケア」を見直してみませんか。

「ミノン アミノモイスト」洗うケアシリーズ

肌不調を感じるときこそ、「洗うケア」を見直そう

肌を刺すような強い紫外線や効きすぎる冷房など、夏の過酷な状況下では、肌の調子が乱れがちです。乾燥や肌あれなどの肌不調が気になるときは、スキンケアを基本から見直してもよいかもしれません。

これからやってくる秋冬の乾燥シーズンに備えるために、今意識したいのは、肌に必要なうるおいは残しつつ、汚れをしっかりと落とす洗顔です。正しい洗顔をすることで、その後の化粧水や乳液などの肌なじみがよくなり、「与えるケア」にもよい影響をもたらすことができます。

朝洗顔、水洗いで済ませていませんか?

2021年6月に実施した健康美塾のプレゼントアンケートに寄せられた「洗顔」についての意識を見ると、朝は水洗顔で済ませている方が約4割いることがわかりました。
その理由は、「肌にいいと聞いた(24%)」「肌荒れする/乾燥する(13%)」など、肌への刺激や負担を心配している方も多いようです。でも、そんな「朝は水洗い派」の皆さんの中で、もし日頃「肌の調子がよくない」と感じている方がいたら、もしかしたら今のあなたの肌状態に、その洗い方があっていないのかもしれません。そこで、肌への負担にも着目しながら汚れはしっかり落とす「ミノン アミノモイストの洗うケア」を次からご紹介します。

2021年6月健康美塾プレゼントアンケート

  • *2021年6月健康美塾プレゼントアンケート(n:3,757)

ミノン アミノモイストが考える敏感肌におすすめの朝洗顔は、洗顔料を使ってしっかりと汚れを落とすことと、肌のうるおいを守ることを両立させた「洗うケア」。
夜、寝ている間にも汗や皮脂が分泌されるので、朝から洗顔料を使ってしっかりと汚れを落とすことが大切です。ただ、皮脂の落としすぎは乾燥の原因になってしまいますので、皮脂を落としすぎない洗顔料選びと洗い方が肝になってきます。

モイストミルキィ クレンジング、モイストクリーミィ ウォッシュ

ミノン アミノモイスト シリーズの「洗うケア」は、敏感肌にも負担がかかりにくい摩擦感のなさを追求しています。植物性アミノ酸系洗浄成分で、肌に負担をかけすぎずバリア機能を守りながら汚れをしっかり落として、洗顔後の肌はつっぱらず、しっとりうるおい感が残る処方になっています。

正しい洗顔方法をマスター

1)手と顔を素洗いして十分濡らし、汚れを落とす

2)洗顔料をとり、空気を入れながらふんわりきめ細かい泡をつくる

モイストミルキィ クレンジング使用イメージ

逆さにしても落ちないくらい弾力のある泡が目安

3)泡をクッションにして、泡を肌の上で転がすようにしてやさしく包み込むように洗う

モイストミルキィ クレンジング使用イメージ

4)すすぎはぬるま湯で、洗い残しのないようにていねいに洗い流す

5)すべての過程でごしごし洗いは禁物。洗顔後はやわらかいタオルで、こすらず押さえるようにして水気を取る

モイストミルキィ クレンジング使用イメージ

待望のペーストタイプが新登場!
『モイストクリーミィ ウォッシュ』

ミノン アミノモイスト シリーズに2021年、待望のペーストタイプの洗顔料が登場しました。クリーミィなねばもち泡で、余分な皮脂や汚れをすっきり落としながら、洗い流したあとも保湿成分※1がとどまる独自処方を採用。洗うたびにしっとりつややかな肌へと導きます。

<モイストクリーミィ ウォッシュの4つのこだわり>
1)バリア機能を守って洗う
2)余分な皮脂・汚れはすっきりオフ
3)洗い流したあとも、保湿成分※1がとどまる
4)ねばもち泡で、5分後も角が立つしっかりとした泡もち

<ご使用者の声>
洗顔後の肌のつっぱり感に不満をもっていたモニターさんの約80%が、つっぱり感のなさを実感。そのほか、「泡がモチモチでキメ細やかで、洗顔をしていてとても気持ちよかった」「洗顔後のしっとり感は大変満足でした。化粧ノリが良くなったと実感した」など使用感への満足度も高く、保湿と洗浄バランスの大切さに気づいたという声もありました。

  • ※1 ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

ミノン アミノモイスト モイストクリーミィ ウォッシュ

ミノン アミノモイスト モイストクリーミィ ウォッシュ

販売名:ミノンアミノモイストMWb


詳しい情報はこちら

ブランド担当者からの 一押しポイント

敏感肌だからこそ、「洗顔」からこだわることをおすすめします!肌本来のバリア機能を守りながら、汚れを落とすことが大切です。この秋、ミノン アミノモイストから洗浄力と洗いあがりの保湿力を両立したペーストタイプの『モイストクリーミィ ウォッシュ 』が誕生しました。ぜひ、お試しください♪

普段、保湿といえば塗るケアから取り組んでいた人は、「毎日の洗顔」から保湿ケアを見直してみませんか? 洗顔を見直すことで、肌の調子が上向きに整っていくのを実感できるはず。ミノン アミノモイストの「洗うケア」シリーズで、健やかな素肌力を。

ミノン アミノモイスト シリーズ、
そのほかの「洗うケア」

  • モイストミルキィ クレンジング(メイク落とし)

    モイストミルキィ クレンジング(メイク落とし)
    肌への摩擦が少ない肌あたりのやさしいクリームタイプのクレンジング。しっかりメイクや毛穴の汚れなど、落ちにくい汚れも浮かせてスムーズに落とすことができます。
  • ジェントルウォッシュ ホイップ(泡洗顔料)

    ジェントルウォッシュ ホイップ(泡洗顔料)
    ふわふわの泡で洗顔したい人におすすめの泡タイプの洗顔料。泡で出てくるので、忙しい朝も大活躍! 肌本来のうるおいを落としすぎず、しっとり柔らかな手触りの肌へと整えます。
  • クリアウォッシュ パウダー(酵素洗顔パウダー:種類別名称 洗浄料)

    クリアウォッシュ パウダー(酵素洗顔パウダー:種類別名称 洗浄料)
    敏感肌を考えた酵素洗顔パウダー。低刺激性。ごわつきやガサつきの原因となる不要な角質層を取り除き、次に使う化粧品がなじみやすい肌に整えます。肘、デコルテ、背中、足の甲などカサつきが気になる全身のパーツケアにも使えます。毎日でも使えますが、週1~2回の使用が目安です。
  • ミノン アミノモイストのブランドサイトへ

「美と健康のモノごこち」でも紹介中!

  • カメラマン 瀬谷壮士
  • 更新日 2021.09.01

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア