わたしに今必要なビューティケアは?季節のビューティアイテム

春の肌あれは花粉が原因のひとつかも。
「ミノン全身保湿クリーム」で、肌のバリア機能をサポートしよう!

春先になると、赤みやかゆみにつながる肌あれに悩まされるという人も多いのではないでしょうか。そんな春の肌トラブルは、「花粉」が原因のひとつかもしれません。コロナ禍により新しい生活が始まり、お肌の敏感をより感じやすくなった今だからこそ、春先のケアも見直してみせんか。

肌あれと花粉の意外な関係

2〜4月は花粉の飛散量が増える時期。この時期は、空気や肌の乾燥を感じやすく、乾燥によって肌のバリア機能が低下した状態では、花粉だけでなく、紫外線、ほこりなど外的ダメージを受けやすい状態になり、赤みやかゆみなどの原因になる外部刺激が皮膚に侵入しやすくなってしまいます。

さらに、コロナ禍の新しい生活様式で、肌がより敏感になっていると感じている人も増えています。第一三共ヘルスケアが行った「ニューノーマル時代における敏感肌と働く女性に関する調査」*1によると、コロナ禍の新しい生活スタイルによる環境変化で、肌が敏感肌になっていると感じている人が56.3%もおり、とくに若い世代ほどその傾向が高いことがわかりました。

  • ※1 調査期間:2020年8月20日〜8月24日、n=20代〜40代の有職者女性600人

肌がより敏感に感じやすい今こそ、毎日のスキンケアの見直しを。肌のバリア機能を低下させないためには、日頃からしっかりと肌の保湿をして、すこやかな肌に整えておくことが重要なのです。

バリア機能サポート成分を配合した
「ミノン 全身保湿クリーム」

2020年8月に登場した「塗るミノン」シリーズの「ミノン 全身保湿クリーム」は、肌のバリア機能をサポートする成分のひとつであるSPL(コレステロール:保湿)を配合し、独自処方としています。コレステロールは、肌の角質層においてはセラミドと同様に細胞間脂質を構成している主要成分で、皮膚の恒常性の維持に重要な役割を果たしています。

さらに、肌あれ防止成分として、グリチルレチン酸ステアリルを有効成分として配合し、肌あれを防ぐ効果があります。

低刺激性処方&こだわりのテクスチャ

そして、テクスチャにもこだわりました。コクがあるのに伸ばしやすく、肌にぴたっと吸い付くように密着し、肌をやさしく包み込んで外的刺激から守ってくれます。ミノンこだわりの低刺激性処方で、赤ちゃん*1からお年寄りまで家族みんなで使えるアイテムになっています。

  • ※1 6ヶ月以上からの使用を推奨いたします

おすすめの使い方

・からだで乾燥が気になるところに
・とくに乾燥が気になる小鼻や口のまわりに
・夜寝る前、乾燥が気になったところに

「ミノン 全身保湿ミルク」で広い範囲を保湿ケアしたあと、気になる部位に「ミノン 全身保湿クリーム」を重ねづけするというW使いもおすすめです。

ブランド担当者からの 一押しポイント

花粉時期の敏感な肌には、肌を保護してバリア機能をサポートする「ミノン全身保湿クリーム」がおすすめです。ぜひお試しください。

普段、敏感肌でない人も、乾燥の厳しい冬を過ごしたあとの春先の肌はデリケートな状態になっていることが多いです。「ミノン全身保湿クリーム」で肌のバリア機能をサポートして、花粉や紫外線などの外的要因から守り、すこやかな肌づくりを今からはじめていきましょう。

今回ご紹介した製品

  • ミノン全身保湿クリーム

    ミノン全身保湿クリーム
    コクがあるのに伸ばしやすく、つらい乾燥のどの部位のケアにも使いやすいクリームです。
  • ミノン ブランドサイトへ
  • カメラマン 瀬谷壮士
  • 更新日 2021.02.01

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア