わたしに今必要なビューティケアは?季節のビューティアイテム

Vol.22これ1本で笑顔に自信!
『ブレスラボ プラス美白』で口臭とホワイトニングを同時にケア

忘年会や新年会など、人と会って、近い距離で会話をする機会が多い年末年始、口臭ケアはもちろんのこと、笑ったときの歯の美白ケアにも力を入れたいですよね。そこで今回は、毎日の歯みがきで口臭も美白も同時にケアできる『ブレスラボ プラス美白』を紹介します。

パソコンやスマートフォンも影響!? 口臭の原因って?

口臭とは、「吐く息=呼気」に悪臭があるということ。口臭の原因は、口内、口外に分けられますが、約9割が口内に原因があると言われています。

口内に原因がある口臭は大きく2つに分けられ、その一つが、舌苔(ぜったい)や歯の磨き残しによる「生理的口臭」です。食べ物の残りかすや口の粘膜などに含まれるたんぱく質やアミノ酸が、細菌によって分解されることで臭いが発生するというもので、腐った卵や生ゴミのような強烈な臭いを発します。もう一つが、歯周病やむし歯などにより口腔内環境が乱れることによる「病的口臭」です。

また最近では、パソコンやスマートフォンの普及により、多くの人が長時間下を向いて過ごしているため、唾液の流れが止まり口の中が乾燥して口腔内環境が悪化する、という指摘もあります。

口臭の原因菌を殺菌するだけでは、口臭自体や原因となるタンパク質は残っているため根本的な解決にはなりません。そこで、「口臭の原因とプロセスごとに有効な成分を処方する」をコンセプトに開発されたのが『ブレスラボ プラス美白』です。

口臭を元から除去して、香りでごまかさない歯磨き

「ブレスラボ プラス美白」は、7種の薬用成分が配合されており、口臭が減っているという実感と安心感が得られる歯みがきです。以下の4つのポイントにこだわって開発されています。

●口臭の原因菌を殺菌
2種類の殺菌成分(CPC、LSS)を配合して、口臭の発生を防ぎます。

●口臭の原因物質を吸着
におい吸着成分(ゼオライト)が、口臭の原因物質を吸着します。

●歯周病を予防
2種の抗炎症成分(グリチルリチン酸ジカリウム、ε-アミノカプロン酸)が、口臭の原因となる歯周病を予防します。

●ホワイトニング
2種の成分(PEG-8、ポリビニルピロリドン)がステイン(着色汚れ)を浮かせて溶解し、除去します。

香りは、リッチミントとリッチシトラスの2種類。口臭を元から除去することを目指した歯みがきなので、香料はマスキング目的で強くつけるのではなく、控えめながら清涼感が持続する処方になっています。

【ブレスラボの効果的な使い方】

適当量を歯ブラシにとり、歯と歯ぐきをやさしくブラッシングすることで、毎日の歯みがきでしっかり口臭ケアができます。今すぐにささっと口臭をケアしたい!という方は、『薬用イオン洗口液 ブレスラボ マウスウォッシュ』と組み合わせると、さらに効果的です。

ブランド担当者からの 一押しポイント

毎日の歯みがきで、口臭とホワイトニングのケアが同時ケアできるなんてうれしいですよね。年末に向けて笑顔に自信をつけたい方は、『ブレスラボ プラス美白』でいち早くお手入れをはじめましょう!

  • *美白・ホワイトニング:ブラッシングによる

今回ご紹介した製品

  • ブレスラボ プラス美白

    ブレスラボ プラス美白
    口臭予防だけでなく美白もできる薬用イオン歯みがきです。
  • ブレスラボ ブランドサイトへ
  • カメラマン 瀬谷壮士
  • 更新日 2020.1.9

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア