わたしに今必要なビューティケアは?季節のビューティアイテム

Vol.11ミノンユーザー待望のボディソープ泡タイプとミノン薬用保湿入浴剤が新登場!
お風呂タイムにできるお手軽ケアをとりいれながら、
秋冬もうるおい肌をキープ!

ミノンユーザーからのご要望にお答えし、誕生したミノンの入浴剤と泡タイプのボディソープ。気になる特徴をご紹介しちゃいます♪

ミノン初!しっしん・肌あれ対策ができるミノン薬用保湿入浴剤

暑かったような涼しかったような夏の終わりを感じる今日このごろ。秋の夜長は、夏の疲れを癒やす自分メンテナンスの時間にあてたいと考えている方も多いのでは?

そこで思いつくのが、半身浴をしながら読書をしたり、音楽を聴いたりしながらゆっくりお風呂タイム……ですが、さら湯のまま長時間入浴すると、お肌の乾燥の原因になることをご存知ですか?

湯船につかると、血行がよくなったり、皮膚の汚れや古い角質を落としやすくなるといったメリットがある一方で、つかりすぎると皮脂膜を溶かして角質層内の保湿成分が流出してしまい、乾燥の原因になるというデメリットもあります。

そこで入浴時にぜひ取り入れていただきたいのが、有効成分※1が入浴効果を高めてしっしん・肌あれを和らげる“保湿成分入りの入浴剤”『ミノン薬用保湿入浴剤』(医薬部外品)です。

『ミノン薬用保湿入浴剤』の特徴
*しっしん・荒れ性
  • デリケートな肌にうるおいを与える植物性オイル成分3種(ヒマワリ油、オリーブ油、シアバター)のほか、11種類のアミノ酸などの保湿成分を配合
  • 入浴効果を高めて肌荒れ・しっしんを和らげる有効成分※1配合(医薬部外品)
  • リラックスしたい時にも、ほのかに香るグリーンフローラルの香り
  • 大人と一緒に入浴できる赤ちゃんからシニアまで世代を問わず使えます。
  • ※1 グリチルリチン酸2K
  • *ボトルのキャップに目盛りがあるので、計量し、そのまま入れていただけます

  • *肌あたりのやさしい乳白の湯

『ミノン薬用保湿入浴剤』を入れて入浴すると、保湿成分が角質層に浸透し、全身のカサカサや、白く粉をふくような乾燥肌もしっとりした触り心地に。お湯につかって一日の疲れを癒しながら、しっとり肌も目指せるなんて一石二鳥ですよね。仕事や育児で忙しい女性こそ、ぜひお試しください。ちなみに、保湿成分を肌に残しておくために、湯船からでるときは「かけ湯」はしなくても大丈夫ですよ。

泡立て時間を短縮。ふんわり泡でしっとり洗い上げる

もう一つのニューフェイスは、泡立て時間を短縮できる泡タイプのボディソープ「ミノン全身シャンプー 泡タイプ」(医薬部外品)です。毎日忙しい方や、手のひらでやさしく洗いたい“手洗い派”の方にもおすすめです。

「ミノン全身シャンプー 泡タイプ」の特徴
*皮膚の清浄、肌あれを防ぐ
  • 2種の植物性アミノ酸系洗浄成分を同時配合し、しっとりした洗いあがりと、泡持ち・泡切れのよさを実現。
  • 肌あれを防ぐ薬用処方(有効成分※2配合)
  • 無香料タイプなので、香りのないものを使いたい方にもおすすめです。
  • ※2 アラントイン、グリチルリチン酸2K

うるおいを奪いすぎない適度な洗浄力で汚れをしっかり落としながら、洗いあがりの肌はしっとり。ミノンベビーを卒業した自分で洗いたい期のお子さんも、泡タイプがあれば顔、体、頭皮すべてこれ1本で洗うことができます。3~5プッシュ程度で、全身洗えます。

新ボトルで、さらっとタイプもリニューアル!

そして既存のボディソープ「ミノン全身シャンプー さらっとタイプ」(医薬部外品)も、リニューアル!多様化する敏感肌のお悩みに対応すべく、処方を改良し、「敏感肌×混合肌」向けのアイテムに生まれ変わりました。

「敏感肌×混合肌」タイプって?

敏感肌=乾燥肌と思われがちですが、実は、敏感肌の4人に1人※3は、すねや腕は乾燥するけれど、胸もと・デコルテや背中はニキビができて…と悩む「混合肌」だということが明らかに。乾燥が気になる秋冬だけでなく、春夏も「べたつき」「かゆみ」「あせも」「にきび」といった肌悩みを抱えてる方は、混合肌かもしれません。

  • ※3 第一三共ヘルスケア調べ(n=1,063)

実は、自分は「敏感肌×混合肌」だったのかも!とドキッとした人もいるのでは?そんな混合肌向けのボディソープが『ミノン全身シャンプー さらっとタイプ』です。

『ミノン全身シャンプー さらっとタイプ』の特徴
*にきび、肌あれを防ぐ
  • にきび・かみそり負けを防ぐ薬用処方(有効成分※4配合)
  • ほどよくうるおいを残して、つっぱり感のない洗い心地
  • うるおいバランスを整えるアミノ酸(グリシン、アルギニン)を配合(整肌成分)
  • さわやかなグリーンティーの香り(微香性)
  • ボトルデザインも変わって、緑のキャップが目印
  • ※4 グリチルリチン酸2K

「乾燥も皮脂やニキビも気になる混合肌かも?」という人は、ぜひ一度使ってみてくださいね。

ブランド担当者からの 一押しポイント

今回新たに登場した入浴剤、泡タイプのボディソープの2商品は、普段、ゆっくり保湿ケアができない方にこそ使っていただきたいアイテム。入浴後すぐにボディケアができないママや、乾燥が気になるお子さんにもおすすめです。お子さんは、肌が乾燥していても保湿剤を塗るのを嫌がったり、かきむしってしまったりすることも多いですが、お風呂あがりにしっとりするので、これからの季節、大活躍すること間違いなしです。

お肌の乾燥が本格化する秋冬に向けて、お風呂タイムにできる保湿入浴×洗う保湿で、健やかな肌をキープしましょう!

今回ご紹介した製品

  • ミノン薬用保湿入浴剤

    ミノン薬用保湿入浴剤
    待望の入浴剤が仲間入り!敏感肌・全身カサカサ・白く粉をふくような乾燥に
  • ミノン全身シャンプー 泡タイプ

    ミノン全身シャンプー 泡タイプ
    体をこすらず、手のひらでやさしく洗いたい方の為の泡タイプ全身シャンプー
  • ミノン全身シャンプー さらっとタイプ

    ミノン全身シャンプー さらっとタイプ
    乾燥も、皮脂やニキビも気になる混合肌向け全身シャンプー
  • ミノン ブランドサイトへ
  • カメラマン 瀬谷壮士
  • 更新日 2017.09.29

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア