わたしに今必要なビューティケアは?季節のビューティアイテム

Vol.10~季節の変わり目の肌不調は、「洗う」の原点に立ち戻ろう~
ロングセラー「ミノンスキンソープ」の人気のヒミツに迫る!

本格的な夏がやってきました! 高温多湿な外気や燦々と降り注ぐ紫外線、エアコンによる乾燥など、この時期、肌はとても過酷な環境にさらされています。肌の調子がイマイチだなと感じたら、「塗る」ケアだけでなく「洗う」ケアにも着目してみませんか。今回は、発売から40年を超え、幅広い年代の人たちに愛され続けている『ミノンスキンソープ』を使った「洗う保湿ケア」をご紹介します。

ミノンのブランド名の由来は、「3つのNon」

ミノンが誕生したのは、1973年。ミノンが誕生する前の1960年代、化粧品に配合する成分の安全基準がまだ定まっておらず、化粧品による皮膚トラブルが多発していた時代でした。「化粧品アレルギーによる肌トラブルをなくしたい」という想いから誕生したミノンは、赤ちゃんから大人、お年寄りまで使える低刺激な製品であり続けるために、開発当初から「3つのNon」を目指し続けています。

なぜ、弱酸性の石けんなのか?

ミノンの原点である固形石けんは、たった4つの成分(水をのぞく)のみで作られているシンプル処方が特徴です。発売以来、パッケージは何度もリニューアルしていますが、シンプル処方はそのまま受け継がれており、「敏感肌」という概念が一般的でなかった時代から肌へのやさしさにこだわり続けています。

そもそも健康な肌は弱酸性に保たれています。弱酸性に保たれた健康な肌はうるおいを保ちやすく、皮膚常在菌のバランスやターンオーバーのリズムも整う理想的な環境です。しかし、皮脂の少ない敏感肌や乾燥肌はアルカリ性に傾きがちです。

健康な肌であれば弱酸性に戻ろうとする肌本来のはたらきがあるので問題ないのですが、肌が荒れている時は、弱酸性に戻す力も弱まっているので要注意です。洗浄料を選ぶときには、ぜひpHにも注目してみてください。

発売当初からミノンがこだわっているのは、肌を「弱酸性」に保ちながら汚れを落とすということです。植物性アミノ酸系洗浄成分配合で、洗っているときも肌を弱酸性に保ち、肌が本来持っているうるおい成分を適度に残しながら汚れや余分な皮脂をしっかりと落とします。また、石けんカス(スカム)が出にくく肌に残りにくいので、つっぱり感なく、洗いあがりの肌はしっとりすべすべに。

ミノン石けん類 一般的な石けん
主成分 主成分
アミソフト®
(パーム脂肪酸グルタミン酸Na/アシルグルタミン酸Na)
脂肪酸ナトリウム
pH pH
弱酸性(6前後) アルカリ性(10前後)
脱脂力 脱脂力
向いている肌質 向いている肌質
バリア機能が低下している肌、乾燥肌、敏感肌などで外部刺激を感じやすい肌、バリア機能が未熟な赤ちゃん、高齢者、一般的な中性・アルカリ性の石けんでつっぱり感を感じ易い方 皮脂量が多く健常な肌、洗浄頻度が少ない場合、油汚れなどを落としたい場合
洗顔後、肌のつっぱり感の原因は「石けんカス」だった!

石けんで洗顔した後に感じる肌のつっぱり感は、肌が乾燥しているせいではなく、実は石けんカスが肌に残っているサインかもしれません。健康な肌であれば石けんカスが肌に残ってもトラブルの原因になりにくいのですが、肌が乾燥していたり、バリア機能が低下しているときは負担になりがちです。石けんカスを作りにくいミノンなら、しっとり&なめらかな肌触りを実感することができます。

肌不調を感じたら、まず「洗う」を見直して!

カサカサや粉吹きが気になるとき、生理前で肌が敏感になりやすいとき、季節の変わり目で肌が乾燥してかゆくなるときなど肌のバリア機能が低下しがちなときは、『ミノンスキンソープ』で「洗う」を見直してみて!

クリーミーな泡立ちで肌をやさしく包み込みながら汚れを落とし、しっとりすべすべ肌に洗いあげます。アレルギーの原因物質を極力カットし、無着色・無香料・防腐剤無添加。

ニキビにもお悩みの方は、肌あれ防止成分(アラントイン・グリチルリチン酸アンモニウム)を配合した『ミノン薬用スキンソープ』がおすすめ。ただし、大人ニキビの原因は食生活や生活リズムの乱れやストレスといった内的要因もあるので、ライフスタイル全般の見直しも一緒に行ってくださいね。

ブランド担当者からの 一押しポイント

「洗顔」はスキンケアの中でも最も重要なステップともいわれています。洗顔は肌あれの原因になることもあれば、理想的な肌に近づくきっかけにもなるからです。ご自分の肌質にあった洗顔を見つけることで、肌への負担をコントロールできるとよいですよね。ミノン弱酸性の固形石けんは、洗顔にも全身にも使えますよ。是非お試しください♪

洗顔で肌に残すべき保湿成分を奪いすぎていませんか?エアコンによる乾燥、降り注ぐ紫外線などダメージの多い夏はもちろん、その後やってくる乾燥の季節に備えて、肌へのやさしさにこだわったミノンの「洗う保湿ケア」でバリア機能を守りながら洗うことで、健やかな肌を目指しましょう。

今回ご紹介した製品

  • ミノンスキンソープ

    ミノンスキンソープ
    ミノンの原点 弱酸性の石けん
  • ミノン薬用スキンソープ

    ミノン薬用スキンソープ
    肌あれ防止成分配合ミノン石けん
    効能:皮膚の清浄、にきび・かみそりまけ及び肌あれを防ぐ
  • ミノン ブランドサイトへ
  • カメラマン 瀬谷壮士
  • 更新日 2017.08.01

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア