からだと心のごちそう時間

Vol.9白菜のホワイトシチュー
甘酒と黒蜜生姜の蒸しパン

生姜を加熱すると、わりと多めに入れても気にならないものです。逆に、鍋のフタを開けた時、フワっと香る風味が食欲を増進させます。身体がじんわり温まる心地よい感覚は、気持ちもホッとさせますよ。今回はそんな生姜をたっぷり使った白菜のホワイトシチューと、甘酒と黒蜜生姜の蒸しパンをご紹介します。

季節のテーマ
冷え

多くの女性、胃腸の弱い人が悩む、冷え、貧血、低血圧。偏食や偏ったダイエット、体を冷やす食材の取りすぎなどバランスの悪い食事によって消化器系の働きが低下します。すると、食べ物の栄養が十分に消化吸収されず、体を温めるエネルギーを得られないことが冷えや貧血を招きます。
一方、手先や足先の冷えは血の巡りの滞りが原因。運動不足やストレス、高カロリーの食事により血液がドロドロになって、身体の末端神経に血液が行き渡らず、冷えてしまうのです。体温を1度上げると免疫力が上がると言われています普段から内臓や身体を温める食事や胃腸への負担を減らし、ストレッチや運動をして普段から内臓や身体を温める工夫をしましょう。

食材&薬膳ポイント

生姜
身体を温める生姜は、この時期特に出番が多い生薬です。生の生姜に含まれるジンゲロールと言う成分は、発汗作用があります。皆さんも経験があると思いますが、生姜を食べてパーと発汗した後は、熱が冷めていきますね。生姜の辛味成分には殺菌作用があり、魚介の刺身やお寿司、レバ刺しなどの薬味にも添えられています。香りの成分には食欲増進効果が期待できます。胃腸の優れない時や吐き気、つわりにとても有効で、昔からの民家療法となっています。ただし、食べ過ぎると胃腸への刺激が強いので、ほどほどにします。

白菜のホワイトシチュー

材料

白菜
200g
鶏もも肉
180g
(塩もみし、食べやすく切る)
白みそ(みそ)
小さじ1
水溶き葛
小さじ1(水大さじ2)
にんにく
1かけ
生姜
2、3枚
オリーブオイル
おおさじ1半
豆乳
300cc
粗塩・黒ひき胡椒、
(好みで鶏ガラスープの素)
適宜

作り方

  1. 玉ねぎは皮を剥き半分に切り、ラップに包んで5、6分レンジにかける。白菜はざく切りにし、にんにくは薄切りにする。
  2. 鍋にオリーブオイルとニンニクを入れ、香りがでたら鶏肉を加えて表面の色が変わるまで中火で炒める。
  3. 1の白菜を入れしんなりするまで炒めたら、玉ねぎ、干姜、豆乳、みそ、鶏ガラスープの素を入れ、フタをして中弱火で10分ほど蒸し煮にする。
  4. 3に水溶き片栗粉を溶きながら加えてとろみがついたら数分煮て、器に盛る。
     
  5. 好みで挽き胡椒やゆずの皮をふる。
     

甘酒と黒蜜生姜の蒸しパン

材料

〈4、5㎝カップ5、6個分〉

甘酒
130〜150cc
黒砂糖
(きび砂糖・メイプルシロップ)
大さじ2
皮付きおろし生姜
小さじ2
1個
小麦粉
100g
ベーキングパウダー
小さじ1

作り方

  1. ボウルに粉類以外を入れてまぜ、粉類を加えて全体をよく混ぜる。
     
  2. 1を小分けに7分目くらいにそれぞれ入れる(好みで環境をそれぞれ1枚ずつのせる)。
  3. 湯気の上がった蒸し器で15〜20分蒸す。
    ※蒸し器が無い場合は耐熱容器に入れ、フライパンに置きます。脇から水を注いで蓋をして蒸せばOK。

ちょこっとお役立ちすこやか知恵袋

生姜

乾燥させた生姜は、身体の芯までじんわり温め、保存もきくので作りおくと便利です。生姜はタワシでこすり洗いし、水気をふく。皮付きのまま薄切りにし、ザルに並べてカラカラになるまで干す(レンジでもOK)しっかり冷めたら、清潔な缶や空き瓶、密封容器などに入れて、お菓子や海苔についている乾燥剤を入れて保存すると長持ちします。お茶や煮物、お味噌汁などに気軽に加え、身体を温めながら気の巡りもよくする風味を楽しんで下さい。

  • 更新日 2018.11.30

井澤由美子Profile

東京都出身 11月23日生まれ(勤労感謝の日・五穀豊穣を祝う新嘗祭の日)
料理家・調理師・国際中医師・国際中医薬膳師。発酵食のレシピ作りがライフワーク、薬膳にも精通している。NHK(きょうの料理)などの料理番組の他、広告、雑誌などで活躍中、著書多数。オーガニック・醗酵レストランなどのデレクションも手がける。レモン塩や乳酸キャベツの火付け役として知られる。http://yumikoizawa138.jp/

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア