からだと心のごちそう時間

Vol.2三つ葉の香り散らし寿司
ひじきと人参のサラダ(苺とお味噌のドレッシング)

行楽やイベントにも喜ばれるちらし寿司、香りよくさっぱりしているので食欲のない時や、季節の変わり目にぴったりです。
ごはんに加える酢とゆかりの効果で疲れがとれ、防腐作用も上がります。

季節のテーマ
イライラ気分

新しい環境ではイライラや不安感、やる気がでないなど、様々な症状がでやすくなりますね。
これらは気の停滞からもくるもの。香りなどの気の巡りをよくするものを組み込み、相乗効果のある食材の食べ合わせでリラックス効果を上げてストレスフリーを目指しましょう。
また、旬の春食材に多い苦味や酸味は、冬に溜め込んだ余分な脂や老廃物をデトックスし、ダメージを受けやすい肝機能を向上させる役割があります。積極的に取り入れましょう。

食材&薬膳ポイント

春の香りの三つ葉
三つ葉の高い香りには気の巡りをよくし、神経を鎮める効果が期待できるのでイライラなどが募る時に特におすすめの春野菜。食欲も増進するので、たっぷりと加えてみて下さい。三つ葉は三つに葉が別れているのが名前の由来。細い糸三つ葉、根を切った切り三つ葉、今が旬の根三つ葉の3つの種類があります。
人参&苺
βカロチン豊富な人参と、ビタミンCを非常に多く含む苺の組み合わせ。苺の甘酸っぱさが、茹でた人参の甘さを引き立てます。人参は茹でて油と一緒に摂取すると体への吸収がよくなりますよ。βカロチンは抗酸化作用が高く、免疫機能を上げるので元気になります。苺の甘い香りには癒し効果があり、ビタミンCにはストレスを減少させる効果が期待できます。
蓬(よもぎ)
よもぎは神の薬草
よもぎはアイヌ語でカムイノヤ「神の草」と呼ばれるほど。薬効が高いので民間療法だけでなく、さまざまな料理にも使われています。フランスでは、エルブロワイヤル「王の草」、中国では「医草」と言われ、韓国のよもぎ蒸しなども有名で、世界中でその効能が認められています。

三つ葉の香り散らし寿し

材料

〈2人分〉

ごはん(炊き立て・温かいもの)
300g
三つ葉
10本
錦糸卵
(卵2個、塩ひとつまみ、みりん少々)
桜えび
大さじ3
ゆかり
小さじ半
こごみや筍など
好みで適宜

作り方

  1. ボールにご飯を入れ、寿司酢大さじ3~4を加え、切るように混ぜ、2cm幅に切った三つ葉の茎部分とゆかりを混ぜる。桜えびはごま油で炒め、香りと食感をたてる。
  2. 錦糸卵を作る。フライパンを中弱火にかけて油をなじませ、 卵と調味料をよく混ぜて2、3回に分けて薄く焼く。重ねて丸め、細切りにする。
  3. 器に酢飯を盛り、桜えび、錦糸卵、三つ葉の葉部分を散らす。
    好みで焼き筍やこごみのお浸しなどを添えても。

ひじきと春人参のサラダ&
苺のソイドレッシング

材料

〈2人分〉

芽ひじき(乾燥)
5g
人参
1/2本
苺ドレッシング(苺3個、味噌小さじ弱、オリーブオイル小さじ1、こしょう少々)

作り方

  1. ひじきは戻し、ザルにあげ水気をきる。人参は乱切りにし、柔らかくなるまで茹でる。
  2. すり鉢やボールに刻んだ苺、オリーブオイル、味噌、こしょうを加えて混ぜ、1と和える。

蓬(よもぎ)のお味噌汁

材料

〈2人分〉

よもぎ(柔らかいもの)
適宜
出汁
300cc
味噌
大さじ1~2

作り方

  1. 小鍋に出汁を温め、味噌を溶く。
  2. よもぎの香りを飛ばさなないように、鍋によもぎを加えたら火を止める。
    (柔らかいものならお椀に入れてお味噌汁を注ぐ)

お味噌汁にとてもよく合うよもぎは熱が入るとよい香りがさらに広がります。お豆腐などを加えてもいいですね。血行促進効果があるので、お風呂に入れるのもお勧めです。

春の息吹の香り野菜や山菜達。春野菜は香りが高く苦味があり、繊維が多いのも特徴。デトックス効果が高いのです。

ちょこっとお役立ちすこやか知恵袋

八十八夜/ 新茶の季節

立春から数えて88日目は5月の初めです。「夏も近づく八十八夜」の茶摘みの唄にも出てくるフレッシユな新茶の季節。この日摘まれたお茶は長寿を願う縁起物。緑茶は体の余分な熱をとり、 頭をスッキリとさせてくれる効能が期待できます。虫歯予防にも有効なカテキンが含まれるので、昔から食事にはお茶がつきものですね。さらに口臭予防の効果も。この緑茶に柔らかくフレッシュなよもぎを加えるとストレス緩和の相乗効果が増しますよ。

  • 更新日 2018.04.26

井澤由美子Profile

東京都出身 11月23日生まれ(勤労感謝の日・五穀豊穣を祝う新嘗祭の日)
料理家・調理師・国際中医師・国際中医薬膳師。発酵食作のレシピ作りがライフワーク、薬膳にも精通している。NHK(きょうの料理)などの料理番組の他、広告、雑誌などで活躍中、著書多数。オーガニック・醗酵レストランなどのデレクションも手がける。レモン塩や乳酸キャベツの火付け役として知られる。http://yumikoizawa138.jp/

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • LINEで
    シェア