からだと心のごちそう時間

旬の食材は、折々の季節によって体や心にとって必要なものばかりなのをご存知ですか?
自然の四季のサイクルは、人間が過ごしやすいように先手を打って、起こりがちなトラブルから守ってくれています。
薬膳は、季節や体質・体調に合わせた食材の組み合わせで健康をめざす料理法。
「からだと心のごちそう時間」では、薬膳の知恵とともに、季節と食材の関係をお伝えしながら、おいしいレシピをご紹介します。

Vol.1
イライラ気分

新しい環境ではイライラや不安感、やる気がでないなど、様々な症状がつのりやすくなりますね。
これらは気の停滞からもくるもの。香りなどの気の巡りをよくするものを組み込み、相乗効果のある食材の食べ合わせでリラックス効果を上げてストレスフリーを目指しましょう。また、旬の春食材に多い苦味や酸味は、冬に溜め込んだ余分な脂や老廃物をデトックスし、ダメージを受けやすい肝機能を向上させる役割があります。積極的に取り入れましょう。

セロリとあさりのスープスパゲティーニ
グレープフルーツのハーブサラダ
(塩麹の柑橘ドレッシング)

あさりの旨味がたっぷりからまった
スパゲティーニ。
セロリの葉にはビタミンなどの栄養価が豊富、
刻んで加えましょう。

食材&薬膳ポイント

あさり
タウリンが豊富で、体の機能も向上させるので春のダメージをケアします。砂抜きはボールではなく、バットなどに重ならないようにあさりを広げます。塩水をかぶるくらいに注ぎ、新聞紙などをのせて暗くして海と同じような環境にすると、よく砂を吐きますよ。
グレープフルーツ
グレープフルーツの爽やかな香りには交感神経を活性化して、気分をリフレッシュさせます。
アールグレイ
香りの素は、ダイダイに似たベルガモットの柑橘の皮から。ベルガモットには酢酸リナリルやリナロールなどラベンダーにも含まれる鎮静作用のある成分があり、神経を鎮静させながらも気分を向上させる効果が期待できます。

セロリとあさりの
スープスパゲティーニ

材料

〈2人分〉

セロリ&セロリの葉
1本分
あさり(砂抜きしたもの)
300~350g
スパゲティー二(1.6mm)
160g
にんにく
半かけ
バター(オリーブオイル)
大さじ1
醤油
少々
適宜
粗塩
適宜
*好みで赤唐辛子
1、2本

作り方

  1. セロリは筋を取って5mm幅の輪切りにし、葉は細切りにする。
    にんにくは薄切りにする。
  2. たっぷりの湯を沸かし、塩を加えてスパゲティーニを表示より少し短めに茹で、硬めに上げる。
  3. フライパンにあさり、にんにく、赤唐辛子、スパゲティーニの茹で汁2カップ、醤油、酒、バターを加えてフタをし中火にかけ、口が開いた順からあさりを取り出す。
  4. 【3】の煮汁が入ったフライパンに【2】のスパゲティーニを加えて1、2分ほど煮る。あさりを戻し入れ、ざっと混ぜて器に盛る。

グレープフルーツの
ハーブサラダ
(塩麹の柑橘ドレッシング)

材料

〈1皿分〉

グレープフルーツ(ルビー)・果汁
1個分
ミックスハーブ
適宜
塩麹
小さじ半(好みで増量)
オリーブオイル
小さじ2~3
挽きこしょう
少々

作り方

  1. グレープフルーツの実を取り出し、器にのせて冷やしておく。
    残った皮から果汁をしぼり取り置く(大さじ2〜3)。
  2. ハーブは10分水に放しザルに上げる。約大さじ1分はみじん切りにし、【1】の果汁に加え、残りの調味料と混ぜ合わせる。
  3. 【1】の冷やしたグレープフルーツにハーブをのせ、【2】のドレッシングをかける。

発酵食・ビタミンC・繊維・オイル=腸のぜん動運動を最強に促す組み合わせ。体も肌も元気になります。

アールグレイとカモミルールの
ミルクティー

材料

〈1杯分〉

アールグレイ
1枚
カモミール
1枚
ミルク
200cc

作り方

  1. 小鍋に茶葉とミルクを入れ沸騰しないように煮ます。しっかりミルクに香りと色が移ったらカップに注ぎ、甘みを加えます。

濃いめのミルクティーに少しの甘みを加えると神経がホッと緩みます。

春の訪れを感じる山菜。摘みたての蕗のとうは、まるで花のようです。

ちょこっとお役立ちすこやか知恵袋

ひなたぼっこ

人は日に当たると前向きな思考になることが検証されています。お天気の良い日にはベランダやお庭、近所の公園などに出て、光を浴びながらのランチはとても良いもの。私も子供が小さな頃は猫も一緒に!楽しんでいました。

  • 更新日 2018.03.30

井澤由美子Profile

東京都出身 11月23日生まれ(勤労感謝の日・五穀豊穣を祝う新嘗祭の日)
料理家・調理師・国際中医師・国際中医薬膳師。発酵食作のレシピ作りがライフワーク、薬膳にも精通している。NHK(きょうの料理)などの料理番組の他、広告、雑誌などで活躍中、著書多数。オーガニック・醗酵レストランなどのデレクションも手がける。レモン塩や乳酸キャベツの火付け役として知られる。http://yumikoizawa138.jp/

この記事をシェア

  • Facebookで
    シェア
  • Twitterで
    シェア
  • Lineで
    シェア